CORBO. キュリオス L字ファスナー二つ折り財布のレビュー。現金、カードをたっぷり収納できる財布の使い勝手について解説

革工房CORBO.(コルボ)のキュリオスシリーズの財布を購入しました。
L字ファスナー 二つ折り財布をご紹介しましょう。

特徴は以下のとおり。

  • ミドルサイズの財布
  • 10枚以上のカードを収納できる
  • コインとお札をたっぷり収納できる
  • サイズは大きいけれど、軽い
  • 色・ツヤが変化するエイジングを楽しめる

本ページではコルボ L字ファスナー 二つ折り財布の使い勝手、特徴、メリット・デメリットについて分かりやすく解説します。

スペック

ブランドコルボ
商品名キュリオス L字ファスナー二つ折り財布
用途メイン
収納力★★★★★
お札入れの数2
お札の枚数20
コインの枚数30
カードの枚数12
寸法W140 × H95 × D30mm
重量130g
素材牛革 ✕ ファブリック

カタチ、構造

手のひらには収まらないけれど、長財布よりは短い。

大きすぎない、ミドルサイズのお財布です。

外装の素材は、国産の牛革。コルボオリジナルのレザーです(詳細は後述)。

小さくないボディだからこそ、革を十分に楽しめます。

外装にはポケットがひとつ。カードを収納できます。

開口部には、ファスナーとホックが並ぶ。

シングルホックでパチリと開きます。

ホックにはCORBOの刻印が施されています。小さなパーツにもCOROBOのコダワリが見て取れます。

中はこんな感じ。6つのカードポケットが左右にある。合計、12のカードが収納できます。

カードポケットの上には、お札の収納スペースが2つあります。

なお、キュリオスシリーズの内側には一部、ファブリックが使われています。革と比べてしまうと高級感は劣りますが、機能的には優れています。サラリとした生地でお札やカードの滑りがよい。さらに軽量です。本作の重量は130g。ミドルサイズの財布の中では、かなり軽い。もし内装もすべて革にすると、1.5倍は重くなるし、値段も上がる。使い勝手と価格のバランスを取ったお財布と言えます。

ファスナーの引手は、ボディと同じ革が使われています。コルボのロゴが型押しされています。

ファスナーがスムーズに開閉するため。気持ちよく使えます。ファスナーはL字タイプで、開け閉めがしやすいのもいい(ラウンドファスナー型(コの字型のファスナー)よりカンタンに開け閉めできる)。

内部には、マチ付きのポケットが2つあります。コインとカードなど、異なるアイテムを分けて収納可能。

中央にもスペースがあり、カードやレシート、クーポンなどを入れることができる。

キュリオスのL字ファスナー二つ折り財布は、ユニークでギミックの効いた財布です。カタチも珍しいため、人とかぶることも少ないでしょう。

使い勝手

カード、お札、コインの使い勝手を解説しましょう。

カード

12〜16枚ほどを収納できます。

見開きのカードポケット

左右に4枚ずつ、合計8枚のカードを収納できる。

収納できるカードは国際規格のサイズ(クレジットカードやSuicaなどのサイズ)だけじゃない。少し大きなクオカードも収納できます。

ずらりと並んだカードは、見やすくて選びやすい。いわゆる「小さい財布」はカードが5枚ほどしか入りませんし、カードも選びやすいとは言えません。比べると、本作は使いやすい。

横に入れる

段になったポケットの背面にも、スペースが2つ。これが左右にあるため、合計4つの収納ポケットがある。

(お札の収納量にもよりますが)1つのポケットに、2枚ほど入ります。

こちらのポケットは収納するとカードが見えなくなるため、段状のポケットと比べると出し入れしにくい。免許証や保険証など、「持ち歩きたいけれどほとんど出し入れしないカード」を収納しておくのがよいでしょう。

背の高いポケットだから、新幹線のチケットなど、「少し長いアイテム」も折りたたまずに余裕で収納できます。

外側のポケット

スリットになっていて、カードを収納できる。

収納するとカードが完全に隠れます。

このポケットからは取り出しにくいため、「よく出し入れするカード」は向かない。ただし、逆さにして振っても、カードが落ちない安心感があります。Suicaなど、タッチ掲載可能なICカード類を入れておくのが良いでしょう。

