Crevaleathco アニリンコードバン ラウンドジップ財布のレビュー。レーデルオガワの透明感あるコードバンを最大限に楽しめる財布

Crevaleathco(クレバレスコ)は美しい財布を仕立てる日本の革工房です。
Crevaleathcoの財布の中から、もっともコードバンを堪能できる一品、アニリンコードバン ラウンドジップ財布をご紹介します。

特徴は以下のとおり。

  • ラウンドファスナー長財布
  • カード、お札、コインをたっぷり収納できる
  • 最高峰のコードバン、レーデルオガワを贅沢に使用
  • 色・ツヤが変化する、エイジングする財布
  • 細部まで美しい、日本最高峰の仕上げ
  • オーダーによる受注生産のみ。「出来立て」が届く

本ページではコードバン ラウンドジップ財布の使い勝手、特徴、メリット・デメリットについて分かりやすく解説します。

スペック

ブランドCrevaleathco
商品名アリニンコードバン ラウンドジップ
用途メイン
収納力★★★★★
お札入れの数2
お札の枚数40
コインの枚数20
カードの枚数12
寸法W195×H100×H22mm
重量210g
素材コードバン(レーデルオガワ)

アリニンコードバン ラウンドジップを取扱いサイトで見る

カタチ、構造

アリニンコードバン ラウンドジップ財布は「ラウンドファスナー長財布」にカテゴライズされる財布です。「コ」の字型のファスナーによって、収納したアイテムをしっかりと守ってくれる安心感があります。

サイズは大きい。カバンに入れて持ち歩くライフスタイル、たくさんのお金やカードを収納したい人にフィットする財布です。現金を使わない、キャッシュレスなライフスタイルならオーバースペックかもしれません。

しかし、大きな財布だからこその良さがある。最高級の国産コードバンが映えるんですよ。色はブルーでオーダーしました。コードバンの美しい肌目を、ラウンドファスナーの大きな面で楽しむことができるのは本作の特権です。

一枚のコードバンを継ぎ目なく使った、贅沢な仕立て。カーブを描く底部は、コードバンの美しさが際立ちます。

ファスナーの引手もコードバン。鋭角なデザインの引手は珍しいですね。ソリッド感があり、丸みのあるボディとのコントラストが楽しめます。

引き手の中央が膨らんでいます。

立体的なフォルムにするために、引手の中心に「芯」を閉じ込めて1mmのブレなくカタチを形成する必要がある。こういった細部の作り込みもクレバレスコの得意芸です。小さなパーツですが十分すぎるほどの満足感があります。

YKKの最高峰ファスナー、エクセラ。ひとつひとつの歯が研磨されていて、微細な光沢を放つ美しさがある。

引手がかっちりと固いから、ファスナーを開け締めするときにたわまない。見た目が良いだけじゃない。機能的なんです。

堅牢な引手と、エクセラのなめらかさ。これらがあいまってスムーズに引ける。

両側にマチのある、オーソドックスな構造。内装の素材は国産牛革。

開くときに固さを感じる。一般的なラウンドファスナーよりも、ずっとハリ・コシがある感じ。内装もすべてオールレザーで作ることでカッチリとした開き具合に調整しているのでしょう。しっかりと革を楽しめる剛性がある。

中央はコインケース。こちらもエクセラ。スムーズに開け締めできる。

コインケースの両サイドにはお札を収納できるスペース。側面にはカードポケットが6段ずつあります。

使い勝手

カード、お札、コインの使い勝手を解説しましょう。

カード

6つのポケットにそれぞれ1枚ずつ収納します。奥まで収納すると、カードが少し顔出すサイズ感。ずらりと並んだ中からセレクトできるので選びやすい。

同じポケットが反対面にもあり、合計12枚収納できる。たくさんのカードを1つずつのポケットに分けて収納できるのも本作のメリットですね。Crevaleathcoは「かぶせ蓋の長財布」もラインナップしているのだけど、カードの収納は本作がNo1です。

