財布の形による特徴のまとめ。カタチ別にメリット、デメリットを徹底比較【完全版】

財布の形による機能の違い

財布の用途はとてもシンプル、「お金を安全に運び、お会計すること」、これに尽きます。

ところが、その形はさまざまです。

日本には、ユニークな形の財布がたくさんあって、財布選びの幅が広がっています。
二つ折りか?長財布か?といった二択ではなく、その形は多岐にわたるんですね。

選ぶ楽しみがあるとも言えますが、正直、たくさんありすぎて選び方が分からない人も多いはずです。

そこで今回は、財布の形ごとに、その特徴、メリット・デメリットを紹介します。
あなたにピタリとハマる、財布の形を見つけましょう。

ちなみに、本ページにおける「財布」とは、お札、小銭、カードを収納できるものです。
(マネークリップや小銭入れは含めていません)

スポンサーリンク

財布の形による特徴の違い

財布にはたくさんの形があります。

ざっと分類すると、大体こんな感じですね。

それぞれ違った特徴があるのですが、カンタンに分けるとこんな感じです。

財布の形による機能の違い

ムズカシイ絵を見せてスミマセン……。解説は後半でしていきます。
ここでお伝えしたいことは1つだけ。財布の形には「一長一短」があるということです。
(すべての人に最適な、完璧な財布は無いのです。)

例えば、身軽に手ぶらで出かけたいなら、極小財布が最適です。ところが、たくさんのお金は持ち歩けないんですね。


次からは、この図でカテゴライズした、財布の形ごとに特徴を紹介していきます。

前ポケットに入る。極小財布

abrasus小さい財布のカラー

小さい財布abrAsusをはじめとする、世界最小クラスの「小さな財布」です。

コンパクトをとことん追求した財布で、ジーンズの前ポケットでも快適です。

これ以上小さい財布となると、サランラップでくるりと包んだものになってしまうでしょう。でもそれって財布としては使い物になりません。つまり、このサイズが紛れも無く、世界一小さくて、「使える財布」なんですね。

特徴は小さいことだけではありません。
小さなボディになるべくたくさんのアイテムを収納でき、かつ使いやすいように工夫されています。まさに機能美。日本のお家芸といえる小型化をカタチにしたもので、日本でしか手に入らない逸品ばかりです。
小さい財布。横から見た図

メリット

バツグンの携帯性が一番の魅力です。ポケットの中だけでなく、カバンの中にいれても邪魔にならないサイズです。これよりも快適に持ち歩ける財布はありません。

クレジットカードやSuica、apple Payなど、「現金を使わないお会計」をするシーンが増えてきましたね。そういった支払いが多いなら、たくさんのお金を持ち歩かなくてはいけない理由は、ほとんど無いはずです。

モノを持たない快適さを実感できる、もっともモダンな財布と言えます。

デメリット

アイテムをたくさん収納することができません。
お札10枚、コイン15枚、カード5枚が平均的な収納です。

また、あまりにも小さいため、財布の扱いが慎重になります。
例えば、小銭入れの口が小さいです。
小さい財布abrasus 小銭入れ

長財布のように入り口が大きくないため、てきとうに放り込むといった扱いができません。こういった点では、大きな財布の方が使いやすいと感じるはずです。


参考:極小の財布はこちらでまとめて紹介しています。

日本一小さい財布のまとめ。コンパクトを追求した財布を徹底比較。2017年最新版
登山などのアウトドア、バーベキュー、コンビニでのちょっとした買物。 こういった…

コンパクト財布

YUHAKU フォスキーアコンパクトウォレット カラーパターン

「極小の財布」と比べ、5mm〜10mmほど大きくなりますが、それでも十分にコンパクトな財布。大きくなったことで得られるのは、携帯性と使いやすさのバランスです。

このサイズの財布の多くは、お札を3つ折りにする構造にすることで、二つ折り財布よりも小さいサイズを実現しています。自然には閉まりませんから、ホックなどで留める作りのものがほとんどです。

