WILDSWANS パーム シェルコードバン ✕ イングリッシュブライドル型押しモデルのレビュー。

WILDSWANSのコンパクト財布、パームをご紹介します。
素材はホーウィンシェルコードバン、内装がイングリッシュブライドルレザーになった、2020年からのモデルです。

本ページでは、旧モデル(シェルコードバン ✖️サドルプルアップ)との違いなどを踏まえて解説しましょう。

スペック

ブランドWILDSWANS
商品名パーム ホーウィンシェルコードバン ✕ イングリッシュブライドル
用途メイン
収納力★★★☆☆
お札入れの数1
お札の枚数10
コインの枚数15
カードの枚数5〜7
寸法H86 x W100 x D25 mm
重量95g
素材ホーウィン社 シェルコードバン ✕ イングリッシュブライドル

使い勝手

定番パームとカタチ・機能が一緒です。本ページでは「素材」にフォーカスしてご紹介します。

使い勝手は、以下でレビューしていますので、ご参照ください。

参考:WILDSWANS パームのレビュー

カタチ・構造

いつものパーム。手への収まりがいい。

パームの流麗なフォルムは、コードバンとよく合います。つい触れたくなる。

カタチ・構造は、定番パームと同じ。

カード収納ポケット。

札入れは定番パームと一緒。

コインポケットも一緒です。

特徴

ホーウィン社シェルコードバン バーボン

素材はシェルコードバン。アメリカのタンナー、ホーウィン社を代表する皮革。もっともメジャー、もっとも人気のあるコードバンです。

個体差のある皮革です。生産ロット・個体により色合い、ツヤなどが異なる。特にバーボンのような淡い色の場合、違いが顕著です。在庫を見せてもらって、バーボンの中でも淡い個体をチョイスしました。

バーボンのような淡い色だと、透明感をより堪能できる。

指のカタチ・色まで映し出す鏡面はシェルコードバンの特徴。もちろん、バーボンでも楽しめます。

あらゆるスムースレザーの中で、バツグンの光沢とツヤを見せてくれる。時間をかけなくても(エイジングを待たず)、最初から特別感を楽しめるのもコードバンの魅力ですね。

なお、薄い色だからこそ、濃淡が目立つ。

毛穴も目立ちやすい。淡い色だから汚れが付いたら目立ちやすいでしょう。

染色のムラもある。

ちなみに、このパームでは背面ポケットの方が綺麗でした。

端正・均整な表情が好みならバーボンは合わないでしょう。キズや毛穴のない美しさを求めるなら国産コードバン(新喜皮革社やレーデルオガワ社の、コードバン)を選んだ方がいい。ただし、パームのコードバンラインナップは、ホーウィン社だけです(XX周年製品などで、たまに国産コードバンが使われる。それを狙うしか無い)。

シェルコードバンは、使っているうちにキズもつくし、水にも弱い。シミになったりもするのですが・・・。

メンテナンスによって、綺麗になりますので、あまり心配しなくていい。観賞して楽しみたい財布でもありますが、ガシガシ使って育てる楽しみもあるのです。

シェルコードバンにもさまざまな色がありますが、色の変化をもっとも楽しめるのがバーボンの良さです。ただし、汚れが目立ちやすい。玄人好みのカラーと言えるかもしれません。

内装はイングリッシュブライドルレザー

内側がイングリッシュブライドルレザー。WILDSWANSの定番レザーです。

型押しが施されています。キズがつきにくく、目立ちにくいので高級感のある財布だと嬉しい。

イングリッシュブライドルは微細な光沢が楽しめるスムースな革です。型押しとどちらが好みか。これは好みが分かれるところでしょう。

スムースだとエイジングによる色・ツヤの変化が顕著。一方、キズが付きやすい。コインやカードを出し入れするときに、爪で傷をつけてしまう。

また、コインポケットの開閉によるシワもできます。これはこれでいい。アジですからね。

型押しのメリットはキズが付きにくく、ついても目立ちにくいところですね。格子状の型押しにより、キズもシワも目立ちません。キズ・シワが苦手なら、型押しの方がオススメです。

あとがき

ホーウィン社 バーボンのパームは美しいですね。ホーウィンシェルコードバンの中でも、もっともラフさ、エイジングを楽しめるカラーだと思います。

SNS/YouTube

Twitter, Instagram, YouTubeも運営しています。フォロー、アンフォローお気軽に。


func_walletさんをフォロー