SYRINX HITOE《単》短財布のレビュー。ダブルファスナーの小さくて薄い財布の使い勝手にせまる

機能的な革製品をデザインするSYRINXから、
新しい財布『HITOE短財布』がラインナップされました。

まずは特徴をピックアップ。

  • ミニL字ファスナータイプの財布
  • 小さくて、バツグンに薄い
  • コインが使いやすい
  • イタリアのオイルレザーを贅沢に使用
  • 色ツヤが変化するエイジングを味わえる
  • メイドインジャパンの丁寧な仕立て

本ページでは、HITOE短財布の特徴や使い勝手に鋭くせまります。

最小限のお金とカードを、コンパクトかつスリムに持ち歩きたい人におすすめの1品です。参考にしてみてください。

スペック

ブランドSYRINX
商品名HITOE《単》短財布
用途
  • メイン
  • サブ
価格(税込み)12,960円
収納力★★★☆☆
お札入れの数2
お札の枚数15
コインの枚数15
カードの枚数10
寸法W104 × H104 × D7mm
重量75g
素材牛革(エルバマット)

使い勝手

HITOE短財布は「ミニL字ファスナー」にカテゴライズされる、小さな財布。104mm×104mmでデザインされた、正方形のフォルムです。

手のひらに収まるほどコンパクト。スリムさも相まって、一般的な二つ折り財布と比べるとかなり小さく感じます。

ミニL字ファスナーには、いくつかのカタチがあります。マチのあるタイプはたくさん収納できるし、ガバッと開くから見やすくて使いやすい。一方、厚くなってしまいます。スリムさを犠牲にして、使いやすさを優先したデザインですね。

一方、HITOE短財布は完全に縫製したタイプで、マチがありません。使いやすさよりも、スリムさと携帯性に舵を切った財布です。

HITOE短財布で使われる革は、エルバマット(詳細は後述)。濃淡のある風合いが美しく、触れていて気持ちの良い革です。手に収まるサイズだからこそ、見て、触れて楽しめることは大切なポイントです。

ファスナーは、YKKの最高峰「エクセラ」。研磨された歯が見せる、立体的な美しい表情と、極めて高い耐久性が特徴です。

エクセラとファスナーテープにも様々なカラーがあるのだけど、HITOE短財布では革の表情にマッチするものが選ばれていますね。だから革の表情が映える。主役は革なのです。

HITOE短財布とは別に、SYRINXからは「HITOE長財布」がラインナップされています。
こちらでは、引き手にボディと同じ革があしらわれています。掴みやすく、そして操作しやすい。

一方、HITOE短財布は「金属の引き手」のみで、操作性は長財布に及びません。小さな引き手なので、掴むまでにちょっとまごつくことがあります。

アンティークな色合いの引手には、ストラップホールがあります。「革の引き手」を取り付けることもできます。操作性は向上するでしょう。

さて、HITOE短財布では、ファスナーの引き手がふたつ付いています。登山やサイクリングのジャケットで採用されていますが、財布では初めて見ました。

開くファスナーによって、利用できるアイテムが変わります。

ファスナーを切り口に、ご紹介しましょう。

カードを使うときのファスナー

一般的なL字ファスナーよりも、少し進んだエリアにファスナーエンドがあります。ここを、「カードを使うときのファスナー」と定義します。

一般的なミニL字ファスナーと比べると、ファスナーを走らせる「コーナー」がひとつ多いため、ひと手間増えます。

カード

ここがカードポケット。

スリット状になっていて、カードを重ねて入れるデザインです。ここまでガバっと開くために、ファスナーエンドが少し奥まっているのです。

大胆なカーブラインからカードが顔を出していますね。このポケットには、国際規格のカードサイズ(クレジットカードやSuicaなど)だけでなく、少し大きなカード、例えばクオカードも収納できます。

指が添えやすいから、カードを引き抜きやすい。機能的でGoodです。

手前のカードなら、滑らせるようにして抜き出すことができます。

3枚以上のカードを収納している場合には、まとめて引き抜いて、少しずらすことでカードを選別できます。完全にカードを抜き出す必要はありません。

公式スペックの収納枚数は10枚。ただし、カードが増えるほど財布は膨らんでしまう。スリムさと使いやすさのバランスを考えると、カードが5枚くらいまでに抑えた方が良いと思います。

コイン

カードポケットの上が、コインポケット。
ファスナーをMAXまで開けても、奥の方にあるコインが使えません。コインが少ないなら問題ないですね。

お札

中央の仕切りの両サイドに分けて入れることができます。

ファスナーエンドが深めにデザインされているので、ガバっと開く。だからお札が取り出しやすい。

マチがないので、あまりたくさんは入れられません。カードやコインの収納量とのバランスもあるのだけど、MAX15枚くらいでしょう。

お札を使うときには、ひと手間かかります。入れるときは折りたたんでから。使うときにはお札を広げてから。これはHITOE短財布に限らず、すべてのミニL字ファスナーにいえることです。

