薄い財布 abrAsusと薄いカードケースabrAsusのレビュー。使い勝手、特徴、メリット・デメリットを解説

ユニークな製品をランナップするSUPER CLASSIC。代表作である薄い財布 abrAsusをご紹介しましょう。

特徴は以下のとおり。

  • たくさん入れても薄い
  • 縦に開く、二つ折り財布
  • お札、コイン、カードを分けて収納できる
  • お札が使いやすい
  • エイジングを楽しめる上質な革を使用
  • 見えないところまで丁寧に作られている

本ページでは薄い財布abrAsusの使い勝手、特徴、メリット・デメリットについて分かりやすく解説します。あなたにフィットする財布なのか、参考にしてみてください。

スペック

ブランドSUPPERCLASSIC
商品名薄い財布abrAsus
用途メイン
価格(税込み)14,950円
収納力★★☆☆☆
お札入れの数1
お札の枚数10
コインの枚数15
カードの枚数5
寸法W95xD98xH7mm
重量50g
素材牛革

取扱いサイトで薄い財布 abrAsusを見る

カタチ、構造

ほぼ正方形のカタチ。オーソドックスな二つ折り財布と比べると、少し小さくしたサイズ感。

薄い財布abrAsus。その名のとおり、圧倒的に薄い。

外装の素材はブッテーロ。イタリアのオイルレザーが贅沢に使われています(詳細は後述)。

構造もユニークです。

ダブルホックでしっかりと留める構造。

2つのホックをそれぞれ外す必要はありません。センターに指を添えて、

外側に倒すように力を加えることで1アクションで開くことができます。

日本のホックが採用されています。

縦に開きます。

上から順に、お札の収納スペース。

カードポケット。

コインポケットです。

取扱いサイトで薄い財布 abrAsusを見る

使い勝手

カード、お札、コインの使い勝手を解説しましょう。

エッジの効いたフォルムですし、多少クセのある使い方です。でも、少しずつ慣れていきます。

カード

財布を開くと、中央に位置するカードポケットが目に入ります。カードを収納するポケットはこの一つだけ。

右側からスライド収納します。

独特のカッティングがほどこされたパーツ。両端からカードが少しだけ姿を見せます。

収納するカードサイズは国際規格(クレジットカードサイズ)だけがいいかな。国際規格サイズ以上のカード、例えばクオカードを収納することもできる。

でも、カードが歪んでしまいます。1,2枚しか収納しないなら問題ないのですが、4,5枚収納するとカードに負担がかかるし、出し入れしにくいですね。国際規格を上回るサイズのカードは入れないほうが良いと思います。

カードは重ねて入れるタイプです。公式スペックでは、収納枚数は5枚。革で挟んで留める構造のため、使い込むことで革が馴染んでもう少し入るようになります。

「使い込んだ薄い財布abrAsus」はクレジットカードのような厚めのカードで7〜8枚くらい収納できます。当然、収納するほど「財布が厚くなる」。薄さを求める人は5枚に抑えることをオススメします。
abrAsus薄い財布 入れた図

取り出しもカンタン、かつ快適です。一番上のカードを使うときは指を添えて

スライドして取り出す。

上から2番目以降のカードを使うときは、一旦カードを全て出す必要があるのですが、使いやすい。ここで独特のカッティングが役立ちます。切れ込みに指を添えて、

押し出します。

カードを少しずつズラす。ここから狙ったカードを取り出す感じ。

財布に入れたままSuicaのようなICカードも使えます。長財布だとカードの位置を考えてのタッチが必要ですが、薄い財布はカードポケットの位置が明白です。迷うことがありません。ただし、SuicaとPASMOなどを同時に入れると干渉してエラーになることがあるため、磁気帽子カードを入れておいたほうが良いでしょう。

さて、すべてが完璧なわけではありません。
デメリットは、カードが滑り落ることがあること。ポケットに「緩み」があると、カードが出てくることがあります。

防止策は「カードが落ちない枚数で使い続けること」です。3枚なら3枚。5枚ならな5枚から減らさないことを推奨します。

たとえば、5枚収納するなら、4枚以下に減らした状態で持ち歩くのはオススメできません。4枚以下にした場合、カードポケットに余裕ができて隙間ができます。隙間がある状態で、カード出口を下に向けたり、財布を振ったりするとカードが抜け落ちることがあります。

なお、5枚は少ないという方に「abrAsus 薄いカードケース」もあります(本記事の後半にレビューも載せています)。無理やり収納枚数を増やすと隙間が大きくなってしまうため、6枚目からは別途カードケースに収納した方が良いでしょう。

