メゾンドヒロアン 小銭入れのレビュー。ユニークでエレガントなコインケースに、使い勝手は宿るのか

メゾンドヒロアンは、日本の老舗革工房ヒロアンが展開するオリジナルブランド。紳士用財布をコンセプトに、エレガントな商品をラインナップしています。

どちらかというと、オーソドックスな財布が多いブランドです。
その中で、ひときわ異彩を放つ、珍しい財布があります。

それが本日ご紹介する『小銭入れ』。

ざっと特徴をあげてみましょう。

  • 小銭入れ
  • コインが使いやすい
  • 極薄の革を折って仕立てた、ユニークなデザイン

人とかぶらず、それでいて使いやすいコインケースをお探しなら、本作はなかなかにオススメの一品。ぜひ参考にしてみてください。

スペック

ブランドメゾンドヒロアン
商品名小銭入れ
用途サブ
価格(税込み)10,800円
収納力★★☆☆☆
お札入れの数-
お札の枚数-
コインの枚数20
カードの枚数-
寸法W90 × H60 × D20mm
重量-
素材牛革

使い勝手

目を引くのは、独特のプロポーション。日本には様々なカタチのコインケースがあるのですが、本作はかなりエッジが効いています。

台形のプロポーションは、手のひらにすっぽりと収まるほど。コンパクトだから、どんなポケットにもスッと収納することができます。

上下非対称のフォルムですが、どのポジションで持ってもスッキリと収まります。

非常にシンプルなつくりです。構成するパーツは、革とボタンのみ。

本作は一般的なコインケースとは使い勝手が異なります。紐解いていきましょう。

シングルボタンで留める、単純なつくり。フラップに指を添えて、開きます。

ボタンを開いたところ。

アコーディオンが伸縮するように、蛇腹構造が開いていきます。

コインが姿を現します。

さらに広がる。

「コインケース」の役割はとてもシンプルです。コインだけを管理すること。これに尽きます。だから、「良いコインケース」とは、コインの見やすさ、取りだしやすさがキモになるわけです。

ではメゾンドヒロアンの小銭入れはどうか。これが、なかなか良いです。

コインの収納スペースがせまい場合、コインが見にくく、取り出しにくい。

一方、本作ではそういった心配は不要。
折り目が広がり、ほぼフルフラットになるのです。

開けばその分だけフラットになる。コインが見やすく、取り出しやすくなる。

面が広いから、収納するときも流し入れることができる。一般的なコインケースでは、こんな芸当はできません。

ただし、良いことばかりではありません。

当たり前ですが受け皿をフラットな状態にして傾けると、コインが落ちてしまいます。最初は少し戸惑うかもしれません。とはいえ慣れの問題かと思うので、あまり気にする必要はないでしょう。

収納量はMax20枚ほど。一般的なコインケースと比べると、標準です。

バツグンの収納力を持つわけではありませんが、十分な収納量。困ることはありません。
なぜなら、見やすく、取り出しやすいから。コインが増えてしまうのは、コインを探し出すのが大変で、面倒だからです。

特徴

日本の職人による、美しい仕立て

本作との出会いは、伊勢丹でした。
ディスプレイされた商品を見たわけではなくて、メゾンドヒロアンの代表、長谷川博司氏による制作実演だったのです。

財布になる前の「パーツ」は、折り目の付いていない、一枚の革。それを正確・かつスピーディーなピッチで、折り目をつけ、「小銭入れ」へと姿を変えていく。一切の迷いなく、スムーズに進められる工程は熟練の業でした。

そして出来上がったのが、独特のフォルム。「折り紙」にインスピレーションを受けたのかもしれません。まさに日本の財布です。

日本では制作現場を見ることができることは少なくて、だからこそ鮮明に覚えていたのかもしれません。

美しい革を引き立てる技術

素材の見せ方にも、メゾンドヒロアンの意匠が組み込まれています。

革には、表と裏があります。

裏面は、繊維がむき出しになった毛羽立った状態。見栄えがあまり良くありません。

だから革製品の「顔」になるパーツには、表面が使われるわけです。そして、内装で裏面が見えてしまうのは、コストバランスのためです。内装にも革の表面を張り合わせることで、上質感を高めることはできますが、素材が必要ですし手間もかかるため、値段が跳ね上がります。

で、メゾンドヒロアンの小銭入れですが、両面とも「銀面」です。

表面だけが見えるように、革の裏面を張り合わせて1枚の革にしているからなのです。

高価な革製品に見られる、「裏張り」というテクニックなのですが、メゾンドヒロアンのすごいところは、わずか1mmほどの薄さしか無いこと。

そして、一切ステッチされていないことにあります。

革を張り合わせると、ズレ・たわみが生じることがあります。一般的には、その防止策としてステッチして仕上げるのです。

しかし本作にはステッチがない。これが、メゾンドヒロアンだけの意匠、「ベタ張り」という技法です。ヒミツのレシピで作ったノリを使うことで、ステッチしなくてもまるで一枚革のように作り上げているのです。

革の美しさに集中できる、究極の技法のひとつといえます。

美しいパッケージ

青い紙で作られたパッケージは、微細なシボがあって、高級感があります。

価格も手頃なため、プレゼントに最適です。金フォントのMADE IN JAPANも嬉しいポイント。

あとがき

コインケースといえば、ボックス型のものが一般的です。ただ、それでは面白みがない。人と違う上質なコインケースが欲しい。
そうお考えなら、メゾンドヒロアンのコインケースは検討の価値ある1品だと思います。

Twitter, Instagram

Twitter, Instagramもやっています。


func_walletさんをフォロー

お問い合わせ

レビューしているアイテムについて、疑問点があれば、お問い合わせください。
具体的に教えていただけるとお返事しやすいです。

  • ご予算
  • 好きな素材、質感
  • どんなカタチの財布が好きか
  • いつも持ち歩くお金やカードはどれくらいか
  • どんなときに使うか(ビジネス、カジュアルなど)

役立つ質問をいただいた場合、サイトに反映させていただくかもしれません。予めご了承ください。もちろん、お名前を公開することはありません。

お名前 (*必須)

メールアドレス (*必須)

題名

メッセージ(*必須)