WILDSWANS ガルーシャ コースターのレビュー

日本の革工房、WILDSWANSのコースターを購入しました。

本ページでは「ガルーシャ コースター」の使い勝手、特徴、メリット・デメリットについて分かりやすく解説します。

スポンサーリンク

動画

ガルーシャの表情は動画のほうが分かりやすいですね。サイズ感、耐水実験なども。

カタチ・構造

表面はガルーシャ(エイの革)。WILDSWANS では珍しい一品。以前、アトリエ見学ツアーではコースターがワークショップの対象になっていたけど、素材はサドルプルアップだったはず。ガルーシャは硬いため、手縫いだと難しいですし。今後もワークショップでは扱わないんじゃないかと思います。

裏面はイングリッシュブライドル。サドルプルアップが2019年に廃止になったので、その代わりにWILDSWANSの定番になった革。表面には型押し(エンボス加工)が施されていて、凹凸のある手触り。机に触れる面ですから、キズがつきにくくするためでしょう。

3つのパーツで構成された、円形のコースター。表と裏を円形にステッチした構造ですね。

小さな製品ですが、WILDSWANS の意匠たる丸みのあるコバも健在。お財布と比べると薄くて2mmほどしかないのですが、美しく仕上げられています。

いつもの手触り。楽しい。

サイズ感は手のひらに乗るくらい。直径90mm。

使い勝手

フチの部分がわずかに盛り上がっている。

コップを置いたときに、コースターからコップが外れるのを防止してくれる。3枚の革を組み合わせることで作り出している、素晴らしい機能です。

内径(ガルーシャの部分)は72mmほど。一般的なコップ、少し大きなコップ、サーモスのマグカップなど、ほぼ全てのカップに対応。ただし、サーモスのマグカップはかなりギリギリでした。

ガルーシャの表情

本作のウリは表面のガルーシャでしょう。微細なキャビアが並ぶ表情は個体差があります。濃淡もあって美しい。なお、ガルーシャの特徴である「スターマーク」が採用されたコースターは存在しないと思います。スターマークは1つしか採れない部位ですから、財布などに使うのでしょう。

鏡面のように光を反射します。カッチリと固く、どこか革っぽくない。しなやかさとハリをあわせ持っていて、爪でひっかくとカリカリと音がする、不思議な革。エキゾチックレザーのなかではひときわ異彩を放つ素材ですね。

水への耐性

水滴を垂らして、しばらく置いてからタオルで拭き取ってみました。濡れたらシミになります。

しばらく放置すると、シミはなくなりました。「革のコースター」が染料仕上げの革だとシミになったままですから、ガルーシャというはコースターの素材として優秀ですね。

あとがき

ガルーシャはWILDSWANS の定番ではなくて、百貨店限定だったり、オーダーメイドで指定できる素材です。財布などを作ったあとの副産物としてコースターが作られているのでしょう。

コップをガシガシおいて使ってみようと思います。どのように変化するかな。

SNS/YouTube

Twitter, Instagram, YouTubeも運営しています。フォロー、アンフォローお気軽に。


func_walletさんをフォロー

スポンサーリンク