お札

カードポケットの裏側が、「あおり構造」になっていて、ガバッと開きます。カードポケットの奥にお札を収納します。お札入れは、この1つだけ。1万円札も、千円札もまとめて収納する必要があります。ただ、とても使いやすい。

お札を差し込むことで収納します。入れやすい。

このままだと、お札の半分が、はみ出た状態になる。なお、このまま財布を折りたたんで閉じることもできます。

風が吹いたりするとお札が飛び出してしまうかもしれない。でも心配無用。さらに革のパーツで留めることができるからです。お札を差し込むときに、左上のパーツにはめるように差し込むといいですね。

右側のパーツはフラップになっているため、これを持ち上げて挟む。2箇所で留めることでお札がしっかりと固定されます。面倒ならやらなくていい。挟まない状態で折り畳むこともできます。

9枚追加しましょう。たくさんおお札を「まとめて収納」することもできます。

きちんと留まります。Maxは10枚前後ですね。もう少し入るのだけど、10枚を超えると財布の厚みが気になります。

さて、お札の使い勝手です。結論からいうと、取り出しやすくて、使いやすいです。

お札を取り出す際の使い方も独特です。右側の留め具から外して、以下の状態にする。

親指をお札に添えて、右側にスライドすることで一枚ずつ取り出すことができます。マネークリップみたいにササっと取り出せて気持ちいいんですよ。

ササッと少しずつずらして。

必要な枚数をスライドさせて取り出すこともできる。使いやすい。

もうひとつの使い方です。左上の留め具から外すと、お札がパラリと広がります。見やすくて、数えやすい。「真ん中にある5千円札」などを取り出すときはこっちのほうが良いかな。縦に引きぬいて、まとめて複数のお札を取り出すことができます。

「最も長い、1万円札」を奥にしまった方が見やすく出し入れしやすい。手前に1000円札を収納するようにしておけば、5千円未満のお会計のときは、必要な分だけめくるように取り出せる。1万円以上の支払い時にのみ、奥の1万円札を出せば良いのです。フォーマルな場でもスマートな所作で支払いができるのも気に入ったポイントですね。

1万円札を使うときは、手前にお札を倒して抜き出す感じ。工夫次第でグッと使いやすさがアップしますね。

スポンサーリンク

コイン

マチのあるコインポケットは大きく開く。だから小銭を放り込むことができます。仕舞うのがカンタンで、沢山入る。

たくさん入るからこそ、ポケットがパンパンになり、財布が分厚くなりがちでした。

一方、薄い財布abrAsusは上記のような使い方はできません。両端が縫い合わされたポケットはマチがなく、ガバッとは開かない。

たくさんのコインをまとめて入れることはできません。せいぜい3、4枚を、革と革の間のスペースに挟み込んでいくイメージ。この構造により、スリムなフォルムを保つことができる(使いやすさとスリムさのトレードオフです)。

コインのサイズはそれぞれ違います。1円玉は見えなくなるサイズ感。

コインポケットが浅いため、どれだけコインが入っているか明白です。とにかく見やすい。

コインの収納枚数は15枚。物理的にこれ以上入りません。「15枚」は999円の最大内訳です。「ちゃんと考えて使えば、15枚以上にはならないよね。」というコンセプト。かなり挑戦的なデザインです。

  • 500円 × 1
  • 100円 × 4
  • 50円 × 1
  • 10円 × 4
  • 5円  × 1
  • 1円 × 4

構造上、写真のように斜めに収めるなら15枚入る。理論的にはこの入れ方がともっとも薄くな利、財布を閉じることができる。しかし、これは理想です。

こちらが現実。15枚の収納は難しい。テキトウに突っ込むとこうなるからです。

コインポケットが膨張しすぎて、閉じることができません。

10枚ぐらいがいい。これ以上は(キレイに、斜めにコインを収納しないなら)財布に負担がかかります。

キチンと閉じることができます。

取り出すときは、コインをひょいっと掴む感じ。隣り合うコインを複数枚まとめて取り出せます。同じ硬貨を隣り合うように収納するとより使い勝手が増します(サイズが揃って取り出しやすくなります。)

薄い財布abrAsusを使っていると「お釣りが少なくなるようにコインを使うクセ」がついてきます。自然と端数を考えるようになり「小銭があるのにお札を出す習慣」が無くなる。結果として、「薄い財布」をキープできるんですね。そのため10枚前後の枚数でも困ることはほとんどないでしょう。

