【完全版】コインケースのカタチ別に特徴をまとめました。それぞれの違い、メリット・デメリットについて

dsc04733

小銭入れ(コインケース)の役割はシンプルです。
小銭を持ち歩くことだけに特化した、小さなお財布ですね。

実は、小銭入れにはたくさんの種類があります。
それぞれ特徴があり、使い勝手にも違いがあるんですね。

本ページでは、そんな小銭入れのカタチ別に、特徴を紹介します。

本ページは、小銭入れを買おうと考えている方に向けてのものです。あなたのライフスタイルに合うもの、長く愛用できるものを見つけましょう。

スポンサーリンク

小銭入れが便利なシーン。使い分けのメリットは?

小銭入れとは、小銭を持ち歩くことを目的にしたお財布です。

まずは、利用シーン、使い勝手の良さを知ってみましょう。
あなたにとって、小銭入れが必要かどうかがハッキリするはずです。


一般的な財布は、オールインワンの機能を持ちます。
具体的には、

  • カード
  • お札
  • 小銭

のすべてを収納できるもの。
これ1つで事足りるわけですね。

持ちものを増やしたくない人は、「小銭入れを別に持つ」理由が分かりにくいと思います。

そこで、ここでは、用途別にメリットを紹介します。

ちょっと出かけるとき、気軽に持ち歩きたい

すべてを詰め込んだオールインワンの財布は、大きくて重くなりがちです。

普段、そのすべてが必要なことはあまり無いはずです。

  • ちょっと出かけるとき
  • コンビニへの買い出し
  • ランチ

こういったシーンではたくさんのお金やカードは不要です。
そこで、小銭入れの出番となるわけです。

軽くてコンパクトな小銭入れを、サブのお財布として使うイメージ。
どんなシーンでも、フットワーク軽く行動できます。

メインの財布を大事にしたい。スリムにしたい

コインは一つひとつが固くて重いもの。
たくさん入った状態を続けると、型崩れが起きてしまいます。

これを避ける、もっとも効果的な方法がコインケースを別に持つことです。
あえて、財布の小銭入れは使わないことで、ずっと長持ちさせることができます。

純札入れ、純束入れといった、最初から小銭入れが付いていない財布があります。
これらは、小銭入れを別に持つことを前提にしたお財布。

foschia-tabaire-naisou

ほとんどのものが左右対称(シンメトリー)になっています。

お気に入りの財布を何年もキレイに使えること。
このために、折りたたんでも、もっともダメージを受けない、小銭入れ無しの財布があるんですね。

老舗の革工房が作り続けるのには理由があるんですね。

スーツを着る男性なら、純束入れ、純札入れ以上に快適なものはありません。
スリムで軽いため、ポケットの中でもストレスフリーです。

もっと知りたい方はこちらをどうぞ。
メイドインジャパンの上質なものをまとめています。
http://func-wallet.click/summary/tabaire-sumally/
ほとんどのブランドが、同じ革を使った小銭入れをラインナップしています。
メインのお財布とおそろいで持つと、エイジングの違いも楽しめます。

