Crevaleathco(クレバレスコ)の財布のまとめ。日本トップクラスの革工房の特徴にせまる

Crevaleathco(クレバレスコ)は日本の革工房です。

ラインナップする財布は上質で美しいものばかり。どれを選べばよいか、迷ってしまうかもしれません。

本ページではCrevaleathcoの財布をいくつも使ってきた革マニア・財布マニアの視点で、解説します。


本ページは二部構成です。

前半はCrevaleathcoの財布、全ラインナップを解説します。最適な財布を見つけてください。

後半はCrevaleathcoの特徴、メリット・デメリットの解説です。30以上のブランド、100以上の財布を使ってきたマニアの視点で、わかりやすく解説します。

本ページを読んでからの購入でも遅くないはず。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

Crevaleathcoの財布のまとめ

さまざまな財布があります。「小さい順」に掲載します。

コンパクトマルチウォレット

Crevaleathcoでもっとも薄く、小さな財布です。コインも収納できる機能性もGood。

たくさんの収納はできませんが、コンパクトでスリムなボディを保つことができる。最小限をスタイリッシュに収納したい。そんな方にフィットする財布です。

細部まで丁寧に作られています。小さくてもCrevaleathcoの技工を堪能できる。

コードバンのカラーラインナップも豊富。カラーオーダーもできます。

参考:コンパクトマルチウォレットのレビュー

コンパクトマルチウォレットを取扱いサイトで見てみる

マネークリップ

コインも一緒に収納できる、薄い財布です。

マネークリップは一般的な財布とは異なる使い方。ちょっとクセがあるため、これまで使ったことがない人は心配かもしれません。でも、大丈夫。すぐになれます。一般的な財布より、お札がずっと使いやすいんですよ。

マネークリップを取扱いサイトで見てみる

L字ジップハーフウォレット

いわゆる「ミニL字ファスナー」にカテゴライズされる財布。

最高級のレーデルオガワ社のコードバンを採用

さまざまなブランドが「ミニL字ファスナー」を作っていますが、本作は最高級かつ最高峰です。

細部まで徹底的にこだわって作られたプロダクトです。

オーソドックスで上質なミニL字ファスナーをお探しなら、おすすめの1品。本作に代わるものはないでしょう。

参考:L字ジップハーフウォレットのレビュー

L字ジップハーフウォレットを取扱いサイトでを見てみる

スポンサーリンク

二つ折り財布

イタリアレザーと、微細な光沢を放つリザードを組み合わせた、美しい二つ折り財布です。ホックもイタリア製。リザードを巻いて作ったボタンなどコダワリの詰まった逸品です。

外装の素材はCrevaleathcoの定番、ブリランテ。マットでカッチリとした質感ですから、ビジネスシーンにもピッタリです。

二つ折り財布を取扱いサイトでを見てみる

長財布(かぶせ蓋)

パタンと開け締めできる長財布。オーソドックスで、極めて使いやすいカタチです。

長財布を取扱いサイトでを見てみる

L字ファスナー長財布

お札を折らずに収納できるし、コインやカードも見やすく、取り出しやすい。
L字のファスナーは開けやすく、とにかく使いやすいです。

長財布を取扱いサイトでを見てみる

ラウンドファスナー財布

もっとも収納力があり、もっとも革を楽しめる財布。サイズも大きいため、携帯性は上述した財布に劣ります。カバンと一緒に持ち歩く人にオススメ。

ただし、本作は特別。一般的なラウンドファスナーよりずっと薄い。リザードの美しさとあいまって、極めて上質な装いです。

スリムだけど、ラウンドファスナーとしての収納力、使いやすさを備えた逸品です。

参考:Crevaleathco リザード ラウンドジップ長財布のレビュー

ラウンドジップ長財布を取扱いサイトで見てみる

Crevaleathcoの特徴

結論から。

上質な財布を求めるなら、Crevaleathcoを選んで間違いありません。

まずは、特徴をピックアップします(詳細は後述)。

  • クラシックな財布が多い
  • 職人 西森氏による個人工房
  • 上質なレザーを贅沢に使用
  • 手縫いによる、美しいステッチ
  • 何年も美しく使える耐久性
  • トップクラスの美しい仕上げ
  • 上品な色使い
  • 在庫がない。オーダー後の生産
  • オーダーメイドにも対応
  • 価格帯は3万円〜