隠しポケット

薄い財布abrAsusには秘密のポケットがついています。お札を留めるパーツをめくると、収納スペースが見えます。

お札なら、4つ折りで入るサイズです。

スペアキーを収納しておくのも便利だと思います。

正直、出し入れしやすいとはいえないため、いざというときのためのアイテムを収納するスペースと割り切ったほうがよいかも。

取扱いサイトで薄い財布 abrAsusを見る

特徴

お金とカードを収納した状態で薄い

ほぼMax容量、厚みのあるカードを5枚、小銭10枚、お札11枚入れてみました。

とても薄い。100円玉より薄い。携帯性がバツグンに優れているのがわかりますね。スーツのポケットだけでなく、カバンの中のサイドポケットなど「膨らませたくないポケット」への収納に最適なのです。

やや隙間があるので、使い込むことでよりペタンとスリムになります。

もっとも厚みのある部位がコインを収納することで出っ張るところ。ここでも19mm、中央部で16mmです。

薄い財布abrAsusには、「財布を薄くするためのアイデア」が詰め込まれています。たとえば、お札を留めている2箇所の革のパーツ。 

財布を折りたたむ際にカードポケットのカッティング部分に重なるように配置されています。この配置によって革の重なる枚数を最小にでき、財布の薄く仕上げています。

たくさんは収納できない。キャッシュレス時代の財布

カード5枚、コイン10枚、お札10枚。これはクラシカルな二つ折り財布よりも収納量がすくない。本作はたくさん収納できる財布ではないのです。

でも、これでいい。

支払いは現金だけじゃない。クレジットカードや電子マネーなど、キャッシュレス決済をすることが多い人にこそ本作がフィットするのです。

本作を使い始めると、たくさんは収納できないけれど、そもそも最小限しか持ち歩く必要がないことに気づくはずです。

スポンサーリンク

ブッテーロを贅沢に使用

薄い財布abrAsusは複数モデルラインナップされています(後述)。本ページで解説しているのイタリアの高級レザー、ブッテーロを使ったモデルです。

凹凸のない、極めてスムースな革です。

サラリとした質感でマット。

タンニンでなめされた革だからパリッと硬い。使い込んでいくことで少しずつ「ハリ」は落ち着くのですが、ハード系の革です。柔らかい革がお好きなら、合わないかも。

牛のショルダー部を使った革で、写真のような模様(シワ・トラ)が見えたりもします。

これは虫さされかな。小さなキズがあったりもする。(あまりにもひどい部位は使わないと思いますが)

ブッテーロは染料を浸透させる方法で染色した革。皮の表情を活かす革です。皮膚のシワ・キズ・血管などが隠せないんですよ。部位によって色の濃さが違ったりもします。

均整な表情がお好きならブッテーロモデルは合わないかもしれない。通常モデルはエンボス加工がされているため、シワ・キズがほとんど分かりません。均一な美しさを求めるなら、通常モデルをセレクトした方が良いでしょう。

エイジングによる色・ツヤの変化を楽しめる

ブッテーロは、色・ツヤが変化するエイジングを楽しむことができます。

エイジングのスピードは革によって違います。どちらかというと、ブッテーロはゆっくりと変化する革。本ページでご紹介しているキャメルの「マットで淡いカラー」も新品のときだけです。

1年使うときっとこうなります。ツヤが出て指を映し出すような透明感も生まれます。(写真は小さい財布abrAsusのブッテーロモデル)

色も深まる。ブッテーロモデルもいくつかラインナップされていますが、キャメルがもっとも「色の変化」を楽しめます。ブラックは色の変化はほとんどわかりません(ツヤが出てくる)。

なお、通常モデルはブッテーロではありません(エンボス加工された革)。3年使った薄い財布abrAsusは柔らかく手に馴染む感触です。油分が移ったのでしょう、ツヤが出るように育ちました。財布のフォルムは薄いまま。使い勝手も新品と変わりません。
abrAsus薄い財布 経年変化

スポンサーリンク

革の表面だけが見える、上品な財布

革には表と裏があります。ブッテーロに限らず、ほとんどの革の裏面は毛羽立ちがあり、表ほど美しくない。

薄い財布abrAsusのスゴイところは、表面しか見えないように作っていることです。普段は見えない、お札の収納スペースの内側も。カードポケットの内側も。コインポケットの内側も。すべて、革の表面。

2枚の革を張り合わせる、裏張りという技法です。革の使用する量が2倍になるし、張り合わせて縫い合わせる技術が必要になる。コバをきれいにする手間も増える。安価な製品には見られない、美しい製品にするための技法です。

