エムピウのトートバッグ ノマデのレビュー。軽くてコンパクト、デイリーユースにふさわしいカバン

mpiu-NOMADE-18

エムピウのトートバッグ、ノマデ(NOMADE)。休日に使う、お気に入りの1つです。

本ページでは、その特徴や使い勝手についてご紹介してまいります。

まずは、その特徴をピックアップしてみましょう。

  • 日常使いに丁度よい、コンパクトさ
  • エイジングを楽しめる、マットな牛革
  • ジャパンメイドの美しい仕立て

デイリーユースのトートバッグをお探しなら、ノマデは最適な1品かもしれません。参考にしてみてください。

スポンサーリンク

スペック

ブランドエムピウ
商品名ノマデ(NOMADE) Mサイズ
タイプトートバッグ
機能インナーポケット×3
サイズW360×D150×H290mm
重量880g
素材牛革
価格(税込み)41,040円

ノマデはサイズの異なる、2種類のラインナップ。

  • ノマデ-M
  • ノマデ-L

MサイズはA4のサイズ。LサイズはB4まで収納できる大きめのサイズです。

そして、本ページでご紹介するのはノマデ-Mの方です。

ノマデを取扱いサイトで見てみる

使い勝手

デイリーユースに丁度よい、コンパクトなサイズ

トートバックをセレクトするキモは、サイズにあります。言い換えると、どういったシーンで、どういったアイテムを持ち運ぶのか。これによってカバンの最適なサイズが決まるわけです。

すでに、土屋鞄のアルマスバッファロービジネストートを持っているのに、さらにノマデを購入したのは、その使いみちが異なるから。
mpiu-NOMADE-5

アルマスと比べると、ノマデはコンパクトです。たくさんの荷物を持ち歩かないシチュエーションに最適です。たとえば、数冊の本をもって図書館に行くときに愛用しています。軽くてコンパクトなノマドは、持ち運びに適したカバンなのです。

そこそこの収納力

コンパクトなカバンですから、収納力はそこそこ。(コンパクトでたくさん入るカバンは存在しません)。

とはいえ、デイリーユースには十分です。マチが結構広いので、ちょっと厚めのお弁当箱も収納できます。
少し大きめの本でもご覧のとおり。
mpiu-NOMADE-6 mpiu-NOMADE-19

さて、私のケースで紹介してみましょう。
mpiu-NOMADE-16-2

  • iPadmini or iPad
  • 厚みのある本3冊
  • 文庫本
  • A4ファイルシステム
  • マグボトル
  • 眼鏡ケース
  • 財布
  • カードケース

コレだけ入れて、まだ少し余裕があります。本があと2冊ほど入る感じ。
mpiu-NOMADE-7

しっかりとハリがあって、たくさんのアイテムを詰め込んでも型くずれしにくいのもポイントです。

もちろん、パンパンに詰め込みすぎると、カタチは変わってしまうのですが、そこで中の「留め具」が役立ちます。
mpiu-NOMADE-8

カバンの口をクロスするようにデザインされていて、これをかけることで、口がキチッと閉じるのです。美しいルックスを保つわけですね。多少は盗難の防止にも役立つはず。

横長の留め具を使うと、カバンの口がキュッと締まって、台形フォルムになります。どちらも美しいです。
mpiu-NOMADE-2 mpiu-NOMADE-9

※横の留め具をつなぐと、A4のファイルシステムは諦めなくてはいけません。

さて、ノマデの苦手なことも紹介しましょう。
ノマデは大きなアイテムは得意ではありません。たとえば15インチのノートPC。私の愛用するMacBookPro 15インチなら、ケースを付けない裸の状態でギリギリです。ケースを付けると無理。つまり、大きなノートパソコンを運ぶには向いていません。(もちろん、13インチなら余裕で入ります)。

こういった大きめのアイテムも持ち歩きたいなら、Mサイズは避けて、Lサイズをセレクトしましょう。

ポケットの仕切り

さて、中には3つのポケットがあります。

1つはファスナー付きのポケット。
mpiu-NOMADE-12

メインコンパートメントは、完全に閉じるつくりではありません。貴重品はここに入れておくのが良いでしょう。

2つ目は、ペットボトルなどを収納できるポケット。マグボトルもごらんのとおり。コーヒーを入れて、図書館へ出かけるのがお気に入りです。
mpiu-NOMADE-10

3つ目は、マチ無しの仕切り。ボタンで留めることができます。
スリムなアイテムの収納に適しています。私は、iPadなどのタブレットなどを入れておくのに使っています。
mpiu-NOMADE-11

底面には5箇所に鋲が打たれています。
mpiu-NOMADE-13

床においたとき、カバンが汚れません。革が擦れにくいので、長持ちさせるためのキモになるポイントです。キチッと自立するためにも必要なパーツですね。

エイジングを楽しめる。ハリのある国産牛革

エムピウは、プロダクトによって素材を使い分けているのですが、本作の素材は、タンニンなめし国産牛革。mpiu-NOMADE-17

マットでサラリとした表情には、次第にツヤが生まれてくるはず。(タンニンなめしの革は、ツヤや色の変化を楽しめる素材ですし、エムピウはエイジングする革しか使わないからです。)
mpiu-NOMADE-15

ちなみに、日本に流通するレザーアイテムの90%は、クロムなめしされ、顔料で仕上げられた皮革を使っています。安価に量産できるのがメリットですが、革の風合いや、エイジングを楽しむことができません。(「新品の表情をずっと保ちたい」なら、クロムなめしのカバンをセレクトした方が幸せになれるはずです。)

ノマデは、変化を楽しむカバンです。使ううちに育っていくカバンなのです。

ハリのある質感は、好みが分かれるポイントかもしれません。本作からは、キチッとした印象を受けます。ビジネスシーンに添えても違和感がなく、あらゆる空間に映えるのです。
mpiu-NOMADE-18

私がセレクトしたのはブラックですが、その他のカラーもラインナップされています。どれも美しいですね。
NOMADE_M

ジャパンメイドの美しい仕立て

エムピウのプロダクトは、すべて国内生産。
ノマデももちろん、ジャパンメイドです。

均等なステッチは美しい仕上がり。
mpiu-NOMADE-14

ハンドルは丸みのあるつくり、しっかりとステッチされコバも仕上げられています。
mpiu-NOMADE-3

ノマデを取扱いサイトで見てみる

あとがき

ノマデ(NOMADO)とは、「遊牧民」を意味します。

トートバッグの良さは、気軽に持ち歩け、アイテムをポイッと収納できるお手軽感にあると思うのですが、そういった用途から「ノマデ」と名付けたのでしょう。エムピウのセンスが良く出ているなぁと感じます。(本作に限らず、エムピウのプロダクトは、どれもユニークな名前が付いています。)

ノマデはその名前のとおり、「気軽に持ち歩くこと」に優れたトートバックと言えます。シンプルながら、美しい表情とエイジングを楽しみたいなら、本作はおすすめできる1品です。