男性にとって財布とは自己表現であり、趣味であるということ

pexels-photo-29642-large

財布の用途はシンプルです。
お金を払うためのアイテムをひとまとめにすること。
これが本質です。

しかし、これ以外にも財布の役割があります。

今回は財布が男性にとってどんなアイテムなのかを述べてみます。

  • 男性へ財布のプレゼントを考えている方
  • これから財布を買おうと思っている男性

財布好きな男性が、何故財布を好きなのかが分かるはず。
その理由がわかると、財布選びもグッと楽しみが増します。

スポンサーリンク

ビジネスの場で許されるファッション

people-office-group-team-large

働く男にとってファッションの制約はあまりにも多いもの。
髪型、ヒゲ、衣服、靴。
こういった要素は多くの職場でマニュアルがあり、自由が制限されます。

そういった中で許されるのが財布。
ビジネスの場で自由にチョイスできる数少ないアイテムです。

フォーマルとカジュアル。

この両方で使える遊び心ある財布。
そういった観点で探すとまた面白い財布に出会えるかもしれません。

私のオススメは、YUHAKUとALBERTEの財布
以下の特徴をもつ財布を得意としています。

  • ビジネスの場でも使える上質さ
  • ブランド独自の美しさ
  • 機能性

特にYUHAKUのベラトゥーラ束入れは、美しい色味。
一般的な長財布ですが、薄く、上質なため、スーツに最適な一品です。
参考:YUHAKUベラトゥーラ束入れのレビュー

多くの人に見られ、評価されるもの

pexels-photo-large

職場、デート、クライアントの接待。
様々なシーンで、男性は財布を見せることになります。

だれに見せても恥ずかしくない財布。
こういった要素が財布を選ぶときの要素になるわけです。
現に、マジックテープ付きの財布を使う成人男性はほとんどいないでしょう。

ルイ・ヴィトンや、ボッテガヴェネタを使う人もいれば、
自分の個性を大切にする人もいます。

革財布の良い所はブランドに依存しないこと。

例えブランドが財布の表情から読み取れなくても、味わい深く経年変化した財布は、多くの人から尊敬されます。
財布を大切に扱う人は、モノを大切に扱う人だと思われるからです。

キレイに磨かれたクツを履いている人が、良い印象を受けるのと似ています。

財布の面白いところはこういった点にもあるのです。
艶の出る経年変化を楽しみたいなら、ミネルバ・ボックス、ミネルバ・リスシオを使った財布がオススメ。

味わい深い変化は、財布の魅力をグッと引き立ててくれます。

好奇心をくすぐるもの

お金を持ち運ぶことだけを考えるとありきたりな財布を選びがち。
ですが、少し嗜好を変えてみると、面白い財布に出会えます。

今日、多くのブランドが特徴のある財布をリリースしています。
例えば、ミッレフォッリエや、小さい財布abrAsusなどですね。
世界中を探しても日本にしか無い財布です。

一般的な財布とは一線を画するフォルムと使い勝手。
いずれもが、財布の用途を考えて形にしたものです。

これらの財布は、実際に目にしないと、偉大さが分からないものです。
本当に必要としているものは、使ってみるまで分からないのです。

メカニカルなもの、こった作り。想像力を掻き立てられるもの。
機能を突き詰めた財布はこういった要素がふんだんに盛り込まれています。
男性は何歳になっても惹かれてしまうものです。

好奇心を求める人ならば、よりその傾向は高まるでしょう。

自分とともに育つもの

aging_tabaco1
丁寧に仕立てられた革財布は、大切にすれば5年は使えます。
その間、財布の色は大きく変わっていきます。

職種にもよると思いますが、5年という歳月は、人を1人前にします。

財布は、共に過ごし、使い手とともに育つものなのです。
毎日手にし、落とし、傷を付けながら、大切に使うアイテムなのです。

半年後には色味がかわり、1年後には使い手だけのアイテムになります。

そして気づくと、革の財布が好きになっているものです。

ずっと大切にしたいと思うもの

多くのアイテムは、使い続けると雑に扱うようになります。
例えばスマートフォン。
使い始めはとても丁寧に扱います。
画面に指紋が付いても気になる時期もあるでしょう。
でも、気づくとテキトウに放り投げたりしています。

財布は違います。
お金を管理するという役割ですから必然的に大切にするわけです。
また、自分なりの経年変化が見て取れるようになってくると、より一層愛着がわきます。

傷がついても、大切に扱うんですね。
しかも毎日持ち歩くものです。
だからこそ、プレゼントとして財布が喜ばれるのでしょう。

まとめ

ご紹介したことは、全ての男性に当てはまるとは限りません。

ですが、いくつかの要素は当てはまるものだと思います。

まぁ、こういった考えがあるんだなぁと思ってください。

事実、男友達にこの記事をみてもらうと、いくつも納得してもらえました。
一方、女性に読んでもらうとほとんど考えたことが無いとのことです。

たしかに、周りをみてみると、革財布を持っている女性は少ないものです。
男性だけのこだわりが詰まったものかもしれませんね。

男性に財布をプレゼントするときには、こういった視点で考えてみるとより気に入ってもらえるかもしれません。

スポンサーリンク