ハンモックウォレットミニのレビュー。カルトラーレ最小財布の使い勝手と特徴について解説する

革工房カルトラーレ(Cartolare)の小さい財布ハンモックウォレットミニを使ってみましたのでご紹介します。

特徴は以下のとおり。

  • 小さい財布
  • お札、コイン、カードを収納できる
  • お札は「手折り」して出し入れする
  • コインが見やすく、出し入れしやすい
  • 素材は国産エンボスレザー
  • 水・キズ・汚れに強い

本ページではハンモックウォレットミニの使い勝手、特徴、メリット・デメリットについて分かりやすく解説します。

スペック

ブランドカルトラーレ
商品名ハンモックウォレットミニ
用途
  • メイン
  • サブ
収納力★★☆☆☆
お札入れの数4
お札の枚数4〜16
コインの枚数12
カードの枚数1〜8
寸法W93×H68×D20mm
重量40g
素材牛革

ハンモックウォレットミニを取扱いサイトで見る

カタチ、構造

手のひらに収まるサイズ感。いわゆる「小さい財布」にカテゴライズされる財布です。

一枚革でぐるりと巻いた構造。

直線的なフォルムでカチッとしたルックスです。ハンモックウォレットコンパクトは少し丸みのあるフォルムでした。ミニの方がビジネスシーンにはまると思います。

素材は型押し国産牛レザー(詳細は後述)。

シングルホックで留めるデザイン。

ホックの両サイドには、スリット状のカードポケットが備わっています。

開いてみましょう。パチリと良い音がします。

ハトメ穴。これもハンモックウォレットミニの特徴(詳細は後述)。

さて、定番のハンモック構造です。カルトラーレの意匠であり、「ハンモックウォレットシリーズ」でしか採用できない構造。

財布を開くことで、少しずつポケットが開くギミックは本作でも楽しめます。

こちらにコインを収納。

ハンモック構造の下には、ポケットが2つ。カードやお札を収納できます。

使い勝手

カード、お札、コインの使い勝手を解説しましょう。

カード

2種類のポケットに収納できます。

外側のポケット

スリット状のポケットが2つ付いています。

クレジットカードより少し長いカード、たとえば、お店のポイントカードや名刺などは収納できません。

クレジットカードやSuicaなど、国際規格のカードでジャストサイズ。スッキリと収納できる。

少し大きなクオカードも入ります。

最後まで差し込むと2mmほど奥まって収まる。

カードが隠れるため、指を添えて取り出すことはできません。では、使いにくいかというとそんなことはありません。両サイドを軽く押し込むとポケットが開く。

隙間に指を入れて、取り出すことができます。

革が馴染めば 1ポケットに2枚まで収納できそう。だけどオススメは1枚。薄く、コンパクトに携帯できるし、カードをすぐに取り出せて使いやすいからです(2枚入れると選ぶ手間も増える)。クレジットカードを入れておけば、ここから取り出してお会計完了。財布を開く必要がなくてスマートです。

ポケットは二つあります。もう1つのポケットにはSuicaなどを入れておくと良いですね。タッチ決済できるし、電車やバスもこれでいける。

内側のポケット

ハンモック構造の下にある、2つのポケット。ここにもカードを収納できます。

クオカードは収納することはできません。

国際規格のカードサイズでジャスト。奥まで入れると、カードが少し顔を出すサイズ感。

これがいい。親指を添えてスッと抜き出すことができて、使いやすいです。

1ポケットに、凹凸があるクレジットカードなら2枚まで収納できます。ただ選別の手間が増えるため、1枚の方が使いやすいですね。

このポケットも2つある。合計4枚収納できます。

ただし、お札の収納(後述)も兼用となります。内側のカードポケットは2つ。このどちらか、あるいは両方をお札を入れるのに使うことになります。もしくは、お札を入れず、ハンモックウォレットミニをカード&コインケースとして使うのもありでしょう。

スポンサーリンク

お札

お札も2種類のポケットに収納することができます。

内側のポケット

「手折り」してから収納することになります。財布の中央にまでお札が来てしまうため、二つ折りだと入りません。

二回折り畳むか、三つ折りにします。使うときはお札を広げる必要がある。このアクションは一瞬ではできません。オーソドックスな二つ折り財布や、長財布のでの使いやすさを期待するなら本作は合わないでしょう。カルトラーレからチョイスするなら、ハンモックウォレットやハンモックウォレットコンパクトの方が、ずっとお札は使いやすいです。

