財布マニア厳選!2017年もっとも使った財布

yuhaku-cordvan-1

11/22入荷。売り切れが続いていたYUHAKUのコードバンラウンドファスナーが再販されました。美しさと気品を備えた1品です。ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

今年も残り2ヶ月を切りましたね。

本日は、2017年を振り返ってみて、私の財布コレクションの中で「よく利用した財布」を紹介したいと思います。

もう少しでクリスマスや、新年ですね。新しい財布に買い換えるご予定があれば、ぜひ参考にしてみてください。革マニアの私が自信をもってオススメできる一品です。

スポンサーリンク

ご紹介する財布について

私が「使いたい」と思う財布には、いくつかの特徴があります。

たとえば、こんな感じ。

  • 上質で、所有欲が満たされるもの
  • 手ぶらで出かけたいときに、もっとも気軽になれるもの
  • 利用シーンで美しく映えるもの
  • 旅先で便利に使えるもの
  • ビジネスシーンやデートで、ネタになるもの

このすべてを満足する財布は存在しないため、シーンに合わせて財布を使い分けています。使いやすくて、心地よいからですね。

2017年もいろいろな財布を使ってきました。
そこで本ページでは、一年を振り返ってみて、よく使った財布をピックアップします。

人によってニーズが違うはず。「利用回数ランキング」を紹介しても、役に立たないでしょう。そこで本ページでは、「財布の特徴」を切り口に、紹介していきます。

あらゆる空間で映える、美しい財布

YUHAKU コードバン束入れ

YUHAKUの真髄は、ユニークな色彩。これに尽きます。

素材や染色が異なる、いくつかのシリーズをラインナップしていて、そのどれもが美しい仕上がり。透明感とグラデーションが見事で、あらゆる空間で映えます。

そして、私のYUHAKUコレクションの中でも、今年もっとも出番が多かったのはコードバンシリーズの一品。「コードバン ラウンドファスナー束入れ」です。

コードバンは、景色を映すほどにスムースな、大変美しい皮革です。

たくさんの革工房が、コードバンの財布をラインナップしていますが、コードバンをそのまま素材として使うため、あくまでも単色です(これはこれで、ラギットな美しさがありますが)。

一方、YUHAKUのコードバンでは、淡いグラデーションを楽しむことができます。コードバンにYUHAKU独自の染色を施すことで、他では味わえない美しい色合いに仕上げているからです。
yuhaku-cordvan-2

財布の内装は、暗いカラーの革。これも嬉しいポイント。汚れが目立たず、ずっと美しい見た目のままです(黒ずみが目立たない)。

YUHAKUのコードバン財布は、20代後半〜30代に受けの良いアイテムです。
高級感がずば抜けているため(実際、高価なのですが・・・)、男女問わずに評判が良いように感じました。

なお、カラーバリエーションも豊富で、どれも落ち着いた色合いのため、ビジネスシーンにも十分使えます。

人と被らないコードバンを楽しみたいなら、YUHAKUのコードバンシリーズに代わるものはありません。

参考:YUHAKUコードバン束入れのレビュー

コードヴァン ラウンドファスナー束入れを公式サイトで見てみる

小さくて、使いやすいものをお探しの方へ

カルトラーレ ハンモックウォレットコンパクト

カバンを持ちたくない、手ぶらででかけたいシーンにふさわしいのが「小さい財布」です。

「小さい財布」は、財布の機能を、ギュッとコンパクトに詰め込んだアイデアの集合。とても気に入っているカテゴリの財布です。

そういった小さい財布をいくつか持っているのですが、今年もっとも愛用したのが、革工房カルトラーレの「ハンモックウォレットコンパクト」です。

なぜ、本作なのか?
答えは実にシンプルです。小さくて、とても使いやすいからです。

財布にはさまざまなカタチがあって、完璧なものは存在しません。
たとえば、「小さい財布」には気軽さ、身軽さといったメリットがあります。一方、たくさん入らない、使いにくいといったデメリットがあるんですね。

そして、カルトラーレの本作は、小さい財布の「使いにくさ」を解決した一品。ハンモックのように広がるコインポケットによって、コインが見やすく取り出しやすいのです。(しかも、他の「小さい財布」に比べて、たくさん収納できる)。

型押しレザーのエレガントな表情も特徴ですね。小さくても高級感があります。

ビジネスシーンに添えても違和感がありません。ジャケットを着るようなパーティシーンでも邪魔になりません。

参考:ハンモックウォレットコンパクトのレビュー

ハンモックウォレット コンパクトを公式サイトで見てみる

革のカタマリ感、無骨さを味わいたい方へ

WILDSANS パーム

WILDSWANSのアイテムは、流麗なフォルム、コバの美しさ、そしてボリューム感が特徴です。

いくつか所有していますが、中でも頻度が高かったのはパーム。WILDSWANSの財布の中では比較的コンパクトで、普段使いにちょうど良い一品です。

一万円札の出し入れがしにくい、カード収納が6枚ほどと、「すべての人を満足させてくれる財布」ではないのですが、立体的なプロポーションが大変美しく、机に置いておくだけで映えること。また、ギラリと変化するエイジングが楽しみなこともあって、所有する満足感が高い一品です。長く使ってあげたくなる財布なのです。

あまりにも好きすぎて、いくつか所有しているほどです。

ちなみに、WILDSWANSの財布は10年使える丈夫なつくりに定評があります。
銀座や京都の店舗では、エイジングサポートや修理を受けることができます。1つの革製品を長く使いたい方におすすめです。

難点は、手に入りにくいこと。小さな工房のため、つねに在庫不足。(新宿 高島屋にも、ほとんど入ってこないとのこと)。欲しいアイテムに、在庫があればラッキーです。

参考:パームのレビュー

パームを公式取扱サイト見てみる

あとがき

年末になると、あちこちのブログで「今年買ってよかったものXX選」がアップされますね。個人ブログの面白さがあって、毎年楽しみにしています。

さて、本ページでは、そういった内容にはしませんでした。
なぜなら、今年も10以上の財布を買い、それらをすべてご紹介しても仕方ないと思ったからです(どの財布もメリット・デメリットがありました)。

財布という道具は、アパレルや家電のように、毎年リニューアルされるものではありません。10年前に発売された財布が、今日でも売られているのは、間違いのない定番品だからです。
「今年買ってよかった財布」に、それほど価値はないのです。

ということで、「今年よく使った財布」を紹介してみました。
みなさんのライフスタイルに合うものがあれば幸いです。

最後に御礼を。
本年も、たくさんの革工房からエッジの効いた財布が発表されました。それを手に取り、使うことが楽しみで、今年も本サイトを運営することができました。ありがとうございます。

また、いつも見てくださっている読者さまにも感謝を申し上げます。
ときおり、感謝のご連絡をいただくのですが、弊サイトを続けるモチベーションになっています。ありがとうございます。

来年も、革マニア・財布マニアの視点で、実直に、鋭く、財布を紹介していきます。どうぞよろしくお願いします。

スポンサーリンク