パームとタングの違い。どちらを選ぶと幸せになれるのか?ワイルドスワンズのコンパクト財布の選び方について

パーム タングとの比較

12/17まで。WILDSWANSの正規販売店COLLECTORS。2点購入で3,000円Offのキャンペーン中。限定カラー もラインナップされています。

11/30まで。WILDSWANSのカバンを取り扱うTORATOでは、Amazonギフト券での10%キャッシュバックキャンペーン中。詳細はこちら

WILDSWANSの財布を愛用しています。
その特徴は、厚みのある革とボリューム感。大きく、厚みのあるフォルムのものがラインナップされています。

その中から、コンパクトな財布をチョイスするなら、選択肢は2つしかありません。

タングとパームです。

この2つの財布は、コンセプトが明確で、使い勝手も違います。
ところが、どちらをセレクトすると正解なのか?と、迷ってしまう方もいらっしゃるよう(というのも、何度か質問をいただいたから)。

そこで本ページでは、タングとパームを愛用しているユーザの視点で、両者を比較していきます。
使い勝手の違い、メリット・デメリットに鋭く切り込んでいきます。あなたにピタリとはまる、コンパクト財布はどちらなのか、白黒つけてみましょう。

本ページをご覧になったうえでの購入でも、きっと遅くないはずです。

スポンサーリンク

タングとパーム。スペック比較

サイズや機能などを、ザッとまとめるとこんな感じ。

タング パーム
札入れ 0 1
コインポケット 1 1
カードポケット 2 3
収納量 ★★ ★★★
使いやすさ ★★ ★★★
サイズ W110×H80×D20mm W100 xH86 x D25 mm

サイズ的にはほとんど違いがありません。
むしろ、タングの方が横幅が数mm長いほどです。パーム タングとの比較

パームの方が厚みがあります。ただ、使っているうちにスリムになっていきます(お店でエイジングサンプルを見せてもらったので)。厚みについてはあまり気になさらなくても良いかと思います。パーム タングとの比較

コインポケットのサイズは、タングが横長。
パームが縦長といったところ。

あえて言うなら、タングの方が浅いため、コインを取り出しやすいように思います。ただし、わずかな差ですから、劇的な違いは感じません。
パーム タングとの小銭入れの皮革

私は、コンパクトな財布では、スペックは重要視しません。
というのも、数値として見えるものより、使いやすさや仕上げの美しさなど、プロダクトとしての満足感の方がずっと大事だと思うからです。

上質な財布は、時間が経っても色褪せることはありません。同じデザイン、同じ素材で、ずっと販売が続くのです。そしてこれは、WILDSWANSの定番財布に言えることです。

(これは財布に限らず、あらゆるプロダクトで言えることですね。ハンスJウェグナーの椅子は、50年経った今日も、当時のデザインから変わっていません。にも関わらず売れ続けているのは、プロダクトデザインが優れているからです。)

WILDSWANSを気に入っている理由は、この点にあるのかもしれません。
タングもパームも、上質な素材を使い、細部まで丁寧に仕上げられています。職人によって仕立てられた財布は、日本が誇る皮革技術の集大成と言っても過言ではないでしょう。

おっと。話を戻しましょう。

続いて「使い勝手」にフォーカスして、両者を紹介していきます。

タングの概要

タングはWILDSWANSの最小財布。
あくまでもコインケース。たくさんの収納はできません。

カードポケットは2つ。
背面のカードポケットはしっかりとテンションがかかるので、カードが抜け落ちることはありません。厚みのあるカードを2〜3枚収納できます。

この背面ポケットは、WILDSWANSの代表的な意匠です。
財布を開かなくてもカードが使えるので、バツグンに使いやすいです。よく使うクレジットカードがあれば、ここから出してお会計完了。実にクールです。

もう1つはコインポケットの内側。
あまり使わないけれど、持ち歩きたいケードを収めるのに最適です。

コインとカードを仕切るパーツ(ベロ)は、WILDSWANSの意匠の1つ。この仕切りのおかげで、カードとコインがかち合わないため、カードが傷ついたり汚れることはありません。

収納枚数はコインとのバランスによって変わります。
極端な話、カードしか入れないのであれば10枚入れることも可能。

さて、タングにお札を入れるなら、バツグンの使いやすさを求めてはいけません。
専用のお札入れが備わっていませんから、3つ折り(または4つ折り)にして収納する必要があります。

もしくは、2つ折りしてこんな感じ。こちらの方がお札を折る手間が少ないので楽ですね。また、お札の重なりが減るので、厚みを抑えることができます。
TONGUE-1

ただ、お札の端が曲がってしまいます。高価なお店で現金払いするとき、ちょっと恥ずかしいかもしれません。
TONGUE-3

いずれにせよ、お札を折ってから収納するというアクションが必要となります。この点では、パームに劣るわけです。タングはあくまでもコインケース。オールインワンの財布としての使いやすさを求めてはいけません。

取扱いサイトでタングを見てみる

パームの概要

WILDSWANSいわく、「お札を収納できるコインケース」。
個人的にはWILDSWANSの財布で、もっとも好きなアイテムです。

タングと比べてみての、パームの特徴はこんな感じ。
  • お札を折らずに入れることができて、使いやすい
  • 少し大きいけれど、手にすっぽりと収まる小さな財布

二つ折り財布のグラウンダーより小さなボディに、カード、コイン、そしてお札を分けて収納できるオールインワンの財布。たくさんの収納は苦手ですが、3万円ほどしか持ち歩かないならパームで十分です。(もっとたくさん持ち歩きたいなら、グラウンダーをチョイスした方が幸せになれると思います。)

さて、タングとの機能的な違いは大きく2つあります。

1つは、カードポケットについて。

パームでも、コインポケットの内側と、背面ポケットは同じようにデザインされています。

プラス1がこちら。

ただし、このポケットはカードを奥まで差し込むとホックと干渉してしまいますから、プラスチックのカードを入れるのはおすすめできません。個人的には、クーポンや、ぐにゃりと曲がるカード(クオカード、図書カードなど)を入れています。


もう1つは、専用のお札入れがあって、お札を折らずに収納できること。パームが万能と呼ばれる所以です。

ただし、一般的な二つ折り財布と比べて、幅がせまいデザイン。一万円札ギリギリの幅しかありませんから、入れるときに少しひっかかる感じがあります(千円札や5千円札なら、スムーズに収納できます)。

パームは革でできていますから、使い込むことで多少馴染んできます。そのため、お札の出し入れもスムーズになるかなと思っていたのですが、劇的なカイゼンは見込めず。
まだ使用して6ヶ月ほどですから、もう少ししたら多少良くなるかもしれません。

取扱いサイトでパームを見てみる

タングとパーム。比較のまとめ

結論としては、どちらの方が良いということはありません。

「みなさんのスタイルが、どちらに合うか」。これに尽きます。

オールインワンの1品をセレクトするなら、「お札を折らずに、そのまま収納できる」パームをチョイスした方が幸せになれるはずです。

一方、電子決済やクレジットカードでの支払いが多く、お札をそれほど使わないなら、タングで十分でしょう。

結局のところ、財布は道具にしか過ぎません。使い方、財布に求めることは人によって違います。みなさんに合うものをセレクトしましょう。

WILDSWANSの財布の素材は、とても丈夫です。その使い勝手に満足できれば、10年は使える相棒になるはずです。

WILDSWANSタングのレビュー
WILDSWANSパームのレビュー
WILDSWANSの財布のまとめ。定番財布のメリット・デメリットを一挙紹介