Bluestone ラウンドファスナーのレビュー。美しい藍色の真髄に迫る

bluestone-round-1

本日ご紹介するアイテムは、美しい財布。
藍染めのプロダクトを得意とする、Bluestone(ブルーストーン)のラウンドファスナー財布です。

まずはそのざっと特徴をピックアップしてみましょう。

  • スクモレザーを使った「藍色」の風合い
  • ラウンドファスナータイプの財布
  • たくさん収納できる
  • オーソドックスな使い勝手
  • ジャパンメイドの美しい仕立て

素材の珍しさ・美しさ、仕立ての良さといった点でトップクラスの1品です。
美しいラウンドファスナーをお探しなら、きっと気にいるはず。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

スペック

ブランドBluestone
商品名ラウンドファスナー
用途メイン
価格(税込み)73,440円
収納力★★★★★
お札入れの数2
お札の枚数40
コインの枚数20
カードの枚数14
寸法W193 × H98 × D23(mm)
重量227g
素材スクモレザー(牛革)

Bluestoneのラウンドファスナーを取扱いサイトで見てみる

使い勝手

本作は、ラウンドファスナータイプにカテゴライズされる1品。
大きなフォルムだからこそ映える、その色と表情に惹かれるはずです。
bluestone-round-3

素材は、スクモレザー。シボは微細で、凹凸も控えめ。サラリとした質感。
bluestone-round-4

ふっくらとした弾力としっとりとした感覚が、手のひらに伝わってきます。ラウンドファスナーの大きなボディでもしっかりと手でつかむことができるのは、この質感のおかげでしょう。ツルリと滑って落とすことはありません。
bluestone-round-7 bluestone-round-6

スクモレザーの一枚革で仕立てた外装には、余計な装飾は一切ありません。
ブランドロゴさえ取り払ったシンプルなデザインは、素材への自身の現れでしょう。上質な皮革は誤魔化す必要がないのです。
bluestone-round-8

ファスナートップも、藍染めのスクモレザー。本体のカラーと合わせた、統一感のある仕上がりです。
bluestone-round-9

一般的なものよりも厚くて長いファスナートップは、掴みやすく、しなやかに曲がります。どんな角度からも、スムーズに開閉できます。
bluestone-round-10

中はこんな感じ。一般的なラウンドファスナーと内装のつくりは同じ。左右対象シンメトリのオーソドックスなデザインです。
bluestone-round-12

それでは各アイテムの使い勝手について見てまいりましょう。

カード

財布の端には、カードポケットが4つ。「念引き」によって、キリッと引き締まったデザインに仕上げられています。
bluestone-round-13

ポケットは両サイドにあるため、合わせて8枚のカードを分けて収納できます。
bluestone-round-14

ポケットの数は一般的なラウンドファスナーと比べると、決して多いとは言えません。しかし、本作はこの他に4つのフリーポケットを備えています。カードが多い場合も十分に収納できます。

最上段はフリーポケットになっています。レシートやチケットなど、少し長めのアイテムも収納することができます。マチが無いため、厚みのあるアイテムの収納は、避けたほうが良いでしょう。
bluestone-round-15

もう1つが、カードポケットの前面。
bluestone-round-16

こちらは折込マチのため、カードだけでなく、通帳やパスポートなどの厚みのあるアイテムも収納することができます。
bluestone-round-17

このようにスッポリと収めることができます。bluestone-round-18

コイン

中央のファスナー部がコインのポケット。
bluestone-round-19

片側マチになっています。
bluestone-round-20

ガバッと開くデザイン。そして、淡く藍染めされたカラーによって、コインがはっきりと見えます。見つけやすく、取り出しやすいです。
bluestone-round-21

お札の枚数とのバランスもあるのですが、20枚ほどのコインは収納できます。この収納力もラウンドファスナーの魅力ですね。

ただ、個人的には15枚ほどに抑えた方が良いかなと思います。たくさんのコインを入れると探すのが大変ですし、財布が重くなってしまうからです。
結局のところ、財布の使いやすさや、快適に持ち歩くキモは、使い手の気づかいだと思います。

お札

コインポケットの両サイドが、お札ポケット。
bluestone-round-23

本作の内装は、ヤギの革(ゴート)。
牛革に比べて、軽くて柔軟性があるため、しなやかに曲がります。ガバッと開くデザインとあいまって、お札がバラけやすく、取り出しやすく感じます。ジャパンメイドのこだわりですね。
bluestone-round-24

