日本の上質な名刺入れのまとめ。人と被らない、ユニークなデザインの逸品を紹介

cento2_02

名刺入れの役割はシンプルですから、どうしてもありきたりなものをセレクトしてしまいがちです。
さまざまなブランドが販売していますが、どれも似たり寄ったりで面白みに欠けるものばかりですよね。

そこで、本ページでは、日本の上質な名刺入れだけをピックアップしてご紹介します。
以下を切り口に、間違いの無いものを厳選しました。

  • 機能美に優れたもの
  • 美しい色合い
  • 美しい表情

人と違うユニークな名刺入れをお探しの方は、ぜひ参考にしてみてください

スポンサーリンク

名刺入れの選び方について

ビジネスシーンに添えるアイテムですから、間違いの無いものをセレクトしたいですよね。

まずは、長く愛用できる名刺入れを見分けるポイントをご紹介します。

シーンに合うものをセレクトする

まず、一番大切なことを最初にご紹介します。

名刺入れは、自分のためのものではありません。
自分の名刺だけでなく、お相手の名刺を大切にしまうための道具です。
机の上に名刺入れを置いて、商談を進めることもありますから、「人に見られるアイテム」ということを押さえておきましょう。

大切なビジネスシーンに添えるものと、ショップに置いておくものとでは、名刺入れに求めることも違うはずです。

カッチリとした仕事なら、実直、誠実、力強さなどを伝えたいでしょう。
一方、カジュアルが許されたお仕事なら、暖かさや優しさ、華やかさといった印象を与えたいはずです。

まずは、どういったシーンで使う名刺入れなのかをハッキリさせましょう。

機能でセレクトする

機能は名刺入れによって違います。

もっとも大きなところでいうと、名刺を入れるポケットの数と、位置でしょうか。

3ポケット以上あるなら、こんな使い分けができます。

  • 自分の名刺
  • お相手の名刺
  • よくお会いするお相手の名刺

私のおすすめは2ポケット以上ある名刺入れです。
少なくとも、自分とお相手の名刺は分けて入れられないと不便に思うはずです。

45014405-04_2b

お気に入りの革からセレクトする

多くの名刺入れは革でできています。

で、この革が、名刺入れの表情を決める大事なポイントです。

革の表情は、マットなものから、シボが施されたもの。
コードバンのように、最初はマットでも、使い込むことでギラリとした光沢を身にまとうものなど幅広くあります。

エイジングを含めて楽しめるアイテムなんですね。

お気に入りのカラーからセレクトする

ビジネスならブラックかブラウンあたりが一般的ですし、間違いありません。

デザインやカフェなどのお仕事であれば、お相手の目を惹く、少しポップなものをセレクトしても面白いと思います。

オススメできない名刺入れ

個人的には、薄い色のヌメ革が使われた名刺入れはおすすめしません。

45014019-03_1b

名刺のインクだったり、使い込むことで、どうしても汚れが目立つからです。

ヌメ革は劇的にエイジングが進むので、好きな方もいらっしゃると思います。
ただ、見た人すべてが心地よく感じるとは言えません。繰り返して恐縮ですが、名刺入れは自分のためのものではありません。
相手に好意的に見てもらえるものをセレクトするのが一番だと思います。

日本の名刺入れのまとめ

YUHAKU ベラトゥーラ名刺入れ

ベラトゥーラ名刺入れ

ポケット 3
サイズ W108×H64×D14mm
素材 イタリア産ベビーカーフ×キップ
カラー Blue/ Wine/ Purple/ DarkBrown

日本の革工房、YUHAKUの特徴は、独特の色使いにあります。
YUHAKUのカラリストが染料を重ねて生み出したグラデーションは、YUHAKUのアイテムの醍醐味です。

奥行きのある透明感と、繊細に混ざり合う色のハーモニーを楽しめる名刺入れは本作だけです。個人的には、日本一美しい色合いの名刺入れだと思います。

機能的にも優れています。
背面にもカードポケットを備えているので、名刺以外も収納可能です。

YUHAKUは本作以外にもブライドルレザー、クロコダイルを使った名刺入れをラインナップしています。
どれもYUHAKUの美しい染色が施された逸品ですから、色で勝負したい方にオススメのブランドです。

