上質なリザードの財布ブランドのまとめ。間違いのない選び方について解説する

繊細なウロコが並ぶ上品さはリザードだけの特徴。リザード(トカゲ)の革製品は特別です。

さまざまなリザードの革製品を使用してきた経験を活かし、本ページでは「リザードの財布」について2部構成で解説します。

前半はリザードの財布を取り扱うブランドの紹介。それぞれの特徴を解説します。
後半はリザードの財布の特徴、選び方について、財布マニア・革マニアの視点で解説します。

リザードの財布は高価です。本ページを見てからの購入でも遅くないはず。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

リザードの財布を作るブランドのまとめ

Crevaleathco(クレバレスコ)

種類 二つ折り、かぶせ蓋の長財布、ラウンドファスナー長財布、コインケース
価格 4万円台〜

上質な革製品をつくるCrevaleathcoのリザード財布は、トップクラスです。丁寧な製法や細部にわたり美しく仕上げられた作品ばかり。他ブランドより高価ですが、品質を求める人におすすめのブランドです。

カラーラインナップも豊富。7種類ものカラーからオーダーメイドできるのはCrevaleathcoだけでしょう。

参考:Crevaleathco リザード長財布のレビュー

リザード長財布を取扱いサイトで見てみる

スポンサーリンク

GANZO(ガンゾ)

種類 二つ折り、かぶせ蓋の長財布、ラウンドファスナー長財布、マネークリップ
価格 3万円台〜

老舗の革工房GANZOは「LIZARD6 シリーズ」で取り扱っています。

カラーラインナップはビジネスに使いやすいブラックとブラウンのみ。さらにGANZO独自のリザードを使っていますから、他のブランドとは素材も異なります。

GANZOのリザード財布を見てみる

キプリス

種類 二つ折り、かぶせ蓋の長財布
価格 3万円台〜

キプリスも「LIZARDシリーズ」をラインナップしています。

百貨店などでの取り扱いが多いため見て選べるのもGood。「初めてのリザード」ならキプリスからセレクトするのもいいですね。他ブランドよりも安価ですし、きちんと細部まで美しく仕上げられています。

キプリスのリザード財布を見てみる

リザードの財布の選び方

スポンサーリンク

財布のカタチを決める

財布にはさまざまなカタチがあります。ライフスタイルに合うカタチを選びましょう。コンパクトに持ち歩きたいなら二つ折り財布を。たくさんのお金を収納したいなら長財布を。

また、カタチによっても「リザードの表情」は変わります。スマートフォンケースのように面積が小さいなら、左右非対称になる製品もあります(1匹のリザードから2つ作った方が効率が良いから)。

長財布のように大きな製品なら左右対象になる。トカゲの中央を贅沢に使うように裁断されています。

もっとも贅沢なセンター取りを楽しみたいなら、ラウンドファスナー長財布、かぶせ蓋の長財布など「大きめの財布」をセレクトしましょう。Crevaleathco、GANZO、キプリスはセンターが楽しめます。

スポンサーリンク

上質な財布を選ぶ

リザードの厚みは1mm弱。とても薄い革です。リザードの一枚革で財布を作ることはできません。フニャフニャとして剛性が生まれませんし、耐久性も低いからです。そのため、牛革などの「厚くてコシのある革」と貼り合わせて作られます。

前半でご紹介したブランドは「耐久性」を考慮してリザードと別の革を組み合わせて作っています。

リザードの財布を選ぶときは、何年も使える丈夫な作りになっているか、確認しましょう。

スポンサーリンク

利用シーンに合う色を選ぶ

リザードは独特の表情がキラリと光るため目立ちます。

利用するシチュエーションを考えて色を選ぶと良いでしょう。ビジネスで利用するなら、ブラック、ブルー、グレー、ブルーなどの落ち着いた色が良いでしょう。

オフの時にしか使わないなら、赤もいいですね。リザードの赤は特別です。

なお「マット仕上げ」で光沢を控えたリザードもありますが、あまり意味がありません。使い込むことで光沢が出るようになるからです。

あとがき

あなたのスタイルにマッチする、間違いのないリザードの財布を選びましょう。

SNS/YouTube

Twitter, Instagram, YouTubeも運営しています。フォロー、アンフォローお気軽に。


func_walletさんをフォロー

スポンサーリンク