リュテス コンパクトウォレットのレビュー。イタリアレザーを使った、上質でユニークな二つ折り財布。その使い勝手と特徴に迫る。

リュテス(LUTÈCE)は、ユニークで美しい革製品を作る、個人工房。
本日ご紹介するのは、そのリュテスの一品。『コンパクトウォレット』です。

特徴は以下のとおり。

  • コンパクトな二つ折り財布
  • ユニークなデザインで使いやすい
  • お札もカードもコインも。そこそこの収納力
  • オールハンドメイド。日本トップクラスの仕上げ

上質で美しく、それでいて人と被らない財布をお探しなら検討してもらいたいアイテムです。

リュテスの財布は、どれもユニークで、ワクワクするのだけど、本作も珍しい一品。
本ページでは、使い勝手やメリット・デメリット。独特の構造などを分かりやすく解説していきます。

ぜひ、参考にしてみてください。

スペック

ブランドリュテス
商品名コンパクトウォレット
用途メイン
価格(税込み)24,300円
収納力★★★☆☆
お札入れの数1
お札の枚数10
コインの枚数15
カードの枚数5〜6
寸法W100 × H90 × D37mm
重量94g
素材牛革(プエブロ × ミネルバリスシオ)

コンパクトウォレットを取扱サイトで見てみる

動画

ユニークな構造、使い勝手、革の質感が伝わるよう動画にしてみました。

使い勝手

長方形のフォルムが独特。
一般的な二つ折り財布よりもコンパクトで、手のひらに収まるサイズです。

外装の素材は、イタリアの革、プエブロ。色はネイビー。
表面は、1mmに満たない半起毛の仕上げが施されています。和紙のような手触りを堪能できる革です(詳細は後述)。

パカっと開く。オーソドックスな「かぶせ蓋の二つ折り財布」のようですが・・・、

内部の構造がユニークです。
一般的な二つ折り財布と比べると、アイテムを収納するパーツ構成が大きく違います。

それでは、各アイテムの収納方法や、使い勝手を解説していきましょう。

お札

片側がステッチされていないため、大きく開く。

お札を入れてみましょう。

ガバっと開くから、お札が見やすい。数えやすい。
出し入れもスムーズ。極めて使い勝手がいいです。

「お札の滑りやすさ」は、気持ちよく使うためのキモです。
これも、作り込まれたデザインです。

内装の革は、ミネルバリスシオ。サラリとしたスムースな革だから、お札が滑りやすい。

反対側は、革の裏面。スムースに加工されているため、お札がひっかかりにくい。

革には表と裏があります。裏面は「繊維」がむき出しになったものが多い。ザラリとした質感のため「滑り止め」としての効果はあります。ただし、お札を出し入れするときにちょっと引っかかることがあって、快適とはいえないのです。

コンパクトウォレットでは、きちんと仕上材で加工しているから、美しく滑らかな表情になっているのです。

収納枚数は10枚くらいに抑えた方が良いと思います。
新品の今は、ハリが強くて財布が開いてしまう。使い込んでいくと収まっていくはず。

本作以外にも、ミネルバを使っているので分かるのだけど。徐々にしなやかになる革です。少しずつ、よりスリムになっていくはず。これは後日ご紹介できればと。

スポンサーリンク

コイン

ホックはイタリアPRYM社製です。

ここも本作のコダワリです。前面は「革のくるみボタン」になっている。革で包むことで、金属が見えないようにしているんです。

金属が見えると、革とのコントラストが生まれる。だから、革の美しさに集中できない(金具の美しさを楽しめるメリットはあるのだけど)。
ミッレフォッリエ コードバン

本作はミネルバの美しさを味わうためのデザイン。さらに、革にだけ触れる体験もデザインしているわけです。

コインポケットは、すべてミネルバリスシオ。
柔らかい革で、かぶせの厚みも1mmほどのため、長期間使っているとシワが出てくるかもしれません。ただ、抜群のエイジングを見せてくれるため、気にならないでしょう(エイジングは後述)。

ポケットは両マチ構造。
収納力もあって、15枚くらい入ります。

ガバっと開くので見やすく、取り出しやすい。

構造上、コインを使うときは「縦持ち」になります。一般的な二つ折り財布と異なる持ち方だから、最初はちょっと戸惑うかもしれません。ただ、すぐに慣れるし、むしろ使いやすく感じます。

スポンサーリンク

カード

収納ポケットは4箇所。
合計5〜6枚のカードを収納できます。

各ポケットを解説していきましょう。

カードポケット1

あおりポケット。

マチが無いため、1枚だけ。
カードが顔をだすので、出し入れしやすいです。

革ではさむだけ。カッチと留める構造ではないため、「縦持ち」したときにカードが落ちないかちょと心配。今のところ大丈夫そうですが、重要なカードなどは避けたほうがいいかもしれませんね。どうせ捨てるもの、たとえば折りたたんだレシートなどを入れておくといいかもしれません。