クラシックな財布が多い

ラインナップする財布のカタチは以下のとおり

  • 小さくて薄い財布
  • マネークリップ
  • ミニL字ファスナー
  • 二つ折り財布
  • L字ファスナー長財布
  • ラウンドファスナー長財布

ほぼすべて、オーソドックスです。
ユニークなギミックを求めるならCrevaleathcoは合わないでしょう。

オーソドックスな財布をお探しの方にフィットするブランドです。

職人 西森氏による個人工房

Crevaleathcoは、職人の西森氏がすべての作業を実施する「個人工房」です。

だから、何が良いのか?

デザインから制作まで「革のプロ」が一貫して行うことで、高品質なプロダクトを妥協なく作られています。

だから、安心して買うことができる。どの製品でも上質なプロダクトが手に入ります。分業制の大手ブランドではありえません。

スポンサーリンク

上質なレザーを贅沢に使用

Crevaleathcoが採用する革は、以下のとおり。

  • ブリランテ
  • コードバン(レーデルオガワ製)
  • ブライドルレザー
  • リザード
  • クロコダイル

順にご紹介しましょう。

ブリランテ

Crevaleathco-cardcase-4

イタリアのタンニンなめし牛革。イタリアは革をつるく企業(タンナー)が複数あります。メジャーな革もたくさんあります。ブッテーロ、ミネルバ、アラスカなど、それぞれに特徴があり、優劣をつけることはできません。

Crevaleathcoが選んだのは、ブリランテ

極めてスムースな肌目。嫌らしくない上品さで、ビジネスシーンにも最適です。

マットでサラリとした触り心地の革です。ショルダーの部位のため、ハリのあるカチッとした質感です。

ブライドルレザー

英国クレイトン社のブライドルレザーです。ブライドルレザーの特徴である、「ブルーム」は控えめ。ハリのある革です。

コードバン

世界に誇る日本のコードバンに、特別な仕上げを施したコードバン。サラリとした肌目、指を映し出すほどにスムースさが特徴です。

透明感のある、美しいスムースレザーです。

リザード

お腹から脇腹にかけて模様が変わっていく革。クロコダイルよりエキゾチックさは控えめ。
ビジネスシーンでも使いやすいです。キズにも強くガシガシ使えるのも嬉しいポイント。

ワンポイントで使った製品から、
Crevaleathco-cardcase-8

贅沢に使った製品もあります。

クロコダイル

エキゾチックレザーの王、クロコダイルもラインナップされています。

手縫いによる美しいステッチ

Crevaleathcoの製品はミシン縫ではありません。手縫いです。1本の糸を、革の両サイドから縫い合わせ、ギュッと引き締めて仕立てています。

ピッチ間隔は3mmほど。繊細なステッチラインです。

一縫いずつ、均等に力をかけて糸を引き締めていくのだけど、シワになったり糸がプックリと盛り上がったりしていません。高度なテクニックの証です。

スムースな革をミシンで縫うと「ミシンで抑えた跡」がついてしまうこともある。手縫いなら跡もできない。スムースな肌目の革でも、美しさを最大限味わえる。手縫いの醍醐味です。

スポンサーリンク

何年も美しく使える耐久性

ぱっと見は、オーソドックスなポケット。量販の財布と変わらないように見える。

しかし、ここにCrevaleathcoのコダワリが詰め込まれています。

2枚の革が貼り合わされているのです。

裏側は見えないから、安価な素材を使っても良い。だけど、Crevaleathcoは裏面にも上質な素材を採用しています。ハリのある革を採用することで、カードを出し入れし続けても「ピン」としたカタチを保つことができる(革が伸びない)。また、スムースな表情の革が貼られているため、カードの滑りがよくなる。