メリット

「極小の財布」と比べて、少しだけ使い勝手がよくなるものが多いです。
また、革製の場合は見た目の向上も期待できます。面積が大きくなる分、上質な革であれば、高級感をより演出できます。

デメリット

極小財布と同様、たくさんの収納には向いていません。
メジャーとはいえない形は、知らない人からすると財布には見られないでしょう。
(人と違うものを持ちたい人にとっては、メリットとも言えます)

選ぶ時のポイント

この財布に興味がある方は、ポケットに入るサイズ感を重視しているはずです。長く使える、丈夫なものを選びましょう。

ポイントは2つあります。

  1. コバの処理がされていること(ポケットにスレても長持ち)
  2. ハリのある革でできていること(財布が型崩れしない)

小さくて機能性の高い財布は、こちらをご覧ください。使い勝手も考えられた名品だけをピックアップしています。

小さくて機能性の高い財布のまとめ。2017最新版
財布の中でも、とりわけ「小さい財布」が好きです。 小さなボディに、たくさんのア…

二つ折り財布

二つ折り財布

二つ折り財布は、昔から親しまれてきた伝統的な財布の形です。
ほぼ全てのブランドが、二つ折り財布をラインナップしていますから、もっともバリエーションが豊富な財布のカタチと言えます。

メリット

ポケットに収納できるコンパクトさ。
大きすぎず、小さすぎずのサイズは、片手でしっかりとつかめます。

財布を留めるもの(ファスナーやボタン)が無いため、財布を開くだけで中のアイテムが使えます。コンパクトなボディと相まって、取り回しがしやすいんですね。

また、財布のつくりがもっともシンプルです。部品、革の量が少なく、仕立てにかかる時間も短いことから、長財布よりも安価なプライスで販売されています。

デメリット

悪くいうと平均的な財布。特徴が無くどっちつかずとも取れます。
今日では、もっと持ち歩きに便利な小さな財布がありますし、長財布の方がたくさん詰め込めるわけです。

また、アイテムの出し入れについては、長財布に一步及びません。
財布の面積が長財布の半分ですから、を収納する面積も半減するんですね。その分、使い勝手が落ちます。(ただし、カード5枚程度、3万円程度のお札しか持ち歩かないなら、これは気にする必要はないでしょう。)

また、たくさんのお札を収納すると、ぶ厚くなります。
二つに折るという構造上仕方がないのですが、お札が元の真っ直ぐなカタチに戻ろうとするため、厚みが生まれてしまいます。たくさん入れ過ぎると、財布を折りたたむことができなくなります。banknote-1396351_960_720

極端な話、30枚のお札を収納できる二つ折り財布は存在しません。(無理やりなら閉じることができるでしょうが、決してキレイな形ではないでしょう)

また、メリットの裏返しになりますが、ヒップポケットに入れて使っていると必ず型崩れが起きます。特に財布の端は薄いため、徐々に丸みを帯び、くたびれたようになってしまいます。
長く愛用したいなら、なるべくポケットに入れず、カバンに入れることをオススメします。

日本の上質な二つ折り財布のまとめ。間違いの無い選び方と、大人にふさわしいブランドの紹介
二つ折り財布は、30年以上ずっと愛用されている伝統的な財布です。 財布の定…

長財布(共通)

長財布といっても、さまざまなカタチに分かれます。
まずは長財布に共通する特徴を押さえてみましょう。

お札を折らずに収納できる

お札を折りたくないなら、長財布以外の選択肢はありません。
これは趣味嗜好によるものですから、皆さんのお好みでセレクトしてください。

コインポケットが広い

財布の半面がコインポケットになっています。
そのため二つ折りに比べて、収納スペースが広いのが特徴です。
WT-058 コインポケット

つまり、コインがたくさん入り、探しやすく、取り出しやすいんですね。
「コインを取り出すのが面倒だから、千円札を出す」といったことが減るので、小銭入れが膨らみにくいのも嬉しいポイントでしょう。

