コードバンのベルトとは何か?間違いのない選び方と、私の好きなブランド

cordovan-belt-1

とろけるような光沢とツヤをもつコードバンは、迫力と気品に満ちた皮革です。
この美しさの虜になると、さまざまなアイテムを揃えたくなるもの。私にとっては、ベルトもその1つでした。

では、どのようにコードバンのベルトを選べばよいのでしょうか?
複数のブランドが販売していて、どれをセレクトすれば良いかわからない、という方もいらっしゃるはず。

そこで本日は、「10年使える、間違いのない一品」を切り口に、コードバンベルトの特徴、選び方、厳選したコードバンベルトを紹介します。

購入を検討されている方は、本ページをご覧になってからでも遅くないはずです。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

コードバンのベルトについて

コードバンの特徴をピックアップすると、こんな感じ。

  • あらゆる空間で映える美しさ
  • スムースで手触りがよい
  • 何年も使える丈夫なレザー

語りだすとキリがないので、より詳しく知りたい方は、こちらをご参照ください。

参考:コードバンとは何か。特徴や、メリット・デメリットを紹介

では、ベルトがコードバンになることで、何が良いのか?
ここでは、そのポイントを押さえてみましょう。

あらゆる空間で映える、美しい表情

cordovan-belt-5
飛び抜けて美しいプロダクトだということ。

明るいシーンでは、気品を。
cordovan-belt-2

暗いシーンでは、艶やかさを感じさせてくれる表情。
cordovan-belt-3

オイルを含んだスムースな表情は、つねに微光沢を放ちます。あらゆる空間で映え、人目を惹くのが、コードバンのベルトなのです。

正直なところ、「コードバン」という名前を知る人は、ほとんどいないでしょう。しかし、他の皮革との違いは明らかです。

触って気持ち良い

cordovan-belt-10

なめらかな表面は、サラリとした触り心地。
cordovan-belt-16

ベルトループをとおすとき、ふと腰に手を回したとき。自然とベルトに触れることがあるはず。その瞬間に、気持ち良さと、コードバンを使っている満足感を得られるのです。

10年以上使える素材

コードバンはとても丈夫な素材です。
子どもたちが扱うランドセル。その素材に使われているのは、堅牢さを語るに十分でしょう。6年間、多少乱暴に使っても破れたりすることがないのです。

革を構成する動物の部位にはさまざまなものがあります。

中でも「ベルト」には、肩の部位(ショルダー)が使われることが多いもの。(お腹(ベリー)の革は伸びやすいため、ベルトにはふさわしくないのです)。

では、コードバンはどこかというと、お尻の部分(シェル)です。
その正体は、繊維がギュッと詰まったコラーゲンの集合。密度が高くハリ・コシともにトップクラスの素材です。大変堅牢なため、背骨のあたりに負担がかかるベルトの素材として最適なのです(伸びたりしない)。
cordovan-belt-25

コードバンベルトの選び方

私はこれまでに、コードバンのベルトを3本ほど購入してきました。
(色、サイズ、カタチ、バックルなど、それぞれ微妙に違うものです。)

コードバンのベルトは、どれも1万円以上します。初めての1本であれば、ぜひ「10年使うこと」を切り口にセレクトするべき。ここでは、そのポイントを押さえましょう。

ほとんどのブランドで、3種類ほどが主流。

  • ブラック
  • ブラウン
  • バーガンディー

ジャケットなどのフォーマルな格好が多いならブラックを、カジュアルならバーガンディー。といいたいところですが、どのカラーも落ち着いた風合いです(嫌らしさがない)。お好きな色をセレクトして問題ありません。

あえて言うなら、靴(くつ)のお色に合わせると使いやすいと思います。

サイズ

cordovan-belt-24

5穴タイプなら、中央で留めるサイズがもっともバランス良いです。これはコードバンベルトに限りません。

次に、幅(高さ)。
cordovan-belt-19

一般的には、

30mm:ドレス
32mm:カジュアルドレス
35mm〜:カジュアル

とされています。
迷ったら32mmにしましょう。個人的に30mmをカジュアルに合わせるのも面白くて、よくやっているのですが、まぁこれは好みですね。

ちなみに幅が増えると価格もアップします。コードバンの量が増えるため、理にかなってますね。

バックル

cordovan-belt-4コードバンのベルトは、ドレスコードで使えるようにデザインされているため、バックルもシンプルでクラシカルなものが多いのです。これも好みで選べば良いでしょう。

なお、色については、個人的には、ゴールドよりシルバーの方がおすすめです。
(コードバンの美しさに目が行くから)

裏地

cordovan-belt-9

服に接する面もチェックしましょう。

コードバンのベルトは、ほとんどのものが裏張りされています。ベルトを通すときに、スムーズに着用できるチェックポイントです。触ってみて、サラリとしたものであればOK。

もう1つは、お色。
たとえば、淡いカラーのヌメ革は、とても美しいです。
cordovan-belt-7

しかし、水に濡れるとその部分だけ変化が目立ってしまいます。
cordovan-belt-8

何年も使ううちにエイジングし、次第に目立たなくなっていくのですが。これが苦手なら、濃い色のものを選びましょう。汚れや水染みが目立ちません。
cordovan-belt-23

コードバンベルトを見たいなら

百貨店の紳士服コーナーに行きましょう。

おすすめは高島屋、伊勢丹などの日本有数の百貨店。

50種類以上のベルトがあるので、コードバンベルトを探しだすのが大変ですが、店員さんに聞けば紹介してくれます。いくつか見てみると良いでしょう。

コードバンベルトを作るブランド

K.T.ルイストン

cordovan-belt-13

結論から言います。K.Tルイストンのコードバンベルトをセレクトすれば、間違いありません。

昔からALDENの革靴を取り扱ってきたブランドです。(ALDENはシェルコードバンを使ったコードバン靴を作る、老舗です。)

そして、「コードバンの靴と合う」ことを前提にデザインされたのが、K.Tルイストンのベルトなのです。

色、サイズ、カタチの異なるコードバンベルトをラインナップしています(他のどのブランドよりも種類が多い)。きっと気に入るものが見つかるはずです。

ショップオリジナルのコードバンベルト

伊勢丹、アローズやビームスといった、大手ショップは、オリジナルブランドのコードバンベルトをラインナップしています。

こちらのものも持っているのですが、K.Tルイストンと比べると、つくりや仕立ての点で、甘い部分があります。

量産できるからか、わずかにお安いのが特徴。K.Tルイストンでは高すぎる、そうお考えならショップオリジナルのコードバンベルトも良いでしょう。

あとがき

高価なコードバンのアイテムは、なかなか手が出しにくいもの。
財布は高価ですし、靴は雨の日に使うには気を使う。そういった中で、コードバンのベルトは手に入れやすいプライスで、ガシガシ使えるアイテムなのです。