これが嫌なら、「ミニL字ファスナー」をチョイスするべきではありません。「L字ファスナー長財布」の方が合うはずです。

参考:SYRINX HITOE長財布のレビュー

コインとお札を使うときのファスナー

もうひとつのファスナーを開けてみましょう。

コイン

ファスナーを開くと、コインがお目見え。

少し、一般的なミニL字ファスナーと比べてみましょう。

よくあるのは、ループ状のコインポケット。ループが小さくて、ポケットが深いのでコインが見にくく取り出しにくい。手の大きな男性なら、取り出しにくいし、ファスナーのギザギザが当たって気持ちよくないのです。

一方、HITOE短財布は、このポケットが非常にユニークです。 ステッチされている箇所がポケットの底です。

つまり、非常に浅い。500円玉+1mmくらいの深さしかありません。

浅いからコインが見やすい。さまざまな種類のコインがどこにあるのか、ひと目でわかります。マチが無いためたくさんは入らないのだけど、とても使いやすいです。

収納量は10枚くらいに抑えると使いやすいです。コインが多いほど重なりあい、財布が分厚くなってしまうからです。ただし、心配無用です。コインが使いやすいから小銭がたまらないのです。キッチリと払えば、そもそもコインが10枚以上になることはありません。

ちなみに、公称スペックは20枚ですが、こんなふうにキレイに収めないと無理ですね。

お札

お札の使い勝手は、「カードを使うときのファスナー」とあまり変わらないです。

カード

残念がら使えません。ファスナーが干渉して、カードを出し入れできません。

つまり、このファスナーを開けるときは、現金を使うときだけです。

ダブルファスナーの使い勝手について

まず、「どちらのファスナーを開くか」を判断する必要があります。これは慣れなので問題ないでしょう。

ファスナーエンドの切れ込みで判断するか。

触れるとコインとカードが入っている位置が分かるので、判断できます。

カードだけ、または現金だけ使うなら使いやすいのだけど、カード+現金を使うお会計では、キツイときがあります。

お会計シーンを考えてみましょう。

  1. カードを渡す
  2. お札とコインを渡す
  3. カードを仕舞う
  4. お札とコインを仕舞う

このお会計の作業において、「たくさんのコインを出し入れするとき」がキツイ。「カードを使うときのファスナー」ではコインの出し入れが難しいため、ファスナーを数回開け閉めする必要があります。

使い勝手にクセがありますね。

必要最小限のカードを、コンパクトかつスリムに携帯したい。
「お金」と「カード」、それぞれを分けて使うときに使いやすければいい。
そんな人にピタリとはまる財布です。

特徴

イタリアのオイルレザーを使用

HITOE短財布の素材は、イタリアのタンナー、テンペスティ社のエルバマット。
外装も内装も、同じ素材で仕立てられています。

エルバマットはカラーパターンが豊富です。

私がチョイスしたカラーは「Texas Piombo」。 Piomboとはイタリア語で「鉛」を意味します。

「Texas」とは通常のエルバマットの表面を起毛加工したものです。うっすらと無数のスラッシュが走っているのは起毛されているから。スエードほどの起毛感はなくて、触れるとサラリとした質感です。

エルバマットはタンニンなめし、かつ染料で仕上げられた革。さらにオイルもたっぷりと入っているため、色味、ツヤの変化を味わうことができます。いわゆる「エイジング」ですね。

擦りキズが付きやすい革だけど、使い込むことでキズは薄れていきます。
(写真は、HITOE長財布のTexas Agave)

また、ラ・ペルラ・アッズーラ(La Perla Azzurra])社の革、「アラスカ」でもラインナップされています。シボの凹凸がはっきりと出ていてハリがあるため、アラスカの方がキズつきにくいです。表面はロウが浮き出ているため、1ヶ月ほどでかなり表情が変化します。

ちなみに、SYRINXのペンケースでは上記と同じアラスカのカラーをチョイスしました。非常に面白い革です。

参考:SYRINX ペンケースのレビュー

メイドインジャパンの上質な仕立て

HITOE短財布は、日本で作られています。細部の作りは丁寧ですね。

カーブもストレートも、ステッチは均等かつ美しく。

負担のかかるファスナーエンドは、ちゃんと補強されている。

コバはコバ塗料が塗られているわけではありません。革の色合いを邪魔しないように、自然な仕上げになっています。

HITOE短財布にあしらわれたブランドロゴは、内装に1箇所だけ。上質な素材、丁寧な仕立てのプロダクトに余計な装飾は必要ないのです。

あとがき

デザインも使い勝手も一般的なミニL字ファスナーとは異なる、かなりエッジの効いた財布です。

人と違う、ユニークな財布が欲しい。
必要最低限をコンパクトに持ち歩きたい。

であれば、HITOE短財布は、検討の価値ある1品です。

Twitter, Instagram

Twitter, Instagramもやっています。


func_walletさんをフォロー