さて、コインポケットの構造は、財布によってさまざまです。
使いやすさに繋がるポイントですから、財布を選ぶときはチェックしてください。

代表的なものを挙げますので、それぞれの特徴をみてみましょう。
オススメはマチがあるタイプのコインポケットです。

片マチタイプ

コインポケットの片端に折り込みがあり、その部分が開くタイプです。
薄さと、縫製の美しさのバランスを採用した作りですね。
最もメジャーなタイプで、多くの財布で見受けられます。

写真はYUHAKUのベラトゥーラの束入れ。
美しさと使い勝手のバランスが取れた作りです。
YUHAKU 束入れ コインポケット

両マチタイプ

両端にマチがあるフルオープンタイプです。
ガバッと開くため、視認性・取り出しやすさともにダントツ。使いやすさを求める方にオススメのタイプです。

両マチタイプのコインポケットを採用している財布は、あまり目にしません。

写真はsafujiのミニ長財布ガイド納富モデルです。
ミニ長財布 小銭入れ

マチ無しタイプ

折り込みが一切ないタイプです。

薄さと縫製の少なさを追求した財布に見受けられるタイプですね。
使い勝手は前述のコインポケットに比べると格段に落ちます。
FRUH 薄い長財布 小銭入れ

コインは財布に入れない。もしくは少しだけ、と割り切れる方には問題ないでしょう。
個人的には、このタイプの財布をセレクトするくらいなら、「束入れ(小銭入れの付いていない長財布)」をおすすめします。

カードが見やすい

マルティーニ・オーモンドウォレット カードポケット1

財布の半面(または両面)に、ズラリとカードポケットが並ぶつくりは、長財布だからこそ。

その分、視認性・使い勝手が良いんですね。カードが多く、使い分けたい人には嬉しい特徴です。

所有する満足度が高い

財布の面積が広いため、素材が映えます。
使われている革が上質なほどよく見えますね。同じ素材であれば、二つ折りよりも所有する喜びは大きいでしょう。
YUHAKUコードバン束入れ 色合い

また、革の触り心地が好きな人にとっては、より広い範囲でそれを楽しめます。

寿命について

二つ折りと比べて、長財布の方が長持ちするという情報を目にしたことはあるかもしれません。

これは間違いです。正確には、「大切にすると寿命は同じ」です。

一般的に二つ折り財布は、ヒップポケットに入れられる事が多いもの。対して、長財布はカバンに入れることが多いものです。そのため、長財布の方が長持ちするという意見を多くみることになるのです。

結局のところ、二つ折りもポケットに入れなければ長財布と同じように長持ちします。

デメリット

二つ折りと比べると、大きくて、かさばる。といったところでしょうか。

このため、ヒップポケットに入れるのが難しい財布ばかりです。
無理に入れることはできますが、バイカーズウォレットでもないかぎり、見た目がよろしくありません。また、盗難や落下といったことも心配ですよね。

こういった理由から、胸ポケットやカバンに入れての持ち運びが最適です。

別の言い方をすると、携帯性が低いということです。この点においては、他タイプの財布に負けています。手ぶらで出かけたい人には長財布はオススメできません。


以上が、長財布に共通する特徴です。

長財布はいくつかの形に分かれますので、それぞれ見ていきましょう。

  • かぶせ蓋
  • L字ファスナー
  • ラウンドファスナー

長財布(かぶせ蓋タイプ)

YUHAKU 束入れ 内装

パタンと閉じるだけのシンプルな構造のものです。伝統的な財布の形ですね。

他の2種類と比べると、ファスナーなどのパーツが少ない分、シンプルなデザインです。
長方形のカッチリとしたプロポーションからは、「実直」、「正直」、「端正」といった印象を受けます。スーツに合わせるなら、このカタチがNo1です。

