BAHARIの名刺入れのレビュー。ガルーシャの美しさはビジネスシーンに映えるのか。

bahari-bus-card-holder-1

名刺交換は、ビジネスシーンにおいてもっとも大切なイベントの1つです。
そして、そこに添えるのが名刺入れ。ビジネスパートナーに見られることが多い、「顔」となるアイテムです。

さて、今回ご紹介するのは、BAHARIの名刺入れ。
ガルーシャ(エイの革)を使った、美しい1品です。

人と違うユニークなもの、美しいものをお探しなら、きっと気に入るはず。
ぜひ参考にしてみてください。

このページの目次

スポンサーリンク

使い勝手

一般的な名刺入れとくらべてみると、縦横のサイズは同じくらい。
少し高さがありますが、手にスッポリと収まるコンパクトなサイズ感です。
bahari-bus-card-holder-14

ガルーシャの表情は、微細な凹凸があって、手で触れるとツブ感が伝わてきます。
そして、その見た目とは裏腹に、ツルリとしたさわり心地が面白いところ。なんというか、触れていて気持ちが良い素材です。

さて、実際の使い勝手について、紐解いていきましょう。

本作は、見開き型の名刺入れです。つくりは、いたってオーソドックスですね。
bahari-bus-card-holder-3

サイドポケットは3段あります。
マチはないため、それぞれに1枚ずつとお考えください。
bahari-bus-card-holder-4

さらに下はスリットがあります。
こちらもマチはなく、1枚ほどの収納がベストでしょう。
bahari-bus-card-holder-9

ポケットの裏側は、さらりとした質感の生地(革ではありません)。
bahari-bus-card-holder-17

革と比べてしまうと、高級感は一歩劣りますが、軽く、スリムに仕上げるためのデザインですね。
革と生地とをつなぎ合わせた部分に、段差があるのは改善の余地ありといったところでしょうか。収納するときに、ひっかかりを感じることがあります。

続いて、メインコンパートメント。
たっぷりと入ります。
bahari-bus-card-holder-10

このポケットのつくりは、よく考えられています。
全方位が「通しマチ」で作られています。
名刺が少ないときは、スリムに。
bahari-bus-card-holder-6

多くなってくると、少しずつ拡張されるので、たくさんの名刺を収納することができます。
bahari-bus-card-holder-7

メインコンパートメントの上のポケとはマチがありません。
こちらは1枚ですね。
bahari-bus-card-holder-12

そして、背面にもポケットがあります。
アーチを描くようにあしらわれたポケットは、指を添えやすいデザイン。出し入れが容易で、使いやすいです。
bahari-bus-card-holder-5

さて、本作は名刺入れにカテゴライズされる1品です。
しかし、個人的には「カードケース」としての利用の方が多いです。というのも、使い勝手が良いから。

カードケースにはさまざまなタイプがあります。
しかし、コンパクトで、見開き型で、使いやすいもの。このすべてを満たすものはなかなかありません。

例えば、こちらは別のタイプのカードケース。
bahari-bus-card-holder-18

こういった、「カードをひとまとめ」にするタイプは、仕切りが少ないため、薄く、コンパクトで、携帯性に優れます。ところが、使いやすさでは劣ります。カードが見にくく、選別と取り出しに時間がかかるからです。

BAHARIの名刺入れは、複数のカードポケットがあって、バツグンに使いやすく感じます。カードケースとしても優れているのです。

BAHARIの名刺入れを公式サイトで見てみる

特徴

本作をセレクトする理由は、やはりその美しい表情にあるのではないでしょうか。

ガルーシャの表面を、丁寧にポリッシュした表面は、微細な凹凸を残しつつも美しい仕上がり。
bahari-bus-card-holder-13

光を受けると、コロコロを表情を変える魅力があります。
bahari-bus-card-holder-15
bahari-bus-card-holder-16

明るい部屋も、暗いシーンでも、その表情は、輝いてみえます。

あえていうなら、目立ちすぎるかもしれません。
ガルーシャに限らず、エキゾチックレザーの魅力は、 素材のダイナミズムそのもの。身近にない動物のスキンを活かした素材ですから、一般的なスムースレザーに比べ、人の目を惹くことは間違いありません。

たとえば、銀行員さんなど、フォーマルさが大切となるご職業であれば、本作はなかなか難しいかもしれません(もちろん、私のようにオフのときにカードケースとして使うのであれば、まったく問題ないでしょう)。

クリエイターやエンジニアなど、ある程度のカジュアルさが許されるご職業であれば、十分使えるはずです。

あとがき

本作は、ガルーシャの美しい表情を存分に活かした名刺入れ。
ガルーシャは硬くて丈夫な皮革です。それゆえに、皮切り包丁でのカッティングが難しく、仕立てることができる職人がほとんどいません。

素材自体が希少ですし、職人も少ないためなかなか目にすることがないアイテムです。まず人と被ることはないでしょうから、「人と違った名刺入れ」をお探しなら、検討いただきたい一品です。

BAHARIの名刺入れを公式サイトで見てみる