Crevaleathco ブライドル マネークリップのレビュー。コインも収納できる薄いマネークリップ

職人の西森氏がすべての工程を一貫して行う、革工房Crevaleathco(クレバレスコ)。財布ラインナップの中からブライドル マネークリップを紹介しましょう。

特徴は以下のとおり。

  • 薄いマネークリップ
  • コインも収納できる
  • 素材はブライドルレザー
  • Crevaleathcoの美しく丁寧な仕上げ

本ページではブライドル マネークリップの使い勝手、特徴、メリット・デメリットについて分かりやすく解説します。

スペック

ブランドCrevaleathco
商品名ブライドルマネークリップ
用途メイン
価格(税込み)38,500円
収納力★★☆☆☆
お札入れの数1
お札の枚数10
コインの枚数10
カードの枚数4
寸法W116×D85×H16mm
重量63g
素材ブライドルレザー × 国産牛革

ブライドル マネークリップを取扱いサイトで見てみる

カタチ、構造

本作はお札とカードを収納できる財布。いわゆる「マネークリップ」です。一般的なマネークリップとは異なり、本作はコインも収納できます(後述)。

部位によって厚みは違うのだけど、6〜10mmほど。極薄です。

サイズ感は、クラシカルな二つ折り財布よりも小さくて薄い。スーツの内ポケットへも快適に収納できる。携帯性に優れた財布です。

財布を留める仕掛けはありません。パカッと開き、パタリと閉じる「かぶせタイプ」。

素材は英国ブライドルレザー(詳細は後述)。クリップ部は、ブライドルレザーをギュッと巻きつけて作られています。

ブライドルレザーは裁断されていません。1枚仕立てだからブライドルレザーの表情をシームレスに楽しめる。贅沢なつくりです。

内装には二種類の革、ブライドルレザーと国産牛革が使われています。

中央に、お札をはさむクリップ。

左側にはカードポケットが。

そして、背面にはコインを収納できるポケットがあります。

使い勝手

カード、お札、コインの使い勝手を解説しましょう。

カード

3つのポケット

3つのポケットにそれぞれ一枚ずつ収納できます。ポケットデザインはストレートとカーブが採用されています。

最下段のカードポケットが最も使いやすい。ラウンドカットされているため指を添えやすく、カードの出し入れも快適です。

1つのポケットに2枚収納することもできるけど、推奨しません。カードを取り出すときに手間がかかる。また、本作のカチッとしたフォルムも崩れてしまいかっこよくない。財布に負担もかかるため、型崩れも起きやすいからです。やはり1ポケット1枚がいい。

では、4枚以上入れることはできないのか?

できます。

隠しポケット

段上のカードポケットの下。スリット状のポケットがある。

ただし、使い勝手が良いとは言えません。最後まで入れると、カードが完全に隠れてしまう。出しやすいとは言えません。

財布を大きく開いて、マチがないスリットから引き抜く必要があります。カードがクリップにもぶつかりがちになる。コントロールが難しいです。

お札を挟んだ状態では(ほとんどの場合、挟んでいるでしょう)、出し入れすることができません。

結論としては、隠しポケットに収納しておくカードは限られます。

持ち歩きたいけれど、ほとんど出し入れしないカードです。例えば、オートチャージ付きのSuicaなどは良いですね。そのままタッチ決済できて便利です(Suicaと干渉するカードを同時に携帯するなら、磁気防止カードが必要です)。

あるいは、免許証、保険証などがいいかな。

お札

お札を収納するときは、クリップを立ち上げる。途中まで立ち上げると、

バネの力で自動で開く。

これくらい開きます。

お札を収納してみましょう。センターに置く感じ。

クリップを倒すときも、途中まで押し込んであげれば、

自動的に閉じる。結構バネのチカラが強いです。はじめてマネークリップを使う人は戸惑うかもしれませんが、本作に限らずマネークリップのバネは固めです。

しっかりと押さえられているため、逆さにして降っても落ちません。

さて、お札を10枚準備しました。

クリップで押さえた様子。適当に閉じてみましょう。

はみ出ますね。これ、お札が不揃いだからです。

綺麗に中央で折りたたむようにすると、きちんと収まる。

5枚以上のお札をしまうときは、右側のフラップに挟んだほうが、早く、綺麗に収納できます。

日本のお札、ジャストサイズに設計されています。日本の財布は、こういうところがいい。

使い方です。横向きでも使えるけど、私は縦のほうが好き。

パラパラとめくって、お札を数えたり、取り出したい紙幣を探す。このアクション、マネークリップの醍醐味です。この操作がとにかく気持ち良くて、すごく使いやすい。理屈抜きにカッコいいいです。

狙ったお札を引き抜く。数枚まとめて取り出すこともできます。取り出すときは、クリップを上げる必要はありません。

別のマネークリップですが、マネークリップの使い方の動画です。参考になるかと。

さて、収納できるのは10枚ほどがMax。

10枚で、財布が開いてしまう。たくさんのお札を挟んで、机の上においたりするのは避けたほうがよいです。

半分の5枚。少ない方が開きは少ないです。

本作に限らず「お札を折る財布」ならこうなる。「お札が真っ直ぐに戻ろうとする力」が働いてしまうからです。

スポンサーリンク

コイン

一般的なマネークリップは、コインを収納できません。しかし、本作は違う。背面のポケットに、コインが収納できます。

薄さを実現するための、フラットな引き手。

小さくて、つかみ損ねることもあります。

開くとマチがお目見え。片マチ構造。このポケット、中も革の表面が使われているんですよ。

マチの裏にも革が貼られています。濃い色の革をあてることでコインの金属粉が付着しても、黒ずみが目立ちにくい。それに、捻(ねん)も引かれていますね。技術も手間もかかる仕事です。

