GRAMAS L字ファスナーミニウォレットのレビュー。シュランケンカーフを使ったコンパクトな財布

GRAMASは、iPhoneケースなどを革小物をラインナップするブランドです。

本日紹介するのはGRAMASの財布、『シュランケンカーフLZip mini Wallet』。

特徴は以下のとおり。

  • ミニL字ファスナー財布
  • 軽くて携帯しやすい
  • マチが大きく、使いやすい
  • 素材はドイツ シュランケンカーフ

「小さなL字ファスナー財布」は、そこそこメジャーなカタチ。
いくつか持っているのだけど、シュランケンカーフを使ったものは初めてです。
本ページでは、使い勝手や特徴、メリット・デメリットなどを分かりやすく解説していきます。

シュランケンカーフの小さな財布をお探しの方は、参考にしてみてください。

スペック

ブランドGRAMAS
商品名German Shrunken-calf L Shaped Zipper mini Wallet
用途メイン
価格(税込み)15,000円
収納力★★★☆☆
お札入れの数2
お札の枚数16
コインの枚数10〜15
カードの枚数4〜6
寸法W117×H95×D20mm
重量70g
素材牛革(シュランケンカーフ)

動画

動画にしてみました。
使い方、サイズ感、シュランケンカーフの質感などが伝わるとよいのですが。

使い勝手

本作は「ミニL字ファスナー」にカテゴライズされる財布。
一般的な二つ折り財布よりもスリムなボディが特徴です。

片手で持てるサイズ。一般的なミニL字ファスナよりは、少し大きい。
公称スペックでは、わずか70g(ちなみに実測値は66g。個体差がありますね)。この小ささと軽さのおかげで、快適に持ち歩くことができる。

素材はシュランケンカーフ。カラーはトープ。
シボが美しい、高級皮革です(詳細は後述)。

一枚の革で、ぐるりと全体をカバーするように作られています。革の断面が無いデザイン。どこに触れてもシュランケンカーフのふっくらとした柔らかな手触りを堪能できるわけです。

マチの部分もシュランケンカーフ。贅沢なつくりです。

ファスナーの引手は、光沢のあるシルバー。

革財布に、金属の引手。

これは好みが分かれるところかもしれませんが、シュランケンカーフにシルバーはマッチすると思う。グッとラグジュアリな装いになるから好きです。本作以外にもシュランケンカーフのアイテムをいくつか持っているのだけど、ほとんどがシルバーのファスナーです。

なお、本作にはいくつかのカラーバリエーションがありますが、どのカラーを選んでもファスナーの色は変わりません。

スムーズに開閉できます。

中はこんな感じ。

一般的なミニL字ファスナーと、同じ構造に見える・・・。
ですが、小さな工夫がいくつか施されています。

各アイテムの使い勝手を解説していきましょう。

コイン

中央のポケットに、コインを収納します。ミニL字ファスナーでは定番のポケット。

一般的に、このポケットは使いにくい。
深くて、小さいからコインの出し入れに難がある(写真は別のミニL字ファスナー)。

ところが本作は、それほど使いにくいとは感じない。

ヒミツは素材と、大きなマチにあります。

ポケットの素材も、シュランケンカーフ。やわらかな質感です。

ポケットのやわらかさと、大きめのマチによって、ガバッと開いて、見やすい。

だから、取り出しやすい。

収納量は、Max15枚くらい。個人的には10枚がちょうど良いサイズになると思います。

20枚入れると、流石にボテッと膨らんでしまう。

これはこれで、可愛いけれど、やはり重くなってしまう。

コンパクトに、快適に持ち歩きたいなら、キチンと小銭を出しましょう。

スポンサーリンク

お札

コインポケットの両サイドに、お札を折ってから収納します。
本作に限らず、「ほとんどの小さな財布」で必要なアクション。折ってから入れるのが嫌ならミニL字ファスナーは避けた方が良いでしょう。

片側には千円札。

もう片方には、一万円札。

他にも、

  • お札と商品券
  • お札とレシート

など、収納するアイテムを分担させることができます。

この方が、キレイに整理できて、使いやすいですね。

お札を折らずに、中央ポケットを覆うように仕舞うこともサイズ的には可能。
ただし、お札がキレイに揃わないし、カードポケットに引っかかりやすい。

また、財布を広げたときにお札が飛び出てしまうことがある。上手く出し入れできませんでした。最初にご紹介したとおり、折って入れる方が使いやすいと思います。

カード

内装の側面に、ナナメに切り込みがあります。

サイドポケットの素材は、シュランケンカーフではありません。
つるつるとした質感で均一な表情の革。たぶん変化しない素材です。

ミニL字ファスナーでよくあるのは、ポケットの入り口が横一直線のもの。

比べると、本作は、カードの顔が大きくでている。だから、指を添えやすい。

抜き差ししやすいです。

カードの下部がステッチされています。カードが同じ高さでカチッと収まるので、スッキリと収納できる。よく考えられています。

反対も同じ構造。つまり、合計6枚ほど収納できます。

少し大きなクオカードも収納できます。

重ねて入れる構造。仕切りがないため、最小スペースで収納できる。だからうすくなる。ただし、複数のカードから狙った一枚を取り出すのは苦手。これはトレードオフです。カードの使い分けを重視するなら、段上のポケットが並ぶ財布をチョイスしたほうが良い。本作は、薄さや軽さを重視したデザインなのです。

特徴

スポンサーリンク

ドイツ シュランケンカーフを使用

シュランケンカーフはドイツのタンナー、ペリンガー社の代表作。
有名メゾンで使われている、高価な革。アパレルブランドではまず採用されません。

そのシュランケンカーフを外装とコインポケットに使ったのが本作なのです。

子牛の革(カーフ)を、薬剤でギュッと縮め加工(シュリンク)させた革。
だから、シュランケンカーフ。

微細なシボは、革が縮んでできた表情。サラリ・モチッとした、ずっと触れていたくなる質感です。

エイジングはほとんどしません。
少しクタッとした質感に変わりますが、色ツヤはほとんど変化しない。
新品のときの美しい表情を、長く楽しめる革なのです。

カラーバリエーションも豊富。ビビッドな色合いもシュランケンカーフの醍醐味ですね。お好きな色でチョイスすると良いでしょう。

型押しよりも弾力があり、圧迫やキズにも強い。さらに水にも強い。
雨に濡れても水シミにならないのです。だから、ビーチリゾードなどにも最適。

あとがき

小さなL字ファスナーはさまざまなブランドがラインナップしています。
しかし、シュランケンカーフを使ったものは非常に珍しいです。

シュランケンカーフの小さなL字ファスナー財布をお探しなら、検討してみてはいかがでしょうか。

SNS/YouTube

Twitter, Instagram, YouTubeもやっています。フォロー、アンフォローお気軽に。


func_walletさんをフォロー