カタチ別、小銭入れの紹介

小銭入れにはさまざまなカタチがあります。ここでは、その特徴を紹介します。

ボックス型

coincase-box

使い勝手:★★☆
持ち歩き:★★★
安さ      :★★★


ボタンで留める、シンプルなつくりのもの。

ほとんどのブランドがボックスタイプを作っています。
まさにザ・オーソドックスの小銭入れです。

ガバッと開く収納スペースは、視認性バツグン。
コインが隠れる場所がないため、見やすくて取り出しやすいのが特徴です。

サッと均して、取り出したいコインを探せるのも嬉しいポイント。まわりを囲んでいるため、小銭が落ちることがありません。

コインが少ないほどスリムになる、もっともコンパクトな小銭入れです。

各社が販売しているので、素材やデザインで選ぶと良いでしょう。

面白いものを1つあげるなら、JOGGOです。
自分で小銭入れのカラーをデザインできますので、お気に入りになるはずです。

JOGGO コインケース カラーリング

馬蹄型(ばていがた)の小銭入れ

dsc04719

使い勝手:★★☆
持ち歩き:★★★
安さ      :★☆☆


馬蹄型は、美しいフォルムが魅力の小銭入れです。
丸みをおびた、コロンとした小さな姿を美しいと思うのは、大人になってからかもしれません。

立体的なつくりが最大の特徴です。その分、収納力はダントツで、コイン20枚くらいは余裕で収納できます。

あたりまえのことですが、コインが入ると重くなります。可愛いルックスとは裏腹に、この重さに愛着がわきます。

職人のレベルによりますが、メイドインジャパンのものは、どれもが上質で美しい仕上がりになっています。

たとえば、こんな部分ですね。

  • ボディに映える、丁寧なステッチ
  • 革の性質を活かした、曲線美
  • 美しく処理されたコバ

dsc04721

仕上げの丁寧さもダントツですから、所有する満足感がもっとも高いタイプだと思います。

使っていて気持ち良いのも馬蹄型の醍醐味です。
閉じるときに空気が押し出されて「プッシュ」と小気味良い音が鳴るんですね。
初めて手に入れたときは、むだに開け閉めしたものです。(ジャストサイズの革靴を履いたときの、あの音、感覚に近いものがあります)

コインはボディの奥に収納することになります。
そのため、並行な状態でオープンしても、コインは目に入りません。
dsc04717

傾けて、コインを滑らせて使うんですね。
囲みがあるので、当然落ちることはありません。これも、立体縫製の馬蹄型だからこその使い勝手です。

コインはたっぷり20枚ほど入ります。
ただし、一度に取り出すことはできません。一般的なサイズのもので、確認できるのは10枚ほどです。

コインが平たく散るので、ボックス型よりは見やすく取り出しやすいと思います。
dsc04714

モノによっては、メインポケットの他に、1つ収納スペースがあります。
おすすめの使い方は、500円玉を入れておくこと。
もっともかさばるコインですから、こちらに入れるようにすると、使い勝手がグンと上がります。ちなみに、カードやお札は入りません。(折りたためばお札は入りますが、あまり使い勝手はよくありません。)
dsc04718

使用する革や、ブランドごとに多少の違いがありますが、どれもカッチリとしたつくり。
立体的なボディは、コインを入れなくてもぽってりとしたボリュームがあります。逆に言うと、たくさんのコインを入れても同じサイズを保てるんですね。

ネックは、(ボックス型に比べて)価格が高めなこと。
これは、以下のような理由があるからです。

  • 作るのが難しく、革を知り尽くした職人しか作れない
  • 制作に時間がかかる
  • 上質な革を使っている(革の原価が高い)

dsc04721

見た目でセレクトされることが多い、馬蹄型だからでしょうか。
上質な革で作られたものばかりがラインナップされています。特にコードバンやブライドルレザーなどは、10年は使える、とても丈夫な革です。(写真はコードバン製のものです)

エイジングが進んだ馬蹄型は、大変美しい輝きとツヤが生まれます。特にコードバンは、陶器のようなヌラリとした独特の表情が魅力的ですね。

美しいフォルムと相まって醸し出す色気は、馬蹄型でのみ楽しめるもの。
小銭入れを、長く、大切に使いたいという方におすすめのカタチです。


馬蹄型の小銭入れを作る、私のおすすめブランドを2つ紹介します。

キプリスココマイスターです。

どちらも、世界中の著名な革を使って、美しい馬蹄型のコインケースをラインナップしています。

キプリスは、日本一ラインナップが豊富ですから、お気に入りが見つかるはず。
ココマイスターは、上質な革のみを使っているため、高級感、所有欲を満たしてくれるものがそろっています。