三つ折りでジャストサイズですね。

奥まで入れると、少しはみ出るサイズ感。

各ポケットに最大4枚。内側のポケット両方にお札を収納するなら、合計8枚です。

外側のポケット

こちらも三つ折り。

内側と外側、それぞれのポケットにお札を入れることができるわけです。ただし、カードとスペースを共有するわけですから、どのポケットに収納するか、自由に決めることができます。

コイン

ハンモック状のポケットにコインを収納します。使いやすさはハンモックウォレットミニでも健在です。

コイン12枚を準備しました。

ガバッと開くから入れやすい。

そのままでも十分に見やすい。コインが重なっても少し振れば良い。コインが散って見やすくなる。

上下左右に、革の壁が反り立つため、傾けてもコインは落ちません。

革を外側に倒すことで、ポケットがフルルラットになる。世界一見やすいポケットだと思う。もちろん、この状態で財布を傾けるとコインは落ちます。

右側の革だけ倒すだけでも、グッと取り出しやすさがアップする。広いフラットな面にコインが散るから見やすい。とにかく選別しやすいです。

選別しやすく、取り出しやすいです。

財布の中央にコインがあると、折りたたむことができません。

ササッと揺らして、コインを片面に寄せてから折りたたみます。

収納力

収納力は、カードやお札、コインの枚数のバランスです。カード3枚、お札6枚を収納した場合は、コインは12枚くらいでMaxかな。

縦横のサイズは変わらない。キチッとしたフォルムです。

当たり前ですけど、詰め込むほどに財布は膨らみ、ポッテリとしたフォルムになります。スタイリッシュな見た目、使い勝手をバランスさせるなら、上記の収納がMaxかなと思います。

コイン15枚くらい入れると、ホックを止めるのが難しくなります。財布に負担がかかり型崩れもしやすいでしょう。

ハンモックウォレットミニを取扱いサイトで見る

特徴

スポンサーリンク

キャッシュレス時代にふさわしい、最小クラスの財布

今日、さまざまな「小さい財布」があります。中でもハンモックウォレットミニは最小クラス。ほとんどカードサイズ。一般的な名刺入れやパスケースよりずっと小さい。ポケットに突っ込んでおいて、本作ひとつでパスケースとしても代用できます。すごく快適。

本作にはたくさんは入りません。カード4枚、お札6枚、コイン12枚がMax。オーソドックスな二つ折り財布や長財布と比べると、半分以下の収納量です。

でも、それでいい。

たくさん収納できる財布は、詰め込むほどに大きくなる。ハンモックウォレットミニは、最低限を最小サイズで持ち歩けるようにデザインされた財布なのです。

フラップには穴が空いています。穴が広がらないよう「ハトメ」と呼ばれる金属のパーツで補強されています。

ストラップを通して、カギをつければキーケースにもなりますね。ハンモックウォレットミニだけで出かけることができる。キーケースも持ち歩かずにすむ。小さくてもオールインワンの財布です。

スポンサーリンク

丈夫で汚れにくい、国産牛革

素材は国産牛革にエンボス(型押し)を施したレザー。カルトラーレの定番です。

サラリとした手触りで、ハリがある。

キズ・水にも強い。汚れも目立たない。たとえば、水がついても染み込まない。

さっと拭けばいい。シミにもなりません。

同じ素材のハンモックウォレットコンパクト。100日以上、ポケットに入れて持ち運んでいるのだけど、キズはまったく分からない。エンボスのためキズ付きにくい。キレイな見た目を保ってくれます。

スポンサーリンク

仕事にも使いやすい

革の厚みはなくシュッとしたルックスです。ブランドロゴも型押しで目立たないため、ビジネスシーンに添えやすいですね。

仕上げ

ステッチ

ミシン縫いです。財布の本体と同じ色の糸で縫われていて、ステッチが目立たないデザイン。

コバ

コバも仕上げられています。塗料で仕上げられたコバだと思います。

パーツ

ホックはイタリアのPRYM社製。光沢のあるゴールドがエンボスレザーと相まって上品です。

凸部分のパーツも上質。小さなパーツだけど、丸みがあって美しいんですよ。

あとがき

ハンモックウォレットミニは、クセのある財布です。すべての人にフィットする財布ではありません。最小限をコンパクトに、気軽に・気楽に持ち歩きたい。であれば本作はおすすめのお財布です。

ハンモックウォレットミニを取扱いサイトで見る

SNS/YouTube

Twitter, Instagram, YouTubeも運営しています。フォロー、アンフォローお気軽に。


func_walletさんをフォロー