札入れは2つあるため、一万円札と千円札。商品券、外貨など、さまざまなお札を分けて収納できるのでとても便利です。

片面に20枚ほど、両ポケットで40枚のお札を、余裕をもって収納できます。

Bluestoneのラウンドファスナーを取扱いサイトで見てみる

特徴

藍染のスクモレザーを贅沢に使用

本作の素材「スクモレザー」京都の染め師が仕上げた、日本でしか作られていない高級皮革です。そのカラーは、「藍色」。

「藍色」は、英語では「Japan Blue」と称される、日本発祥のカラーです。ここでは、色のヒミツを、少し紐解いてみましょう。

皮革を染めるには、2種類の方法があります。

  1. 顔料仕上げ
  2. 染料仕上げ

本作は、2.染料仕上げのもの。水に溶かした染料を、革の芯にまで浸透させることで、着色する技法です。革の持つ風合いを活かした、透明感のある表情に仕上げることができます。

そして、「どの染料を使うか」によって、革の色や、表情に違いが生まれます。

スクモレザーで使われる染料は、徳島県の藍(あい)の葉で作った「すくも」。

すくもは、紀元前より使われてきた「青」の染料ですが、作成に手間も時間もかかるため、今日ではほとんど使われていません。(安く、量産するために、化学合成したインディゴ染料を使うのが、一般的なのです)

ではなぜ、手間も時間もかかる「すくも」を使うのでしょうか。

この答えはシンプルです。藍色の美しさは、「すくも」でしか表現できないからです。
(写真で表現するのは難しいのですが、)表情には濃淡があります。自然で豊かな風合いは、天然素材である藍でしか生み出すことができないのです。
bluestone-round-4

暗い場所は凛とした美しさがあり、
bluestone-round-3

明るい場所では、やわらかな風合いを感じれる、この表情の豊かさも魅力の1つでしょう。日本の伝統カラーである「藍」、その美しさをロングフォルムでたっぷりと味わえることが、本作の一番の醍醐味といえるでしょう。
bluestone-round-2

「均一な美しさ」なら「青い顔料」を革に塗りたくればいいわけです。しかし、そういったプロダクトは、のっぺりとした表情になってしまいがちです(塗料で、革の表情・風合いを隠してしまうから)。さらにエイジングも楽しむことができません。

一方、染料で仕上げた皮革は、革の風合いを活かした仕上がりとなります。
また、使い込むことで、色は深みを増し、ツヤが生まれてきます(エイジングですね)。言い換えると、本作は、まだ未完成。変化を楽しみたい人にふさわしい皮革なのです。

ちなみに、「藍」へのこだわりは、Bluestoneのプロダクトに共通するコンセプトです。本作以外にもスクモレザーを使ったアイテムがラインナップされていて、そのすべてが「藍色」を最大限味わえるようにデザインされています。

日本製の美しい仕立て

素材から仕立てまで、すべてジャパンメイド。その丁寧な仕上げをいくつかご紹介しましょう。

コバ

革の端をコバと呼びます。断裁したままの革は、線維がむき出しの状態になっているため、コバをいかに仕上げるかが、プロダクトの美しさと耐久性を決めるキモになるんですね。

そして、本作のコバは、「ヘリ返し」と呼ばれる技法で仕上げられています。
bluestone-round-26

ブライドルレザーなどの、厚くてハリの強い皮革の場合、磨いて仕上げる「コバ磨き」が適用されるのですが、スクモレザーのようにやわらかい皮革ですと磨いて仕上げることができません。

そのため、革を折り返して、ステッチすることで、革の表面だけが見える「ヘリ返し」で仕上げられているのです。

ステッチ

ステッチは、均等かつ真っ直ぐ。
bluestone-round-25

内装のマチ部の縫製も、素晴らしい仕上がり。
ガバッと開いて使うラウンドファスナーにとって、マチ部はもっともダメージを受けやすいポイントですが、しっかりと返し縫いされています。耐久性を決めるキモです。
bluestone-round-28

ファスナー

ファスナーは、日本が世界に誇るYKKのもの。滑りが良くストレスを感じません。
bluestone-round-27

ファスナーは光沢を抑えたマットな黒銀。ファスナーテープも群青です。
すべてのパーツにおいて、一体感のあるカラーが採用されています。「藍色」がより映えるよう、デザインされているんですね。

あとがき

藍色の美しさをロングフォルムのラウンドファスナーで楽しみたいなら、本作に代わるものはありません。

上品で、上質。オーソドックスな財布をお探しなら、きっと気にいるはずです。

Bluestoneのラウンドファスナーを取扱いサイトで見てみる