耐久性と機能性を丁寧に作り込んでいるのです。

トップクラスの仕上げ

革製品を美しく、長く使えるためには、細部の仕上げも大切です。Crevaleathcoは、仕上げもすごい。

コバ

2枚以上の革を重ねると、ズレが生じる。革の断裁面(コバ)が揃っていないと、美しく見えないし、手触りもよくない。

Crevaleathcoの製品はコバも美しい。光沢は控えめでマット(言い換えると、ピカピカのコバが好きならCrevaleathcoは合わないかもしれない)。

丸みが出るようにエッジを削り、凹凸が目立たないように磨き上げるコバ仕上げです。顔料を塗りたくって凹凸を隠す「塗りコバ」より手間がかかるのだけど、コバの割れが生じにくい。

ツルツルとした手触りが気持ちいい。

捻引き

ステッチとコバの間に引かれたライン。これを「捻(ねん)」といいます。捻も美しい。一定の幅で、ブレずに引かれています。細かな装飾によりキチッと締まるルックスになる。

カーブも美しい。カーブラインに沿った捻は、西森氏の技術の高さを裏付けています。

上品な色使い

革によって異なりますが、3色〜5色がラインナップされています。好みで選んでも良いし、利用するシチュエーションで選ぶのも良いでしょう。

ビジネスシーンに添えるなら、定番のブラック、ブラウン、ネイビーなどの濃色がおすすめ。

オン/オフで使われる財布では1トーンが無難。Crevaleathcoのプロダクトでは、名刺入れなどでは1トーンのカラーを採用していますね。ビジネスシーンに添えるアイテムとして落ち着きのある装いを演出するためでしょう。
Crevaleathco-cardcase-8

一方、財布では「遊び」が彩られたものもある。青と赤。ハッキリとコントラストがでます。

2枚の革を縫い合わせるため、ステッチと革とのコントラストも生まれる。美しいステッチラインが際立ちます。

スポンサーリンク

オーダーによる受注生産

Crevaleathcoの財布は在庫がありません。注文を受けてから制作されるため、納期が最短でも3週間ほどかかります。

すぐに財布が欲しいなら、Crevaleathcoは合わないかもしれません。今日、ネットで財布を注文したら、翌日には手に入りますからね。

でも、一度こういった体験をしてみてもいいんじゃないかと思います。私はもう20回以上さまざまな革製品をオーダーしてきましたが、待っている間も楽しいんですよ。

「できたての財布」を手にすることができるのも、受注生産の魅力ですね。Crevaleathcoの財布はエイジングを楽しめる革が使われていたりするので、「ほぼ新品の状態」から育てる楽しみがあります。

カスタムオーダーができる

オーダーメイドもできます。

ただし、製品のカタチ、サイズ、機能を変更することはできません(フルオーダーは不可能)。

変更できるのは、革の色。いわゆる「カスタムオーダー」です。好きなカラーをパーツごとに選択できるため、珍しい色の組み合わせも可能です。

価格帯は3万円から

Crevaleathcoの製品は安価ではありません。素材、仕立てにコダワリ作り込まれた製品だからです。

上質な素材は、誰でも手に入れることはできる。しかし、上質な素材を使って上質な製品に仕立てることができるのは、極めて高い技術を持つCrevaleathcoだからこそです。

ブランドロゴが目立たない型押しなのは、上質なレザープロダクトにおいてブランド名を際立たせる必要がないからでしょう。

あとがき

Crevaleathcoの財布はどれも上質です。

クラシカルなカタチで、誰にでも使いやすい。長く使えるように、細部まで丁寧に作られた逸品です。どれを選んでも満足感を得られるでしょう。

取り扱いサイトでCrevaleathcoの財布を見てみる

SNS/YouTube

Twitter, Instagram, YouTubeも運営しています。フォロー、アンフォローお気軽に。


func_walletさんをフォロー

スポンサーリンク