カードポケット2

スリットになっていて、カードを挟ませるデザイン。
ここには2〜3枚のカードを収納できます。

このポケットの構造が、スゴイ。
2箇所、ステッチされています。

カードを入れるときは、ななめに挿して、奥にずらしてはめる。

収納したカードは、真っ直ぐに引っぱっても抜けない。
ステッチによってガードされるからです。

カードを出すときは、ななめに引き出すかんじ。

貴重なカードを収納するのに最適なスペースです。

カードポケット3

さらに奥も、あおりポケット。

ここにも1〜2枚収納できる。

カードポケット4

コインポケットの奥。

ここはカードが完全に隠れてしまうため、出し入れしにくいです。
持ち歩きたいけれど、あまり使わないカードを入れましょう。たとえば免許証、保険証などを入れるのに最適なスペースです。

特徴

イタリアのオイルレザーを贅沢に使用

本作で使われる、二種類の革。
どちらも、イタリアのタンナー、バダラッシカルロ社の代表的なオイルレザーです。

ミネルバリスシオ

本作の内装に使われる素材は、ミネルバリスシオ。

スムースでマットな質感。サラリとした触り心地です。
世界にはさまざまな革があるのだけど、ミネルバの特徴をひとことで説明すると、「世界一エイジングが楽しめる革」。これに尽きます。

マットな質感は、最初だけ。
色・ツヤの変化する劇的なエイジングを楽しめます。

カードポケットの一部と、お札入れの奥のカラーは、プルーニャ
深みのある大人のムラサキです。内装の奥に使うところがニクイ。

本作はカラーバリエーションがいくつかあります。
それぞれ、2色のミネルバリスシオが使われているので、お好きなものを選ぶと良いでしょう。ちなみに、ナポリなどの淡いカラーの方が劇的に色の変化を楽しめます。

プエブロ

外装の素材は、プエブロ。

プエブロ、ミネルバリスシオの表面を加工することで、毛羽立った表情に仕上げた革です。

部位によって「毛羽立ち具合」は違うので、個体差を楽しめる革です。
いくつかプエブロを愛用してきたのだけど、本作の毛羽立ちは控えめ。

毛羽立ちのある部位に触れると、まるで和紙のような少しザラッとした手触り。

これがエイジングすると、毛羽立ちが寝ていきます。表面がスムースになるため手触りもスムースに変化するんです。

コンパクトな二つ折り財布

本作のサイズは、W100 x H90mm。一般的な二つ折り財布より、ずっと小さい。

ヒミツは、札入れの構造。財布の端っこ、ギリギリまでお札がきていますね。これがコンパクトのキモ。

一般的な二つ折り財布では、札入れの両端がステッチされ、「コの字型」に閉じられている。この構造の場合、お札を見やすく・取り出しやすくするために、お札の収納スペースを長くしています。だから、財布が大きくなる。
yuhaku-velatura-satuire-14

リュテスのコンパクトウォレットは、札入れを短くすることで、財布をコンパクトにしているわけです。しかも、使いやすさも向上させて。

厚みはあるのですが、革のハリが収まることで、少しずつスリムになっていきます。

スポンサーリンク

美しい仕立て

手縫いのステッチワーク

少しナナメの、立体感のあるステッチワーク。手縫いです

財布の表裏、交互にハリを通していくため、とても時間がかかるんです。
針を引っ張る向き、力加減も調整しないと均一な表情には仕上がりません。

2色のステッチを使ったデザインも面白いですね。

コバ

凄い。ほんとうにすごい。

プエブロもミネルバも、柔らかい革です。だからコバを磨くことはできません
(できるのかもしれないけど、柔らかい革の場合、磨きコバはとても難しい)。

革の断面が見えないし、光沢がある。
写真ではお伝えしにくいのですが、指が映るくらいに光沢があるのです。

つるりとした質感で、触っていて気持ちいい。

WILDSWANSのファン(私です)でも、満足できる仕上げです。

念引き

どのパーツも念が引かれています。キリッと引き立つ。

ブランド名は目立たない型押し。上質な素材、上質な仕立てのプロダクトにおいて、ロゴを主張する必要はありません。

あとがき

一般的な二つ折り財布と比べると、少し高価。
でも、内装まですべてイタリアの高級レザーを使い、細部まで丁寧にハンドメイドされている。正直、このレベルの製品でこの価格なのは、かなり良心的です。

さらに独特のルックスがカッコよくて、(失礼ながら)メジャーブランドでは無いため、人と被らない。個人的にとてもオススメです。

コンパクトウォレットを取扱サイトで見てみる

SNS/YouTube

Twitter, Instagram, YouTubeもやっています。フォロー、アンフォローお気軽に。


func_walletさんをフォロー