指を添えて、

サッと出し入れできます。

お札を入れると下段のカードが見えにくくなってしまいますが、

お札をコインポケット側に倒せば、問題ないです。

お札20枚くらいだったら、片面にだけ収納することができます。もう片面にはお札を入れず、カードを収納するスペースにしてしまうのもアリかな。見やすくて、使いやすいですね。

なお、本作には「フリーポケット」がありません。領収書や新幹線のチケットなど、「少し長めのアイテム」はカードポケットには入りません。お札入れに収納することになります。

ただ、フリーポケットがないことによるメリットもある。フリーポケットにアレコレと入れてしまうと、アンバランスに膨らんでしまう。カードの出し入れがしにくくなるし、財布のフォルムも歪んでしまう。本作はフリーポケットがないからこそ、カードが使いやすく、カッコいいフォルムをキープできるんです。

お札

1万円札もスムーズに収納できるサイズ。ガバっと開いて、サッと出し入れできる。

片面に20枚は余裕で入ります。両面で40枚。十分すぎるほどの収納力です。

たくさんのお札が収納された状態でも、使いやすい。しっかりとマチが広がるから、見やすくて、パラパラとお札を数えて取り出せます。

左右で紙幣を分けることができるのも、本作のメリット。商品券、レシートなど、多種多様なアイテムを分けて収納できて便利です。

コイン

中央のファスナーがコインポケット。このファスナーもエクセラです。スムーズに開閉できる。

コインを20枚準備しました。

ガバっと開くため、まとめてザッと入れることができる。

ポケットが深いので、余裕で入ります。30枚は入るかな。ただあまりに多く入れるとぷっくりと膨らんでしまうため20枚くらいに抑えた方が良いと思います。

本作は「折りマチ」構造ではないのだけど、縦に長いため十分に開きます。

狙ったコインを取り出せる。

ただ、マチありの財布と比べてしまうと使いやすいとは言えません。コインは入れず、フリースペースと割り切ってしまっても良いかもしれません。

特徴

レデールオガワのコードバンを贅沢に使用

素材はレーデルオガワ社のコードバン。

濃淡のある表情は、染料仕上げの証。

奥行きのある透明感はレーデルオガワによる染料仕上げの真骨頂ですね。ホーウィン社のシェルコードバンにはない、均整な表情も特徴です。

「明るさ」によって異なる表情を見せてくれる。明るい空間だとより濃淡がはっきりとします。

バツグンにスムースな表面もコードバンの魅力です。指のカタチが鏡のようにくっきりと映る。指の色、シワまで映し出しています。

カーブする箇所が特に好きです。コードバンの光沢がもっとも楽しめる部位ですね。一枚革のコードバンラウンドファスナー長財布だからこそ、コードバンを最大限に楽しめます。

コードバンを堪能できるデザイン

同じコードバンを使ったCrevaleathcoの小さな財布「コンパクトマルチウォレット」は、外側にロゴがあしらわれています。

一方、本作は外装にブランドロゴがない。これは本作の主役がコードバンであり、コードバンだけを楽しめるように作っているからでしょう。

ファスナーの走るライン、先端と終端のカタチも変わっています。少し凹むようにカットされているのが伝わるでしょうか。これは、ファスナーを引いたときにスライダーがコードバンにぶつからないようにするためです。コードバンは傷つきやすいので、財布を開け締めするときにキズが付かないようにしているんでしょう。

ちなみに、このカッティングも丸みを帯びたカタチです。コバの仕上げも難しく面倒になるのだけど、美しく仕上げられています。

エイジングを楽しめる

本作で使われているレーデルオガワのコードバンは色、艶が変化します。色はさらに深みを増していくでしょう。

内装も美しく

革には「裏面」があります。繊維がむき出しのため、表面ほど美しくない。滑らかさも劣る。革の表面を使う方が、ずっと上質になります。

Crevaleathcoは上質を追求するブランドです。内側の素材もスゴイ。国産牛革が採用されています。こちらも染料仕上げの革だと思います。色ツヤが変化する、エイジングを楽しめるでしょう。