ちなみに、写真のものは、キプリスのコードバンで作られた馬蹄型コインケースです。

参考:コードバン馬蹄形コインケースのレビュー

ミニ財布型

一般的な財布を、そのまま小さくしたようなカタチ。
コイン、カード数枚、それから折りたたんだお札。このすべてを収納できるのが特徴です。

前述の小銭入れと比べると、多少サイズアップしてしまいますが、「サブ財布」としては、もっとも使い勝手が良いタイプです。

このタイプのメリットは、これ1つで行動できる範囲が広まるところ。
ちょっと出かけるには最適な財布です。

たくさんのカードは持ち歩けませんが、よく使うカードは以外と少ないものです。

  • Suica
  • クレジットカード
  • 免許証

多くの人は、こんな感じでしょうか。
小さなオールインワンの財布ならこのタイプしかありません。
(これを「小銭入れ」と言っていいのかは、疑問がありますが…)

各ブランドからリリースされていますが、大きく分けると2種類。
例をあげて紹介します。

長方形型

cocomei-oriveto-brandy

使い勝手:★★
持ち歩き:★★
安さ      :★☆ 素材によってピンきり。


カードを収納できるように、長方形に仕上げたもの。

ほとんどはジャバラ式になっていて、ガバッと開きます。ですから、コインが見やすく、取り出しやすいわけです。
cocomei-coin-walletdsc04682

カードは重ねて入れるだけのシンプルなつくり。仕切りが無いからこそ、もっともスリムに収納できるんですね。

面積が大きい分、もっとも素材の良さが映える財布とも言えます。

私のおすすめは、ココマイスターのオリヴェートコインパース(写真のもの)。
イタリアの革、ミネルバリスシオを使ったもので、イントレチャートの美しさと、エイジングで生まれる上質感、存在感は本作だけの特徴です。

一年ほど使ったものがこちら。もとの色は上記のキャメルカラーです。
色味は深まり、ツヤが出ているのが分かるでしょうか。
cocomei-coin-walletdsc04685

もっと知りたい方はこちらをご参照ください。使い勝手をたっぷりと紹介しています。

オリヴェートコインパースのレビュー。ココマイスターの美しいサブ財布を紹介
ココマイスターのマットーネは、イタリアの革を使ったシリーズ。 革を編み込んだイ…

ココマイスターは、長方形型の小銭入れを多数ラインナップしています

一度公式サイト訪れてみてはいかがでしょうか。
良い革を使った小銭入れのイメージをつかむのに最適です。

L字ファスナー型

アヤメアンティーコ ポルタフォーリオ フォルマエッレ

使い勝手:★★
持ち歩き:★★
安さ      :★☆ (素材によってピンきり)


ヒップポケットに余裕で収まるサイズの財布。

L字ファスナーは、1アクションでオープンできるので、ストレスを感じません。
財布の片一方が、縫い合わされているため、ガバッと開くことによる見やすさは、「長方形」タイプに負けますが、L字ファスナーによるスリムなボディのものが多くラインナップされています。

シンプルなルックスから人気があり、土屋鞄をはじめとする多くの革工房で作られていますね。

メイドインジャパンの上質なものをこちらでまとめています。
気になる方はチェックしてみてください。

小さなL字ファスナーのまとめ。土屋鞄だけじゃない、おすすめのコンパクトなL字ファスナー財布
L字ファスナーは、その名のとおりL字型にファスナーが付けられたお財布。 じ…

あとがき

お気に入りのカタチは見つかったでしょうか。

「小銭入れ」「コインケース」と言っても、カタチも特徴も違いがあります。

結局のところ、どんなふうに使うか、どうやって持ち運ぶかは、使い手次第なんですね。

あなたの使い方 × あなたの気に入ったデザイン(素材)。
これが人とかぶることは少ないでしょう。

革の小銭入れは、使い込むことで、あなただけの色、ツヤが生まれてきます。
気に入ったものが見つかれば、長く使える相棒になるはずです。

参考リンク

今回ご紹介したものは、オーソドックスなカタチ。
ありきたりなものは嫌。ユニークなものが欲しい人は、こちらをご覧ください。
少し変わった小銭入れを紹介しています。

個性的でおしゃれ!ユニークで機能的なコインケースのまとめ。2017年最新版
小銭入れ(コインケース)は、コインを入れるだけのシンプルな機能しか持ちません。 …