プエブロのエイジング。一年間ポケットに入れて持ち歩いたプエブロはどのように変化するのか

本ページでは、バダラッシ・カルロ社の革、プエブロのエイジングをご紹介します。
色、ツヤ、質感、手触り、カタチがどのように変わるのか、本当のところを解説しましょう。

スポンサーリンク

条件

エイジング対象

プエブロで作られたONES WORKERの名刺入れです。

厚みは2mmほど。裏張りされていない、プエブロ一枚革の仕立てです。

色はペトローリオ。青と緑がMixされた、独特の色合いです。

使い方

2019年の6月〜2020年6月までの一年間、パンツの前ポケットに入れて持ち歩いていました。

カードケースとして10枚前後のカードを収納。また、パスケースとしても使っていました。ラフな使い方で、使用頻度もかなり多い。

200日ほど持ち歩いています。

クリーム、ワックスなどの油分を追加するメンテナンスはしていません。1,2ヶ月に一度、ブラッシングしたくらいです。

スポンサーリンク

おことわり

プエブロは個体差があります。また、使い方によってもエイジングは変わります。すべてのプエブロが本ページと同等の変化をするわけではありません。

一年間のエイジング

動画

スポンサーリンク

色の変化

新品のとき。

1年後。

新品のプエブロと比べると、全然違います。グッと深みが増しました。暗めのネイビーです。

光の当たり方によっては、深い緑にも見える。複雑な色です。

プエブロには「ネイビー」もあるんですけど、大きく変化する楽しみならペトローリオを選んだ方がいいかな。色の変化の楽しみをより楽しめると思います。

表情の変化

新品のときは、「毛羽立った部位」が白く目立ちます。

色が深くなることで毛羽立ちが目立たなくなる。

毛羽立ちこそプエブロの個性だと思うのだけど、少し落ち着きます。

スポンサーリンク

ツヤの変化

マットなルックスは新品のときだけ。プエブロはオイルレザーですので、使っているうちに油分が表面に出てきます。その油分でコーティングされることで光沢が生まれます。ツヤツヤに変化するんです。指のカゲだけじゃない。色まで映し出しているのが伝わるでしょうか。

特に折れ曲がる部位が好きです。光をさまざまな角度から受け、オイルレザーならではの光沢を見せてくれます。

スポンサーリンク

手触りの変化

プエブロの表面は毛羽立ちが乱舞しており、新品のときは和紙のような手触りがあります。

繊維が寝てスムースになった。油分でコーティングされているため、つるり・ピタッとしたオイルレザー特有の手触りに変化します。

ハリの変化

新品のときより、柔らかくなりクタッとした感じになる。しかし、ぐにゃりと曲がるほどではないです。

なお、ハリはプエブロの厚みや部位、製品の仕立て方によっても変わります。

考察・あとがき

プエブロとはバダラッシカルロの「ミネルバ・リスシオ」を毛羽立たせた革であり、特性はミネルバと似ています。

ミネルバ同様、クリーム、ワックスによる油分は不要(むしろオイルを追加することにより、毛羽の表情が均等には変化しずらくなってしまうかもしれない)。

パンツのポケットに入れていたわけで、夏場は汗も吸い込んでいます。しかし面倒なメンテナンスをすることもなく、美しく変化してくれました。ラフに扱いたい、それでいてエイジングを楽しみたいという願望を叶えてくれる、優秀な革と言えます。

プエブロは、色・ツヤがスピーディーに変化します。エイジングがお好きならきっと気にいるでしょう。

SNS/YouTube

Twitter, Instagram, YouTubeも運営しています。フォロー、アンフォローお気軽に。


func_walletさんをフォロー

スポンサーリンク