IL BUSSETTOのコインケース。フィレンツェ伝統工芸の機能美にせまる。

イタリア トスカーナ州は、多くのタンナーがひしめく革の名産地。その州都、フィレンツェでは溢れんばかりの革製品がお店に並んでいます。

その中から、フィレンツェの伝統工芸品である財布をセレクトしてみました。

本日ご紹介するのは、革工房「IL BUSSETTO(イル・ブセット)」のコインケース。本ページでは、その使い勝手や特徴に迫ってみたいと思います。

最初に特徴をあげてみましょう。

  • 世界一使いやすいコインケース
  • ユニークで美しいプロポーション
  • 奥行きのある透明感と光沢

美しく、使いやすいコインケースをお探しなら、きっと気にいるはず。
ぜひ参考にしてみてください。

スペック

ブランドIL BUSSETTO
商品名コインケース
用途サブ
価格(税込み)7000円
収納力★★☆☆☆
お札入れの数0
お札の枚数0
コインの枚数25
カードの枚数0
寸法W85 × H85 × D20mm
重量-
素材牛革

日本で手に入れるなら、今のところamazonだけです。

使い勝手

手のひらに収まる小さなサイズ、丸みを帯びたフォルムが特徴です。バツグンに持ちやすく、気持ちよくフィットします。
ILBUSSETTO_coincase-2

ピョコリと飛び出たフラップ。こちらを引っ張ってオープンします。
ILBUSSETTO_coincase-6

中はこんな感じ。上蓋とコイン収納部、2つのパーツに分かれます。美しいフォルムと色合いを楽しめるデザインで、無駄な装飾はありません。実にシンプルです。
ILBUSSETTO_coincase-9

コインを入れた状態で、開いてみましょう。

開けると、ジャラリとコインが流れてきます。この時点では、完全に出てきません。

ILBUSSETTO_coincase-22

傾けていくと、自然にコインが流れ出てきます。上蓋が、コインの受け皿になるんですね。広い面にコインが散るため、見やすく、取り出しやすいです。
ILBUSSETTO_coincase-23

革の壁に囲まれ、ラウンドしたフォルム。かなり傾けても、コインがこぼれ落ちることはありません。
ILBUSSETTO_coincase-16

仕舞うときは、この逆。
上蓋を傾けると、スルリとコインが吸い込まれていきます。
ILBUSSETTO_coincase-24

閉じるときに「フシュッ」と音がします。これは、隙間無く仕立てられた上質な革製品の証。たとえるなら、ジャストサイズの革靴を履いたときのような、気持ちの良さです。
ILBUSSETTO_coincase-3

独特のルックスに目を奪われてしまいますが、本作の真髄は「使いやすさ」にあります。
「コインが使いやすいこと」は、財布を気持ちよく使えるキモだと思うのですが、この点で、本作はトップクラス。コインを出し入れするときの「引っかかり」が一切ないため、使っていて心地よいのです。
ILBUSSETTO_coincase-12

少し、日本のコインケースと比べてみましょう。

もっとも似たアイテムは、馬蹄形のコインケースでしょう。日本の伝統技法で仕立てられたものですね。こちらも腕の良い職人しか作ることができないもので、日本有数の革工房でしか販売されていません。

サイズ感は、ほぼ同じ。どちらも美しいデザインです。
ILBUSSETTO_coincase-5

馬蹄形は、コイン収納部のフォルムも、入り口もフラット。そのため、たくさんのコインがある場合、傾き加減を調整しないと、コインが引っかかることがあります。
ILBUSSETTO_coincase-20

一方、IL BUSSETTOのコインケースは、同じ枚数のコインで、引っかかること無く「ジャラリ」と出し入れできます。これが実にキモチイイのです。
ILBUSSETTO_coincase-14

ヒミツは、丸みを帯びた大きな入り口と、ドーム状にラウンドしたフォルムでしょう。
ILBUSSETTO_coincase-25

この組み合わせによって、コインがスムーズに出し入れできるわけです。

収納力も、バツグンに良いです。25枚は余裕です。

特徴

ステッチのない、美しい表情

本作には、一般的な革製品に見られる、ステッチがありません。ILBUSSETTO_coincase-17

革を木型に当て、カタチを整え、植物性の糊で貼り合わせて作られているとのこと。手縫いやミシンなどによる縫製が、一切行われていないのです。
ILBUSSETTO_coincase-18

貼り合わせた面も、実に精巧で、段差がほとんど分かりません。
ILBUSSETTO_coincase-7

これが、フィレンツェ伝統の製法です。

ただ、コバの仕上げは日本の方がキレイですね。
ILBUSSETTO_coincase-10

日本の財布は、革の断面が見えないように、コバを美しく処理しているのが特徴です。細部までの美しい仕上げを求めるなら、やはり日本の革工房がNo1です。

透明感のある色合い

私が選んだカラーは、赤。

深みがあり、ところどころ濃淡が異なります。本作を購入した理由の1つは、この美しい表情です。
ILBUSSETTO_coincase-2

本作は、タンニンなめしの本革に、染料で彩りを加えた、本物の革製品です。さらに磨きをかけることで、バツグンの光沢感をまとっているんですね。
ILBUSSETTO_coincase-8