コインポケットの中

マチの無い、スリット状のポケット。ここはあまり使いやすいとは言えません。

コインと一緒に使うカードもあまりないだろうし、無理に使わなくてもいいかな。レシートなどを入れておくのに使ったりするくらいです。

スポンサーリンク

お札

収納スペースがふたつある。つまり、千円札と1万円冊など、分けて収納できます。

まず、手前のポケットから。お札を手折りせずに、ダイレクトに収納できる。横幅に余裕があるため、お札10枚をまとめて収納するときもスムーズ。

内装のファブリックがサラリとしているため、お札の滑りがいい。ストレスなく出し入れできます。

ガバっと開くから見やすい。ポケットの中で、お札を数えて取り出すことができます。

ただし、ポケットが深いので、奥まで差し込むと見にくくなる。

ホックで留めてしまえば、お札が抜け落ちることがないため、あえて浅く(ポケットのフチギリギリ)まで収納しておくほうが使いやすいですね。

さらに上段にも、同じようなポケット。こちらも同じようにお札を収納できる。札入れが二つあると便利です。千円札と1万円札と分けて収納しても良いし、お札と商品券、レシートなど、様々な組み合わせができます。

なお、こちらは「ポケットがさらに深くなる」。

2つのポケット、それぞれに10枚ずつ、20枚収納するとバランスよく入れたほうがいい(片方に入れすぎると、財布のカタチが崩れるので、分けて入れた方がいい)。財布のフォルムを保てるし、型崩れを予防できると思います。

コイン

両マチ構造のポケット。深く、幅が広いため、たくさん入ります。15枚入れてみます。ガバっと開くから、入れやすい。

ポケットが深いと取り出しにくいものですが、大きく開くため、見やすくて、取り出しやすい。

とにかくたくさん入ります。30枚くらいは入る。この収納力は、一般的な財布よりかなり多い。

ただし、コインが重なりあうとボテっと膨らんでしまう。使いやすさと財布の負担を減らすため、15枚くらいに抑えたほうがいい。15枚までなら、もう片方のポケットにカードを収納することもできます。

特徴

ミドルサイズで大容量。使いやすい財布

お札、コイン、カードを沢山収納できる。それでいて使いやすいのが本作の特徴です。

「小さい財布」よりたくさん入るのはもちろん、オーソドックスな「かぶせ蓋の長財布」よりも収納力は上。しかも、カードもお札も使いやすいです。

スポンサーリンク

ウォレットチェーンを装着可能

財布の端にリングが付いています。ウォレットチェーン(ロープ)をつなげることができます。

スポンサーリンク

コルボ別注、栃木レザー社のタンニン革を使用

キュリオスシリーズで使われる革は特別です。コルボが日本のタンナーと協力して作ったオリジナルのレザー。つまり、キュリオスだけの特注です。

微細なシボのある表情。シボの感覚は均一ではなく、ランダム。自然な風合いを楽しめます。

シボを指先で感じとることができる。フワリと柔らかな手触りです。

自然な風合いの革です。部位によってシボの度合いが異なります。キズだってあるかもしれません。

コルボはミネルバやブライドルレザーなど、世界の銘革を使ったシリーズもラインナップしています。そちらからキュリオスに興味が移ったなら、手触りが違うことを押さえておいた方がいいかも。キュリオスは柔らかいです(ミネルバやブライドルの方がカチッとしています)。※写真はface bridleシリーズのお財布

エイジングを楽しめる

キュリオスの革は、色・ツヤが変化するエイジングを楽しむことができます。

触れるとわずかにしっとりとしていますので、オイルを含んでいるのでしょう。オイルレザーは、使っているうちに油分コーティングされます。クリームやワックスでのメンテナンスをせずとも、普通に使うだけで、育っていく革です。

スポンサーリンク

細部

ロゴ

ブランドロゴが内側に。素押しで目立たないのも良いですね。

いくつかロゴが入ってますね。

ステッチ

ミシン縫いです。角のわずかなRも、カーブに沿って綺麗に縫われています。

コバ

減り返しです。つまり、革の断面が見えない仕上げ。

革の表面はとても丈夫なため、ポケットに出し入れしても破れにくい。長く使えそうです。

あとがき

キュリオス L字ファスナー二つ折り財布は、たくさんのカード、お札、コインを収納できる、使いやすいさいふです。お値段も控えめで、エイジングも楽しめる。はじめての革財布としてもおすすめです。

SNS/YouTube

Twitter, Instagram, YouTubeも運営しています。フォロー、アンフォローお気軽に。


func_walletさんをフォロー