リュテス 名刺入れのレビュー。最高の技術で仕立てられた、美しくユニークなカードケースを解説

革工房リュテス(LUTÈCE)の名刺入れ『Regalo(レガロ)』をご紹介しましょう。

特徴は以下のとおり。

  • 2つの収納スペース
  • 名刺の出し入れがしやすい
  • 美しく、ユニークなカタチ
  • 丈夫で壊れにくい。長く使える
  • 美しいハンドステッチを堪能できる

本ページでは使い勝手、特徴、メリット・デメリットについて分かりやすく解説します。

リュテス 名刺入れを取扱いサイトで見てみる

スポンサーリンク

カタチ、構造

オーソドックスな名刺入れと同じくらいのサイズ感です。

素材はミネルバリスシオ(詳細は後述)。色はオリーバでオーダーしました。

サラッとしたスムースな質感と、丸みのあるフォルムが相まる。触っていて気持ちがいい。「手に収めたくなる」ワクワク感がある。

正面に切り込みがある。ここにフラップを差し込んで留める構造。

スッとフラップを抜き出す。

フラップを外すと、少し手前に倒れる。

手前のスペースに名刺を入れます。

フラップ側、奥のスペースにはスリット状のポケット。こちらにも収納できます。

使い勝手

結論から言うと、リュテスの名刺入れは使いやすい。素晴らしい製品です。

ポケット1

ここをポケット1と定義します。

前方に倒すことができる。

けど、倒れすぎない。90度で止まるんですよ。だから、名刺が落ちることはありません。

よく考えられています。ポケット1の革を、もう一つのポケットと縫い合わせることで、ポケット1が倒れきらないように留めているんです。美しさと機能を作り込まれた、優れたデザインです。

さて、名刺の出し入れについて解説しましょう。

比較のため、まずはオーソドックスな名刺入れの折マチ構造。サイズを小さくするため、名刺サイズギリギリに作られていることがある。また、マチが邪魔になって名刺を入れるときに引っかかることがある。

一方、リュテスの名刺入れ。収納スペースが大きく開いている。

さらに、マチの部分が屈曲せず、ストレートです。指で開くことなく、収納スペースが最初から開いている。

だから、名刺が入れやすい。

複数枚、まとめて名刺を入れるときもマチに引っかかることがなく、スムーズに収納できます。

収納枚数はMax40枚。少し余裕がある方がスムーズに取り出せる。30枚くらいが最も使いやすい。

ポケットの前面はストレートライン。

背面は凹むようにカーブしている。

見た目が美しいだけじゃない。背面側からも名刺を引き出しやすい。機能的です。

スポンサーリンク

ポケット2

マチががありません。収納できるのは1,2枚くらい。馴染めばもう少し入るかな。

コントラストのある配色で目立つ。いただいた名刺を収納する「特別なポケット」として使うと印象も良さそうです。

3辺が縫われているため、落ちることはありません。

挟んで収納する

中央に挟み込むこともできる。

フラップを留めると横にしても落ちません。

ただし、非推奨です。あくまでも収納しきれなかったときの予備としてですね。入っていることを忘れて開くと、名刺が落ちますから。

特徴

ミネルバリスシオの名刺入れ

リュテス定番の素材、ミネルバリスシオです。イタリアのタンナー、バダラッシカルロ社の代表的なオイルレザーです。

ミネルバは色が豊富です。今回は「オリーバ」をチョイス。オリーブオイルを濃くしたような色合いです。ミリタリーテイストがあるかなと思ったのですが、とても落ち着いた色味。珍しい色。「遊び」を求めるならオススメです。

ちなみに、赤も黄色とビビッドな色もある。

微細なシボが並びます。美しい。

サラリとした手触りが気持ち良い。凹凸は感じません。

2トーンを楽しめる

内側のポケットもミネルバです。本体カラーとは別の色が使われていて、コントラストが楽しめます。ちらりと見えるのがいいんですよ。

スポンサーリンク

色・ツヤが変化するエイジングを楽しめる

ミネルバはタンニンなめし、染料仕上げの革です。色は深まり、ツヤも増していきます。(ほか製品ですが、ミネルバです。)

サラリとした手触りも変化する。使っているうちに革の内部からオイルが出てきて、オイルコーティングされる。キュッとフィットする手触りになります。

スポンサーリンク

革だけで作られた、丈夫なつくり

革と糸だけで作られています。ホックもない。リペアが必要なパーツが少ないのです。

負担のかかるポイントは返し縫いがされているため、糸が切れが起こりにくい。

ミネルバは柔らかなイメージがありますが、本作ではハリ・コシがある。ある意味ミネルバらしくない、堅牢さを感じられます。

革を薄くして作った方が薄く、小さくできる。リュテスの名刺入れは薄くしすぎないことで、耐久性を高めているのでしょう。

どんな革製品でも修理はできる。でも、本作は修理がなるべく必要ないように作られています。

スポンサーリンク

美しく、機能的なフォルム

造形が美しい。

ミネルバのようにオイルを含む革を折り曲げるとシワができたり、色の濃淡が出てしまう。滑らかなカーブを作り出すのは、難しいはずです。リュテスの名刺入れは、なめらかな表情のままです。折ジワもない。

収納スペース(マチ)を作る方法はいくつかあるのだけど、本作ではミネルバの厚み、コシを活かして美しく見えるように仕立てられています。それでいて、前述した使い勝手の良さがある。素晴らしい名刺入れです。

仕上げ

床面の処理

内装の一部は革の裏面が見える。しかし、きれいに処理されています。ザラつきもなくスムースです。

手縫い

斜めに並ぶ、美しい糸目。ハンドステッチによる仕立てです。

光沢の少ないリネン糸。サラリとしたマットなルックスで、革を主役にしてくれます。

とにかく縫い目が美しい。

コバ

リュテスはコバの美しさも魅力です。本作でも健在。

一枚革のフラップ部分。角が落とされた、丸みのある美しいコバ。

革を張り合わせた部分も。

あらゆるコバが磨いて仕上げられています。いつか剥がれてしまう塗料ではなく、染料による磨き仕上げ。長く、美しく使えます。

捻引き

フチに引かれたラインを捻(ねん)といいます。

見た目を引き締めるだけじゃなく、コバを硬く、丈夫にしているんですね。

あとがき

「Regalo」とはイタリア語で「贈りもの」を意味します。その名のとおり、特別感のある逸品。色・ツヤの変化する美しい名刺入れをお探しなら、本作は極めて優れています。

リュテス 名刺入れを取扱いサイトで見てみる

SNS/YouTube

Twitter, Instagram, YouTubeも運営しています。フォロー、アンフォローお気軽に。


func_walletさんをフォロー

スポンサーリンク