内側のカラーは、かなり濃いキャメルです。これも良い。

淡い色だと汚れが目立ちやすいですからね。

なお、汚れを目立たせたくない、ずっとキレイな見た目を保ちたいなら、ブラックをチョイスすると良いでしょう。キャメルよりずっと濃い内装のため、綺麗なルックスを保つことができます。

コインポケットの中だって作り込まれています。「革の表面」をさらに貼ることで、美観とスムースさを作り込んでいるんです。グッと上質感が増します。

オーダーによる受注生産。完成したての財布が手に入る

Crevaleathcoの財布は受注生産です。在庫はありません。完成までの時間はバックオーダーの数にもよるのだろうけど、今のところ1ヶ月弱かかるみたいです。

すぐには手に入らないのだけど、「出来たばかりの財布」が手に入る。エイジングを楽しめる革財布ですからね。なるべく新しい状態(作りたて)が手に入るのは嬉しいものです。

豊富なカラーバリエーション

コードバンのカラーラインナップは全5色。

  • ブルー
  • ブラック
  • レッド
  • キャメル
  • ダークブラウン

色の変化を楽しみたいならブラック以外をチョイスすると良いでしょう。色がもっとも顕著に変化するのはキャメルです。

カスタムオーダーできる

革の色を選択できる、カスタムオーダーが可能です。何がスゴイって、レーデルオガワのコードバンを10色からチョイスできること。

  • キャメル
  • ブラウン
  • ダークブラウン
  • チョコ
  • ネイビー
  • ブルー
  • グリーン
  • ブラック
  • レッド
  • バーガンディ

グリーンは珍しいですね。あまり採用されないカラーです。ちなみに、レーデルオガワのグリーンは、色の濃淡がすごく綺麗なんですよ。グリーンの財布はあまり使っている人がいないので、人とかぶらない財布が欲しいなら、カラーオーダーで珍しい色をチョイスすると良いですね。

日本最高峰の仕上げ

Crevaleathcoは、革職人の西森氏がすべての工程を担う個人工房です。細部までトコトン作り込まれています。

繊細なステッチワーク

手縫いによる美しいステッチワークを楽しめる。

3mmほどの細かなピッチはクラフト感が控えめ。上質で、ドレス寄りです。糸の色はコードバンのカラーと同じ系統のため、コードバンの美しさを邪魔しない。糸は麻糸(リネン)。ポリエステルの糸ではありません。光沢が控えめでマットなのもいい。だってコードバンが光沢を放つんですから。

内装には青いステッチが並びます。コントラストが楽しめる。

わずか1mmに満たないのだけど盛り上がった糸と、コードバンにめり込む糸目。この立体感が素晴らしい。

カーブラインも乱れのないステッチワーク。斜めに並ぶステッチが美しいです。

ヘリ返し

マチの部分。薄い革を使いつつ、「革の裏面」を見せないように仕立てられている。

美観が増すだけじゃない。薄くした革を折り返して、さらに革を貼ることで強度が増し、丈夫になる。高度な技術で丁寧に仕立てられています。

コバ

黒い染料で磨いたコバ、いわゆる「磨きコバ」です。エッジがわずかに削られているため、丸みを帯びたやわかなコバになる。

見た目がいいだけじゃない。ツルリとしたコバは手触りがよく、ぶつかったときの手当たりも優しい。

ファスナーの引き手も。

内装のポケットのコバも。あらゆる箇所が磨かれています。

ここまで作り込まれる製品はほとんどない。本作が高価なのは、高級なコードバンを使っていることだけが理由ではありません。細部まで丁寧に、最高の技術でトコトン作り込まれた財布だからです。

あとがき

クレバレスコのアリニンコードバン ラウンドジップは、細部まで丁寧に、美しく作り込まれた最高峰の財布です。

最高の素材と最高の技術で作られたラウンドファスナー長財布をお探しなら、本作はおすすめの財布です。

アリニンコードバン ラウンドジップを取扱いサイトで見る

SNS/YouTube

Twitter, Instagram, YouTubeも運営しています。フォロー、アンフォローお気軽に。


func_walletさんをフォロー