ポケットは大きくないため、Maxで10枚ほど。なるべく少ないほうがいい。コインが重なると歪に膨らんでカッコ悪いです。

ブライドルレザーって硬いんですけど、本作はポケットが可動しやすいように薄く加工してあります。だから開きやすくて、想像以上にコインが入れやすいです。

見やすいとは言えないのだけど、1,2枚ずつ狙ったコインを取り出すことができます。

10枚前後でけっこうきつい。膨らみが気になるなら、財布を振るとフラットになりやすい。そして、なるべく小銭を使って、薄いフォルムを保つようにしたほうが良い。そのほうがカッコいいです。

片方にしかマチが無いのには意味がある。両方にマチがあると両端がポコっと膨らんでしまう。方マチだから、強制的にスリムになり、スタイリッシュなルックスを保ってくれる。

そもそもマネークリップは、最小限のお札とカードを挟むためのものです。そこに「コインも入る機能」をそのまま追加することはできない。マネークリップの薄さが死んでしまうからです。

たくさんのアイテムを持ち歩きたいのなら、クラシカルな二つ折り財布を選んだ方が良いでしょう。マネークリップのスリムさを活かしつつ、コインも収納できるギリギリのサイズ感をデザインしたのがCrevaleathcoのマネークリップなのです。

ブライドル マネークリップを取扱いサイトで見てみる

特徴

ブライドルレザーを贅沢に使用

ブライドルレザーはさまざまなタンナーで作られる革ですが、本作のブライドルレザーは、英国 クレイトン社製。100年以上の歴史をもつ、老舗タンナーの銘革です。

ブライドルレザーはタンニンを使ってなめされた革。馬具に使われる素材のため、堅牢性が求められました。ゆえに、極めて硬く作られた皮革です。「ハリ」が極めて強く、採用する部位、厚みによっては折れてしまうことがあるほど。

本作は、「ブライドルレザーらしくない」しなやかさがあります。薄くスライスして、カチッとなりすぎないハリに調整されています。

極めてスムースで透明感がある。なめらかな革はキズが目立ちやすいけど、使い込むことで色ツヤも変化し、キズと相まって迫力が生まれる。そんなエイジングを楽しめる革です。

指で触れても凹凸は分かりません。サラリとした肌目です。コードバンには及びませんが、指を映し出すほどの皮革です。

表面に見える、白い表情は「ブルーム」。ワックス成分が表面に付着したものです。これまで様々なタンナーのブライドルレザーを手に入れてきましたが、クレイトン社のはブルームが控えめみたいですね。ブルームの出方は個体差があるし、季節によっても変わります。

使っていると数週間でブルームは落ちてなくなるのですが、気になるなら強制的に落とすこともできます。ブラシでこすればすぐに落ちます。ここはお好みで。

スポンサーリンク

極限まで、薄く小さくしたマネークリップ

マネークリップは構造上、大きくなりがちです。クリップを添えなくてはいけないからです。また、ポケットを左にも右にもつけたりする。その結果「薄くないマネークリップ」が完成する(これはこれで、たくさん入るからニーズはあるでしょう)。

一方、本作は極めてシンプルな設計です。カードが3段だけなのも、高さを抑えるめ。ポケットが左だけなのも、薄くするため。

クリップ部、革がカットされているのも、クリップの飛び出しを抑えるため。

クリップ開閉時に可動するポイントがある。カットすることで財布の高さを揃えています。

コバ仕上げや捻引きが難しくなるのに、サイズダウンのために独特の設計を施している。Crevaleathco独自のコダワリです。

美しい仕上げ

Crevaleathcoの職人、西森氏の技が細部にも施されています。

ステッチ。

3mmほどの緻密なピッチ。これ、手縫いです。すごく時間がかかっているはずです。

斜めの糸目。立体感があって、きれいです。

コバ

面取りされた、丸みのあるコバ。手当たりがいい。マットな質感です。光沢は控えめ。

ブライドル マネークリップは、すべてのパーツがコバ仕上げされています。

捻(捻)

ステッチとコバの間のラインを捻(ねん)といいます。きれいに引かれています。

スポンサーリンク

オーダーメイドも可能

ブライドル マネークリップはオーダーメイドが可能。

  1. ブライドルレザーの色
  2. 牛革の色
  3. クリップとファスナー

上記3つを、お好みのカラーからチョイスするカスタムオーダーです。完成まで1ヶ月ほどかかります。革製品のオーダーでは一般的な納期です。

スポンサーリンク

受注生産による

本作に在庫はありません。オーダーしてから制作されるため、入手までに1ヶ月ほどかかります。

時間はかかりますが、出来たての製品を手に入れることができます。

パッケージ

しっかりとハリのある、ネイビー色のパッケージ。金色のロゴが高級感を出しています。

あとがき

薄くてシンプル。少しだけコインを収納できるマネークリップは少ない。さらに上質な素材、美しい仕立てのものになるとほとんどない。

Crevaleathcoのマネークリップは、そんな要望にかなえてくれる1品です。

ブライドル マネークリップを取扱いサイトで見てみる

SNS/YouTube

Twitter, Instagram, YouTubeも運営しています。フォロー、アンフォローお気軽に。


func_walletさんをフォロー