ポーター カレント ミニ財布のレビュー。お札、コイン、カードを収納できる、極薄財布の使い勝手について

ポーターの薄い財布カレント ミニ財布を購入しました。

特徴は以下のとおり。

  • 薄くて小さい財布
  • シンプルで、スタイリッシュなデザイン
  • 最小限のお札、コイン、カードを収納できる
  • とにかくスリム。スーツの内ポケットでも快適

本ページではカレント ミニ財布の使い勝手、特徴、メリット・デメリットについて分かりやすく解説します。

スペック

ブランドポーター
商品名カレント ミニ財布
用途
  • メイン
  • サブ
収納力★★☆☆☆
お札入れの数1
お札の枚数10
コインの枚数10
カードの枚数5〜7
寸法W120×H88×D8mm
重量50g
素材牛革

カタチ、構造

財布にはさまざまなカタチがあります。では、カレントは何にカテゴライズされるのか?

「スマートウォレット」や「フラグメントケース」と呼ばれる財布です。

クラシカルな二つ折り財布より小さい。けれども「小さい財布」に比べると小さくはない。手のひらに収まるほどのサイズ感。

とにかく薄い。もっとも厚みのある箇所で8mmしかありません。

エンボス加工が施された2枚の革をステッチしたつくり。スタイリッシュなフォルムです。

「カチッとしすぎない」のはスカイブルーを選んだからでしょう。カレントでは、他のカラーもラインナップされています。ネイビー、ブラックの方がよりキチッとした装いになります。

外側に、5つのポケット。カードの収納スペースです。

反対の面には、コインを収納するポケット。

ちなみに、内装はポーターオリジナル。ロゴ入りの生地。

トップがお札のポケット。

使い勝手

カード、お札、コインの使い勝手を解説しましょう。

カード

財布の外側にカード収納スペースがあります。

横向きに3つ。各ポケットに収納できるのは1枚だけ。Suicaなどの厚みのあるカードだと2枚入れるとかなりキツイ。薄いカードなら1ポケットに2枚収納できるけど、おすすめしません。選別の手間が増えて出し入れしにくいし、ポケットも歪に膨らんでしまう。財布に負担をかけるから長く利用できません(型崩れしやすい)。カレントの「薄さ」も活かせないですしね。

使いやすいサイズでデザインされています。少しカードが顔を出すように収まるので、指を添えてカンタンに取り出すことができる。

スポンサーリンク

フリーポケット

カードポケットの上に、2つのスリットがあります。ここがフリーポケット。

財布を横断する長さがあるため、前述のカードポケットより、幅が広い。完全にカードが隠れてしまうサイズ感です。

ちなみに、縦では入らない。

この長さがマチになるため、2枚のカードを重ねて収納することもできる。ただし、財布は膨らんでしまいますから、スリムなボディを保ちたいなら1枚が良いです。

カードより長いもの。たとえば、新幹線のチケットや領収書も入れることができる。帰省や出張時など、たくさんのお金を持ち歩く必要がないシーンにも最適です。

お札

最上位のスリット。ここにお札を入れます。

お札は、二つに手折りする必要がある。これが嫌なら、カレント ミニ財布は合わないでしょう。しかし「手折不要な小さな財布」は極めて少ない。「ミニL字ファスナー」だって手折しなくてはいけないのです。カレントのように「薄くて小さい」フォルムの財布では「手折り不要な財布」は存在しません。

マチのない、ピタリと閉じるポケット。内装は革ではありません。光沢のある生地(シャンタンかな?)。革に比べると高級感が落ちるけど、ポーターのロゴが印字された、ポーターオリジナルの生地が使われているから満足度は高め。