ベラトゥーラ名刺入れを見てみる

BAHARI ガルーシャ名刺入れ

DSC04748

ポケット 6
サイズ W106×H74×D20mm
素材 イタリア産ベビーカーフ×キップ
カラー Blue/ Wine/ Purple/ DarkBrown

ガルーシャ(エイの革)を使った珍しい逸品です。

敷き詰められた一つひとつのビーズが粒立っていますから、光を取り込んでさまざまな表情を見せてくれます。

その表面はカッチリとした感触で、サラリとしています。
一般的な革のような柔らかな感じではありません。どちらかというと、鉱物に近い硬さを感じます。にも関わらず、革全体としては、しなやかさがある、不思議な素材です。

この硬さのおかげで、まったくキズが付かないのも嬉しいポイントです。

BAHARIの代表に聞いたところ、エイジングには年単位の時間がかかるとのことです。逆にいうと新品の美しさを長く楽しめる素材だといえます。

本作はガルーシャの特徴だけではなく、機能性もバツグンです。複数のポケットが備わっているので、使い分けの点でも優れています。
DSC04740-2

シンプルなものもから、美しいデザインが施されたものまでラインナップが豊富ですから、きっとお気に入りが見つかるはずです。

大変珍しいお品ですから、人と被ることはまずないでしょう。
ユニークな名刺入れが欲しい方におすすめです。

BAHARIの名刺入れを見てみる

キプリス 極2

cypris

ポケット 5
サイズ W110×H75×D15mm
素材 ボックスカーフ
カラー ブラック/ チョコ/ グリーン

ビジネスシーンに添える、オーソドックスなアイテムを探すなら、キプリスがNo1でしょう。
例えば名刺入れだけで、30種類以上あります。

中でもボックスカーフを使った名刺入れがおすすめ。
単色で仕上げたボデイに、ボックスカーフのきめ細やかな表情が映える、美しい名刺入れです。

ポケットも5つと、機能性も十分です。

キプリスは、革の種類もほぼすべてを網羅していますから、お気に入りの革からセレクトすることもできます。
安価なものから、最高級のコレクションラインまで幅広くあります。予算からプレゼントするのにもおすすめです。

キプリス 極2を見てみる

ココマイスター マルティーニ名刺入れ

45014405-05_4b

ポケット 3
サイズ W109×H76×D15mm
素材 ミネルバボックス
カラー ブラック/ ブランデー/ ビターチョコ/ リモンチェ/ ダークネイビー

イタリアの老舗タンナー、バダラッシカルロ社の代表作、ミネルバボックスを使った名刺入れです。
緻密なシボによって、美しい表情と、やさしい手触りを楽しめる逸品です。

ミネルバボックスの魅力の1つが、グングンと進むエイジングです。
たっぷりとオイルを含んでいるので、使うほどにツヤが生まれてきます。この変化が劇的に早く、わずか数ヶ月で色やツヤがハッキリと変化していきます。エイジングも楽しみたいという方にオススメの名刺入れです。

特に彩度の高い「リモンチェ」は色がかなり濃くなっていきます。
ツヤを楽しみたい方は暗色のカラーを、色の変化も楽しみたい方は淡色の「リモンチェ」をセレクトすると良いでしょう。

ちなみに、シボの無い革、ミネルバリスシオを使った「マットーネ名刺入れ」もラインナップされています。
ただ、私のおすすめは、やはり「マルティーニ」です。内装も含めミネルバボックスが使われているからです。(「マットーネ」をおすすめしない理由はヌメ革が使われていること。汚れが目立つようになるからです。)

マルティーニ名刺入れを見てみる

エムピウ チェント2

cento2_02

ポケット 2
サイズ W110×H70×D20mm
素材 ミネルバリスシオ
カラー コニャック/ ナポリ/ オルテンシア/ グリージオ/ ブラック

エムピウは機能的なアイテムばかりをラインナップする日本の革工房です。
そのエムピウの名刺入れは、上下にフラップのある特徴的なデザインです。

収納量によって厚みが変わるので、少ないときはスリムに携帯できます。
cento2_ortensia_100

ちなみに、私はカードケースとして愛用しています。
プラスチックのカードも含めて30枚は入りますから、名刺入れの中ではトップクラスの収納量です。

これを押す理由の1つは、ミネルバリスシオが使われていること。先に説明したミネルバボックスと異なり、スムースタイプのレザーになります。
違いはシボの有り無しだけですから、スムースタイプが好きならミネルバリスシオといったところですね。

エムピウ チェント2を見てみる

あとがき

素材や色合い、または機能。
こだわりがある人ほど、名刺入れをセレクトするのが難しいはずです。
今回紹介したものは、どれもユニークな逸品ですから、人目を惹くことは間違いありません。

あなたのライフスタイルに合うものを手に入れましょう。