BAMBIの三つ折りDバックル ZS0007のレビュー。薄くて、つけ心地の良いDバックルについて解説

BAMBIは複数のDバックルをラインナップしています。中でも一番のお気に入りが「Z0007」シリーズ。いくつも購入しています。

特徴は以下のとおり。

  • 薄くてつけ心地がいい
  • ベルトの厚み3〜4mmに対応
  • ステンレススチールの光沢仕上げ
  • 高すぎない価格
  • 丈夫で、何年も使える

本ページでは、Z0007シリーズの使い勝手、特徴、メリット・デメリットについて分かりやすく解説します。

スポンサーリンク

パッケージ

シンプルなパッケージ。高級感もない。でもこれでいい。捨てちゃうんだから。価格は色によって異なります。シルバーなら定価3500円。ネットだともう少し安く買えます。

裏面は説明書。ピンバックルからDバックルに変更する手順が書かれています。初めてでも安心。

バネ棒外しは必須工具です。時計のベルトを買うとおまけで付けてくれるお店もありますが、信頼できるものか確認しましょう。剛性がないものは使わない方が良いです。力点がブレやすく滑って時計を傷つけるリスクがあるからです。

時計ベルトを付け替えるのがお好きなら、使いやすいものを1つ持っておくと便利ですね。2千円くらいのものを買っておきましょう。

明工舎製作所のバネ棒外しを使ってます。シッカリとしていますし、持ち手に滑り止め加工されていて使いやすい。

これ1本で、バックル外しと装着ができます。

特徴

三つ折りタイプのDバックル

開いた状態。

閉じる。無駄のない構造も好きです。

腕には、このように添える。

一般的な金属ベルトの構造と同じ。シンプルで分かりやすいから、初めてのDバックルでも直感的に使えるでしょう。

なお、BAMBIは「観音開きタイプ」のDバックルもラインナップしています。おすすめは本ページでご紹介している「三つ折りタイプ」。両者の違いは、本ページでは解説しません。以下をご参照ください。

スポンサーリンク

ベルトの厚み3〜4ミリに対応

ピンの高さは4mm。ベルトの厚みに対応します。本作は3〜4mmくらいのベルトが対応。ベルトの厚みはメイカーによって異なるのですが、本作でほとんどのベルトはいけるでしょう。

3mm以下の薄いベルトや、厚みのあるベルトだと注意です。パチンとはまらないものは避けたほうがいい。外れるリスクがあるからです。時計が落ちたら目も当てられません。

ちなみに、「同じような構造」のSEIKOのDバックルは5.5mm。ベルトの厚みが3mmくらいだと、スペースが気になるかもしれない。薄いベルトだと「浮く」感じがする。

薄いからつけ心地がいい、快適に使える

極めて薄い。肌に触れる部位からピン留めのトップまで8.5ミリ。

ちなみにSEIKOは10ミリ。わずか1.5mmの違いだけど、これが使い勝手に影響する。デスクワーク時はDバックルはデスクにくっ付くため、Dバックルが薄いほど快適なんですよ。

オフの日なら気にならないんだけどね。週5日はこうなるわけですから、BAMBIのDバックルがいい。

スポンサーリンク

気持ちよく使える

わずか1mm程度の厚みのパーツですが、きちんと面取り(エッジが丸く落とされている)されています。肌にふれるものですから、装着したときの心地よさも作り込まれているわけです。毎日10時間装着するアイテムですから、ここは妥協したくない。BAMBIのDバックルはここも良いです。

スポンサーリンク

ステンレススチール製

鏡面仕上げのツルリとした肌目。ここは好みが分かれるかも。ヘアライン加工など、マットな感じが好きなら合わないかもしれません。

素材はステンレススチール。ステンレスは錆びないイメージがありますが、ステンレススチールだから錆びにくいだけかな。ノーメンテナンスで1年以上、雨の日も使っていますが錆びていません。

ただし、キズは付きます。デスクに触れる部位だからキズは避けられません。金属だって変わる。この変化がいいんですよ。キズが付くということは、「ヤスリ」を使えばヘアライン加工に仕上げることもできそうですね。

ゴールドのZG0007。15ヶ月使用した個体です。キズは付いていますが、ゴールドは残ったまま。メッキではないのかな・・・。まだ剥げてないですね。

スポンサーリンク

信頼できるDバックル

本作より安価なものもある。Amazonで「Dバックル」と検索したら1,000円程度のものだって出てくる。

でも、私はBAMBIのDバックルをおすすめします。日本のメイカーだからじゃない。中国も韓国も優れたプロダクトを作っていますから、日本のメイカーだから優れているとは断定できません。Made in japanであることは工業製品においてはもう大事ではないと思うのです。

私がBAMBIのDバックルをオススメするのは、もう何年も、いくつも使っているのに不具合が一切ないから。困ることも不満もなく、快適に使えているからです。

4種類のカラー、6種類のサイズがラインナップ

4色ラインナップ。時計のケースと合わせるのがセオリーかな。

色によって型番が違います。「Z + 色名 + 0007」 で採番されています。

サイズは10〜20mmのレンジ。2mmずつ異なる、6サイズラインナップされており、ほぼすべてのベルトで使えます。ブラックのみ3サイズですから、お使いのバンドに合うかチェックしてください。

型番 サイズ展開(mm)
シルバー ZS0007 10, 12,・・・,20
ゴールド ZG0007 10, 12,・・・,20
ピンクゴールド ZP0007 10, 12,・・・,20
ブラック ZB0007 16, 18, 20

取り付け方

あとがき

BAMBIのDバックル、とてもおすすめです。はじめてのDバックルとしても、2つ目のDバックルとしても。

0007シリーズ、じつは4つ目です。壊れて買い替えているわけじゃないんです。時計ベルトをいくつか持っていて、Dバックルを付け替えるのが面倒なので、時計ベルトを手に入れるたびに少しずつ増えている・・・。

SEIKOのDバックルも持っています。また、BAMBIは0007シリーズ以外にも、カタチ・サイズの異なるDバックルをラインナップしています。

それでも、私はBAMBIのDバックル0007シリーズを選ぶ。カタチ、使い勝手、サイズなどのバランスが素晴らしく、機能的で耐久性も申し分ないプロダクトだからです。

SNS/YouTube

Twitter, Instagram, YouTubeも運営しています。フォロー、アンフォローお気軽に。


func_walletさんをフォロー

スポンサーリンク