お札を差し込むように入れます。生地はサラリとしていて滑りが良い。だからスムーズに収納できます。

お札が隠れるサイズ感。

まとめて入れてみましょう。合計10枚です。

スリムなプロポーションはギリギリ保てる。

お札の閉じ口はありませんが、逆さにして振っても、お札は落ちません。「お札が開こうとする力」と「ポケットが閉じようとする力」が合わさって、お札を挟んだ状態になる。

さて、取り出しです。両端を持って、

少し力を入れると口が開く。

出し入れしやすくなります。

収納できるのは10枚くらいがMaxですね。お札が多くなるほど膨らんでしまうため、カレントの薄さを活かせません。

コイン

もう片方の面にコインを収納するためのポケットがあります。
片側に折マチがついた構造。ファスナーが短いため、開閉面積は狭い。

さて、コインを入れてみましょう。同じような構造の財布は他にもあるけど、比べてみると本作の方が入れやすいですね。革が柔らかいためポケットが開きやすい。収納しやすいです。

取り出すときはマチを開いて、コインを選びます。思ったより見やすく、取り出しやすい。

10枚入れた様子。スリムなフォルムをまだ保てる。

ただ、10枚を超えると膨らみが気になります。カレントの「スリムさ」を活かすなら、なるべく少ない方がいいですね。

特徴

スポンサーリンク

薄い財布。スーツにも最適

とにかく薄い。カレントに限らず、「薄さ」をウリにする財布はあります。しかし、カレントはダントツで薄い。

カードとお札だけの収納なら「マネークリップ」を選択することもできる。けど、「コインも入る薄い財布」はほとんどありません。

コイン10枚、お札10枚、カード5枚を入れた状態。これでもっとも厚みのあるところで16mm。

薄いから、携帯しやすい。カバンに入れて持ち運ぶなら、カバンのサイドポケットにすっぽりと入ります。スーツの内ポケットに入れても快適。薄くて軽いからスーツのときも綺麗に決まります。

スポンサーリンク

エンボス加工レザー

素材は牛ステア(大人になった牛)。コシがあり、かっちりと固い素材です。

スムースではなく細かなエンボス(型押し)が施されています。サラリとした手触りのなかに、微細なエンボスを感じます。

型押しは、見た目だけではありません。耐久性が上がるのです。

革をギュッと圧迫する(エンボスを施す)ことにより繊維密度が高くなる。結果、硬く、強靭になります。本作はスリムなのに、ハリがある。これはエンボスのおかげでしょう。逆にいうと柔らかな革が好きなら、カレントは合わないかもしれません。

カレントの革は「コンビネーションなめし」とのこと。タンニンとクロム、両方を使って仕上げた革です。透明感は控えめ。顔料が使われているのかもしれません。だとすると、本作は色の変化は控えめでしょう。この鮮やかなカラーを長く楽しめるはずです。

スポンサーリンク

大人のポーター

ストレートラインで仕立てたプロポーションにより、スタイリッシュに見える(スカイブルーを選んだのでポップな印象だけど、ブラックやネイビーだと、さらにキリッと締まる装いでした。)

ポーターのロゴも一味違う。メタルプレートが添えられています。

このロゴ、印刷じゃないんです。プレート上のロゴも凹凸があるんですよ。

タンカーなどで採用されるロゴよりずっと小さく、高級感があります。

パッケージもシック。

細部

コバ

カーブは革が寄るので、裏面を処理しないといけない。細かなひだ状に革を寄せる「菊寄せ」というテクニックで、綺麗にしあげられています。

革を折り返して、革の断面を見えなくしています。いわゆる「ヘリ返し」です。

へり返したコバには、捻(ねん)が引かれています。キリッとしまる表情になるし、強度も上がる。

ステッチ

ミシン縫ですね。綺麗です。

あとがき

ポーターは面白い財布が多い。
大人になるとポーターから離れてしまう人もいるかもしれません。しかし、カレントは大人にこそふさわしい、上品な財布です。

たくさんのアイテムを収納することはできないけど、だからこそスリムなシルエットに舵を切ることができた一品。最小限をスタイリッシュに持ち歩きたい。そんな大人におすすめの財布なのです。

SNS/YouTube

Twitter, Instagram, YouTubeも運営しています。フォロー、アンフォローお気軽に。


func_walletさんをフォロー