見た目がよくなるだけじゃない。なめらかな肌目だから、お札やカードがスムーズに出し入れできる。汚れもつきにくい。機能的なんです。

なお、内側にはブッテーロ以外の革が使われています。キズがつきにくく丈夫な革ですね(1年以上使った、小さい財布abrAsusの内装と同じ革です。ほとんどキズがついていません)。

耐久性について

縦横のサイズは小さくないので、パンツの前ポケットへの収納は厳しい。入るには入るけど、型崩れしやすいでしょう。

もし前ポケットに入れたいなら「小さい財布 abrAsus」を選んだ方がいい。

さて、本作は薄いため「強度」には限界があります。ラウンドファスナー長財布など「革の重なり」が多い財布と比べると型崩れもしやすい。

手ぶらで出かける人は、ケツポケしたいと思うんですけど、型崩れは避けられないですね。3年使った通常モデルでは「アタリ」も出ているし、角も丸くなる。
abrAsus薄い財布 経年変化

ただし、傷んで使えなくなるような気配はありません。ステッチの毛羽立ちがあるくらいで、"ステッチのほつれ"もありません。"へたり"もないですね。

仕上げ

細部まで丁寧に仕上げられています。

コバ

財布の端はコバ仕上げされています。スレたりぶつかったりする財布の端をしっかりと守ってくれています。

塗料による仕上げ(磨き上げではありません)。磨いて仕上げるのは手間がかかるため、本作の価格帯では無理でしょう。

なお、1年以上ポケットに入れて使用した「小さい財布abrAsus」も、本作と同様の仕上げ。開閉を繰り返すことて負担がかかかるカーブする部位もコバが剥がれずにキレイなままです。とても丈夫ですね。

ステッチ

縫製はミシンステッチでしょう。ストレートからカーブするする部位まで、きれいに縫われていると思います。

スポンサーリンク

公式リペアサービスで修理できる

abrAsusは公式サイトでアフターメンテナンスサービスを受け付けていますので壊れても、修理可能です。
しかも嬉しいことに、早く、安くです。
例えばコバ塗りなら、2日。お値段540円です。
長く付き合っていける相棒になることでしょう。

abrAsusの修理センターはこちら

豊富なバリエーション

バリエーションの豊富さも薄い財布abrAsusの魅力。

きっとお気に入りの一品が見つかるはずです。公式Webサイトでは、ユニークなギミックが紹介されています。ガジェット好きにはたまらないはず。

ブッテーロ

abrAsus薄い財布 ブッテーロ

ハリのある革、ブッテーロを使ったモデル(本ページのほとんどの写真がブッテーロモデルです)。イタリアのタンナー、ワルピエ社の代表的なオイルレザーです。色ツヤがグングンと変化するエイジングを楽しむことができるのはブッテーロモデルだけです。

レディース

abrAsus薄い財布 カラー

女性向けにはビビッドな色や、派手なデザインが施されたものまで揃っています。
☆

左利きモデル

左利き用のモデルといったものもあります。

薄い財布 abrAsus ブッテーロレザーエディション
Amazonで見る
公式サイトで見る
楽天市場で見る

オマケ。「薄いカードケースabrAsus」

カード5枚までは薄い財布abrAsusに収納できる。でも「たまにしか使わないカード」などすべてを入れるのは難しいでしょう。例えば病院のカードや保険証などですね。

薄い財布abAsusのアタッチメントとして「薄いカードケースabrAsus」がラインナップされています。連結することで、持ち歩くカード枚数を15枚に増やすことができます。

当然ですが、連結することで厚みは増えます。「薄さ」ウリの財布ですから、これは好みが分かれるでしょう。

単品で使うこともできます。

カードは10枚入ります。

カッティングされた革の隙間からカードを押し出すようにして使います。
薄い財布と同じ使い勝手です。領収書など無くしやすいものを入れておくのに重宝しますね。

カラーバリエーションも豊富です。
薄いカードケース 比較

本ページでご紹介したカラーは財布と同色(キャメル)。色を合わせると落ち着いた感じになります。

違う色をアクセントにするのもいいかもしれません。abrAsus薄い財布 比較

あとがき

薄さを求める人にだけの財布ではありません。あまり現金を使わず、カード決済や電子決済をする人なら、ストレスなく受け入れられると思います。

薄い財布 abrAsusは「世界一薄い二つ折り財布」を目指した財布です。発売は2009年。今日では様々なブランドから「薄いをウリにする財布」が発売されています。しかし、ユニークな構造、上質な素材などにおいて、薄い財布abrAsusを超えるものはありません。

SNS/YouTube

Twitter, Instagram, YouTubeも運営しています。フォロー、アンフォローお気軽に。


func_walletさんをフォロー