良い革を使ったものほど、素材の良さが映える財布と言っていいでしょう(ラウンドファスナーは、ファスナーに目が行きますが、かぶせ蓋は「革だけ」が、目に入るからです)。

かぶせ蓋タイプは、薄く、シンプルな財布が欲しい人にオススメのタイプです。

メリット

二つ折りと比べると薄いものが多く、スーツの内ポケットで快適に持ち歩けます。

留めるためのパーツが無いため、財布を開くのが最もカンタンです。
大きなボディの割に、最小限の所作で取り扱えるため、大らかさと余裕を演出してくれます。

また、財布を開けば、すぐにお札やカードを使えるのもメリットの1つ。
お金やカードが多い人なら、かぶせ蓋タイプがもっとも使いやすいはずです。さらにスリムなものが多く、携帯性に優れた長財布といえるでしょう。

デメリット

長いため、ヒップポケットに収めるのには向いていません。
ジャケットの内ポケット、またはカバンと一緒に持ち歩ことになります。手ぶら派には向いていない形といえます。

また、カバンに乱雑に入れた時や、地面に落としたときに財布が開いてしまいます。


参考:日本の熟練職人が手掛ける、かぶせ蓋タイプの長財布をまとめています。

日本製のシンプルな長財布のまとめ。日本の職人技術が光る、かぶせ蓋タイプの長財布はこの記事から
シンプルで上質な長財布が欲しい。 そう思っていざ探しはじめると、ブラン…

長財布 L字ファスナータイプ

ayameL2

L字ファスナーは、最近人気が出てきた財布。誕生から10年も経っておらず、比較的新しい財布の形です。

名前のとおりL字に配置されたファスナーによって、開け閉めする作りになっています(財布の片端にファスナーがありません)。

ラウンドファスナータイプの弱点を補うような特徴を持っています。
ファスナーで閉じる安心感と、薄さを求める方にオススメです。

メリット

ファスナーで閉じるため、中身が飛び散らない安心感があります。

また、ラウンドファスナーと比べて、ファスナーコーナーが1つ少ないため、開け閉めが楽というのも嬉しいポイントでしょう。(ラウンドファスナーは2つのコーナーがあります。財布、もしくは自分の手の方向を変えなくては開閉できません。)

ファスナーでしっかりと閉じる作りのため、中のつくりがブランドによって異なるのも面白いところ。スリムなものから、収納を重視したもの(少し厚みがある)まで、幅広くラインナップされています。

スリムタイプ

片端を縫い合わせてマチを無くし、内装をシンプルにすることで薄さを優先したタイプ(方マチタイプといったりします)。

ラウンドファスナータイプの厚みを改善したタイプですね。

L字ファスナーの薄さ
アヤメアンティーコ L字ファスナー

スリムさを重視したモデルでも、二つ折り以上の収納力があり、他の長財布よりもスリムです。

ラウンドファスナーに比べて、薄くて、小さくて、軽いといったメリットがあります。ただし、容量は、ラウンドファスナーに劣ります。

収納重視タイプ

内部の仕切りを多くすることで、収納増やした例がこちら。
(マチを広く取って、ラウンドファスナータイプ同等の収納量を持たせたタイプといえます)

たくさんのお金やカードを持ち歩きたい場合はこちらをオススメします。
102346_db36

デメリット

あえて言うなら、形が気に入らない人がいるかもしれません。
片端にはファスナーが無いため、非対称の形です。それが気に入らないという人も中にはいるでしょう。

まだ新しいタイプのため、L字ファスナータイプを販売していないブランドもあります。選ぶ自由度が低いのもデメリットでしょうか。


参考:日本製の上質なL字ファスナー財布のみをまとめています。

スリムでしっかり入る!日本の上質なL字ファスナー財布のまとめ
L字ファスナーの財布は、ここ数年で人気が出てきたアイテムです。 ラウンドファス…

長財布(ラウンドファスナー)