ちなみに、本作の色は、変わっていきます。エイジングですね。

タンニンなめしの革、かつ染料で染められたアイテムですから、色・ツヤが変化していくのです。本作は10年以上使えるとのこと、その変化を含めて、楽しめる人にこそおすすめできます。

手染めされた表情は、ひとつひとつが微妙にことなります。
Firenze-leather-30

私は革のエイジングが大好きなので、明るめの色のものをセレクトしました。(色は深まるように変化していくため、変化の度合いが大きいのです)。

ちなみに、日本で売られている90%の革製品は、クロムなめし、で顔料で色をつけられたもの。ビビッドな色合いと、キズや水に強いという特徴がありますが、エイジングを楽しむことはできません(粗悪なものは、顔料が剥がれてくるのです)。

モデルラインナップ

IL BUSSETTOのコインケースには、いくつかのラインナップがあります。

私は、内装にも革の表面が張られたものをセレクトしました。サラリとした質感で、触っていて気持ち良いです。
ILBUSSETTO_coincase-11

2枚の革を張り合わせて作られているため、少し堅牢なつくり。ギュッと握ると、反発するハリがあります。
ILBUSSETTO_coincase-19

通常モデルのものは、中は革の裏面が使われています(一枚革で仕立てられている)。また、染色もされていない、素のヌメ革のままです。コインが見やすくて良いですね。
ILBUSSETTO_coincase-26

このタイプは、上蓋が少しやわらかい仕上がり。これは好みが分かれるポイントかもしれません。日本の馬蹄形コインケースのような堅牢さは無いため、少し違和感があるかも。

機能的には、どちらも同じですので、好みでセレクトしてよいでしょう。ちなみに、一枚革の方が、安価です。

フィレンツェで、いくつかの工房を見て回りましたが、すべて一枚革で作られたものでした。私がセレクトした、外装も内装も革の表面が使われているのは、IL BUSSETTOだからこその逸品です。

熟練の技術

本ページで紹介しているコインケースと「同じようなもの」が、フィレンツェの多くの革ショップで販売されています。そのどれもが、フィレンツェの職人が手作りしたものです。つまり、ひとつひとつ微妙に異なります。
Firenze-leather-28

では、何が違うのでしょうか?

IL BUSSETTOをセレクトした理由は、仕立ての良さと色合いです。

たとえば、上蓋のフタのハマり具合。隙間なく、ピタリとハマる仕立ては、ベテランの技術の証です。フィレンツェで、5つくらいの店舗を見て回ったのですが、IL BUSSETTOのものがもっともカッチリとした仕上がりに感じました。この仕上げによって、どれだけ長く使えるかが決まるとのこと。(隙間があるものは、バランスが悪く、型崩れが起きやすいそう)。
ILBUSSETTO_coincase-4

濃淡のある表情も、惹かれたポイントです。
ILBUSSETTO_coincase-8

フィレンツェの伝統技法を活かしたアイテムは、日本のGANZOからマエストロ シリーズとして販売されています(というか、実はこれもGANZOの職人がフィレンツェで学んできたものなので、オリジナルはGANZOではありません)。

比べてみると、IL BUSSETOの本品は、色むらを残すような仕上げです。

これは好き嫌いが分かれるポイントかもしれませんが、個人的にはGANZOのマエストロは、キレイすぎる表情と感じました。IL BUSSETOの方がハンドメイド感があり、味わい深い仕上がりだと思います(しかも、リーズナブルです)。

あとがき

IL BUSSETTOは小さなお店です。
お店の奥が、そのまま工房になっていて、職人歴30年以上のジュゼッペファナーラさんが、フィレンツェ特有のアイテムを仕立てています。日本語も堪能ですし、フィレンツェに行った際はぜひ足を運んでみてください。

ちなみに、日本国内でもamazonで購入可能(イタリアからの直送のため、送料が高いのです)。

「IL BUSSETTO」のブランド名で売られているものが多くありますが、ジュッゼッペファナーラさんの作品はこちらだけです。お間違えいようご注意ください。

参考

もしイタリア フィレンツェに行くことがあれば、革のお店を回ってみてはいかがでしょうか。お気に入りのお店をまとめてみました。

フィレンツェで上質な革製品を手に入れたいならここ!外せない厳選ショップ
イタリア トスカーナ州は、世界有数の革の産地。 たとえば、ミネルバボックス…

Twitter, Instagram

Twitter, Instagramもやっています。


func_walletさんをフォロー

お問い合わせ

レビューしているアイテムについて、疑問点があれば、お問い合わせください。
具体的に教えていただけるとお返事しやすいです。

  • ご予算
  • 好きな素材、質感
  • どんなカタチの財布が好きか
  • いつも持ち歩くお金やカードはどれくらいか
  • どんなときに使うか(ビジネス、カジュアルなど)

役立つ質問をいただいた場合、サイトに反映させていただくかもしれません。予めご了承ください。もちろん、お名前を公開することはありません。

お名前 (*必須)

メールアドレス (*必須)

題名

メッセージ(*必須)