SYRINX MEKURU《めくる》ペンケース レビュー。大人のための小さなペンケース

機能的な革製品をラインナップするブランド、SYRINX。

本日は、『MEKURU《めくる》ペンケース』を紹介します。

特徴は、こんな感じ。

  • ペン2本の収納力
  • 「めくって開く」、ユニークなデザイン
  • コンパクトでスリムだから、携帯しやすい
  • 上質なイタリアンレザーの一枚革を贅沢に使用

一言で説明すると「大人にふさわしい、コンパクトなペンケース」です。
もちろん、SYRINXらしいユニークな機能も備わっています。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

動画

MEKURUペンケースは、いくつかの素材、カラーでラインナップされています。
本ページでご紹介するのは、皮革はアラスカ。カラーはGrafilteです。

美しい表情と、MEKURUペンケースのユニークな使い勝手を動画にしてみました。

使い勝手

パッケージを開けると、ボディの小ささに驚くはず。ペンを入れるアイテムだから、サイズに限界はあるのだけど、一般的なものと比べると抜きん出てコンパクトです。

独自のカッティングが施されています。

外装は一枚革でぐるりと覆うデザイン。つなぎ目がないから、革の質感をダイレクトに感じることができる。小さくても所有欲が満たされますね。革のハリによって中央は膨らんでいます。使い込むことで、スリムになっていくはず。

それでは、開いてみましょう。

アイテムの出し入れ

ファスナートップは、外装と同じ皮革。

「SYRINX」のブランド名が型押しされた引手が付いています。この素材も外装と同じです。

ファスナーは、YKKの最高峰、エクセラ。立体感のある美しいフォルムです。

ペンを取り出すとき、ファスナーはここまで開ければOK。

この状態で、革を「めくる」と、

ペンが頭を出す。

そして、引き出すことができる。ゆえに、本作は《めくる》と名付けられているのでしょう。

これこそが、本作の面白いところです。

一般的なファスナータイプのペンケースだと、ファスナーが「コの字型」に付いている。いわゆるラウンドファスナータイプですね。ファスナーを全開にしないと、アイテムを出し入れすることはできないのです。

一方、MEKURUペンケースなら、最小限の所作でペンを出し入れできる。実に機能的です。

ファスナー全開にするとこんな感じ。机の上で、ペン置きとして使ったり、2本のペンを頻繁に出し入れするシチュエーションでは全開にしたほうが使いやすいですね。

革の床面がむき出しのデザインは、好みが分かれるかもしれません。が、これはスムーズにに「めくる」ことができるように、厚みを計算しているのかもしれません。

収納力

MEKURUペンケースに収納できるのはペン2本です。消しゴムも入りません。

たくさんのアイテムを収納することはできないため、クリップやのりなど、アレコレと収納したい人には、明らかに向かない。

収納力を犠牲にするからこそ、ミニマムなペンケースに仕上げることができるわけです。

私の場合、パソコンを使うことがほとんどなので、たくさんの文具は必要ないのです。持ち歩くのは、お気に入りの2本のみです。一般的なペンケースはあまりにも大きすぎる。そうお考えなら、MEKURUは最適だと思います。

携帯しやすい

サイズを、ペンケースと比べてみましょう。(ちなみに、比較対象のペンケースも一般的なものより小さめです)

長さが同じ、ペンケースでも。横幅は10mmほど短く。

厚みも1/2ほど。

コンパクトでスリムだから、カバンの中のサイドポケットなど、マチのないスペースにもすっきりと収納できます。ちょっとした移動なら、ポケットに突っ込んでも邪魔になりませんね。

冒頭で「大人のペンケース」と言ったのは、このミニマムなサイズから。

コンパクトであることは、ペンを大切にすることにも繋がります。スペースがないため、ペン同士が衝突することが減り、傷がつきにくい。

たくさんは持ち歩かない。大切なペンを、最小限のスペースで快適に持ち歩きたい。MEKURUペンケースは、そんなニーズに応えてくれます。

特徴

オイルレザー、アラスカを贅沢に使用

構造がシンプルなペンケースは、さまざまなメイカーからラインナップされています。

数ある革のペンケースの中でも、MEKURUペンケースが優れているのは、素材の良さ。上質な皮革を使っているところにあります。

本作の素材は、「アラスカ」。
イタリアのタンナー、ラ・ペルラ・アッズーラ(La Perla Azzurra])社の皮革です。

独特の表情が面白いですね。

おそらく下地はグレーっぽい色だと思うのですが、雪が薄っすらと積もったように濃淡が出ています。部位によって、この表情は微妙に違います。

なぞってみると、微細な凹凸があって面白い。

アラスカは、タンニンなめし、かつ染料仕上げの皮革だそう。つまり、エイジングを楽しむことができます。

シボのある白い表情が、雪が溶けるように変化していくのではないかと思います。(これは使い込んでみてから、後ほどご紹介できればと)

ラインナップ

素材は2種類。

ひとつは、ラ・ペルラ・アッズーラ社の、「アラスカ」。本ページでご紹介しているものです。カラーはGrafite。

もうひとつは、テンペスティ社の、「エルバマット」(画像は、公式サイトよりお借りしました)。アラスカと比べると、スムースな表情です。ちなみに、SYRINXの定番レザーはこちらみたいです。

エルバマットの財布をレビューしているので、質感はこちらをご参考に。

参考:SYRINX HITOE長財布のレビュー

どちらもイタリアのオイルレザーです。

カラーラインナップが豊富ですから、お気に入りがきっと見つかるはず。

あとがき

子供のころは誰しもが使っていたペンケース。
大人になると持ち歩かなくなるのは、「大人には大きすぎるから」が理由だと思うのです。

本作は収納力を犠牲にしているからこそコンパクト。誰にでもおすすめできる万能ペンケースではないのだけど、スタイリッシュに、快適に持ち歩けるペンケースをお探しなら、本作ほどハマる1品はなかなか無いはずです。

Twitter, Instagram

Twitter, Instagramもやっています。


func_walletさんをフォロー