09211158_55ff724864b92

コの字型に配置されたファスナーが特徴の財布です。
2000年代は、主に女性が使うものとのイメージがありましたが、2010年以降は男性にも人気になっています。

たくさんのお金やカードを収納したい。そんな人に向いているのがラウンドファスナータイプです。

メリット

あらゆる財布の形の中で、もっとも収納力があるタイプ。
カードが多くなりがちな女性に支持されてきたのはこの収納力があったからこそです。
たくさんのコインや紙幣を詰め込んでもファスナーで閉じこめるため、多少の無理が効きます。

しっかりとファスナーで留められているため、財布がひっくり返っても中身が飛び出すことが無いため安心感もダントツです。

あらゆる財布の中で、もっとも大きなカタチ。だからこそ、その重厚感はトップクラス。上質な革で仕立てられた財布であれば、高級感はダントツです。最も所有欲を満たしてくれる形ともいえるでしょう。
dsc05005

デメリット

ファスナーのデメリットは、スペースを取ること。
ファスナーでぐるりと覆うデザインのため、それが厚みになってしまいます。

もともと、カードをたくさん持ち歩けるようにデザインされた財布ですから、大きく、分厚いデザインのものが多く、手ぶらでの携帯は難しいです。

厚みが25mmを超えているものが多く、スーツの内ポケットへの収まりも他の長財布に劣ります。ですから、スーツの内ポケットに入れたい男性にはオススメしにくいカタチです。
入れられないことはありませんが、重たいですし胸がはった状態になります。せっかくのスーツスタイルが台無しです。スーツのポケットに入れるなら、25mm以下。出来れば22mm以下のものをセレクトしましょう。

また、財布を使うときには、ファスナーを動かさくてはいけません(コーナーが二つあるため、財布を動かすか手首を動かす必要があります)。
dsc05019

繰り返しになりますが、ファスナーでお金を守る安心感はトップクラスです。
安心感と使いやすさはトレードオフなのです。


参考:日本人がデザインしたラウンドファスナー財布をまとめました。

日本の上質なラウンドファスナー財布 29選。間違いのない選び方や、メリット・デメリットを紹介
ラウンドファスナー財布の魅力は、たくさんのお金やカードを安心して持ち歩けること。…

その他のタイプ

エムピウのミッレフォッリエのように一般的な財布とは異なるタイプの財布です。これらの財布は、二つ折りや長財布のデメリットを解決するために生まれました。
ミッレフォッリエ カード1

形や使い方が独特なため、最初は戸惑うかもしれません。ただ、不思議なことに、使いはじめると自然と慣れていきます。

こちらでまとめています。
気になる方はざっと眺めてみてください。どれも革新的な財布ばかりですから、財布好きなら楽しんでいただけると思います。

使いやすい財布のまとめ。「財布の使いやすさ」のポイントを徹底紹介【2017年版】
財布を使うシーンや、求める機能によって、財布の使いやすさは違います。 本記事では、シーンに合った使いやすい財布をご紹介します。

あとがき

財布の形による、特徴をつかんでいただけたでしょうか。

これほどまでに多くの種類があるのは、日本のお会計システムが複雑だからです。

お会計のときに使うのは、ポイントカード、クーポン、お札、コイン。
これほど多くのアイテムを使うからこそ、財布も多様に進化したのかもしれません。
(海外に行ったときは、財布を見て回るのですが、財布のバリエーションの豊富さでは、日本がダントツです。)

結局、どのタイプが良いのでしょうか?

その答えは、「使い手の、使うシーンによって変わる」ということです。
それぞれカタチの特徴を知って、みなさんのスタイルに合う財布をセレクトしましょう。きっと長く愛用できるはずです。

これから財布を買う人は、楽しみながら選んでください。
財布選びの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク