シェルコードバン スタンフォードのレビュー。ココマイスターの最高峰コードバンシリーズ、その長財布の魅力に迫る

DSC07310

ココマイスターのコードバンシリーズでは、さまざまな財布がラインナップされています。その中からセレクトしたのは、シェルコードバン スタンフォード。

その特徴をピックアップしてみると、こんな感じです。

  • かぶせ蓋タイプの長財布
  • たくさんのカードを収納できる
  • ホーウィン社シェルコードバンの美しく、存在感のあるルックス
  • 外装も内装も、すべてシェルコードバン

本ページでは、スタンフォードの使い勝手、特徴。メリットやデメリットについて紹介します。コードバンの長財布を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

スペック

ブランドココマイスター
商品名シェルコードバン スタンフォード
用途メイン
価格(税込み)9,5000円
収納力★★★★★
お札入れの数2
お札の収納枚数30
小銭の収納枚数20
カードの収納枚数14
寸法H93 x W190 x D24 m
重量143g
素材コードバン(ホーウィン社製)

公式サイトでシェルコードバン スタンフォードを見てみる

使い勝手

スタンフォードは、「かぶせ蓋タイプの長財布」にカテゴライズされます。いわゆる、オーソドックスな長財布ですね。

素材は、ホーウィン社のシェルコードバン。ALDENをはじめ、世界のトップメゾンが採用する、最高峰のコードバンです。

シェルコードバンの一枚革で仕立てられた外装には、継ぎ目がありません。余計な装飾も一切ありません。スムースで、柔らかな質感を、ダイレクトに楽しむことができるのも、スタンフォードの醍醐味です。
DSC07467

シェルコードバンは、オイルをたっぷりと含んでいるため、しっとりとしていて、柔らかな手触りを楽しめます(ブライドルレザーのようにカッチリとした質感ではない。けれどもグニャリと曲がることのない、適度なハリがあります。)。
DSC07432

スタンフォードのサイズは一般的な長財布と同じくらいです。男性の私が手に持つとこんな感じ。
DSC07356

今日では、コンパクトさをウリにする財布はたくさんあります。そういったものと比べると、 スタンフォードは必ずしもコンパクトとは言えません。携帯性を重視したいなら、他にいくらでもあります。

しかし、「広い面を持つ長財布」だからこそ、コードバンの美しさや高級感を、より一層堪能できるのです。「コードバンを楽しむ」という点で、スタンフォード以上の長財布はなかなかありません。
DSC07355

さて、使い勝手について紹介してまいります。

スタンフォードはかぶせ蓋タイプですから、財布を留めるものは何もありません。
1アクションでオープンできて、すぐにお会計できるのは、かぶせ蓋タイプだからこその使いやすさです。
DSC07359

カード

両面にカードポケットがあしらわれています。
DSC07323

ポケットには、少し太めの念引きがあしらわれていて、キリッと引き締まった印象を生み出してくれます。(この念引きもまた、日本の技術の1つです。)
DSC07464

お札入れ、小銭入れの付いた面には、8枚のカードポケット。
DSC07324

もう片面は、6枚のカードポケットが付いています。
DSC07362

つまり、スタンフォードには14枚のカードを分けて収納できます。

長財布には、L字ファスナー、ラウンドファスナーと、さまざまなタイプがありますが、カードが整然と並ぶルックスを堪能できるのは、かぶせ蓋タイプだけですね。お気に入りのカードがある人ほど、楽しめるはずです。
DSC07326

使い勝手もバツグンです。ガバッと開くため、たくさんのカードがあっても、見やすく、取り出しやすいんですね。


6枚のカードポケットの最上段には、フリーポケットが備わっています。
DSC07337

反対の面は、小銭入れの手前にフリーポケットがあります。
DSC07328

どちらもマチは無いので、たくさんのアイテムを入れることはできません。新幹線のチケットや、レシートなど、少し長めのアイテムも折り曲げずに収納することができる、使い勝手のよいスペースです。

お札

札入れは1つ。折込マチのつくりですから、たくさんのお札を収納することができます。
DSC07333

30枚くらいは余裕ですね。現金を多く持ち歩く人も、十分満足できるはずです。
DSC07334

余裕をもった幅になっているため、スムーズにお札を出し入れできます。
DSC07336

一般的な長財布と比べてみましょう。
財布の札入れには、1つのものと、2つのものがあります。そして、スタンフォードは前者です。

これは好みが分かれるかもしれません。当たり前ですが、2つに分かれたタイプの方が、仕分けできて便利なのです。お札や商品券を分けて管理することは、スタンフォードは苦手です。

言い換えると、シンプルな1層にデザインすることで、スリムさと携帯性を優先した財布なのです。(2層式にすると、財布が分厚くなってしまいます。これは避けられません)

コイン

ゴールドのファスナーが目を引きます。こちらがコインポケット。
DSC07339

スタンフォードの良いところは、コインポケットの内装でさえ、同じトーンの色で統一されていることです。カラーラインナップには、ブラックと、ボルドーワインがあるのですが、コードバンのカラーと合うように、統一された色で仕立てられています。
DSC07340

また、ダークトーンのカラーというのも素晴らしいです。汚れが目立たないのです。
コインポケットの中で、コインがこすれ合うことで、どうしても金属粉が生じてしまいます。これが付着することで、財布が汚れたように見えてしまうんですね。スタンフォードの内装は、ダークトーンのため、そういった汚れが、そもそも目に見えないのです。ずっとキレイに使えるんですね。

コードバンはとても丈夫な素材で、大切に使えば6年以上余裕で使うことができます(乱暴に扱われてしまう、ランドセルの素材になるのは、その耐久力がバツグンだからです。)。

ところが、多くの人は、何年も使う前に買い換えてしまいます。その最大の理由は、「財布が汚れたように見えるから」ではないでしょうか。スタンフォードはそもそも汚れが目立たないので、一般的な財布よりも、ずっと長く愛用できるわけです。

公式サイトでシェルコードバン スタンフォードを見てみる

特徴

ホーウィン社シェルコードバンを使った、贅沢な長財布

コードバンを馬の原皮から一貫してつくることができるタンナーは、世界に数社しかありません。その中でも最高峰のコードバンを作るのが、創業100年を誇るアメリカの老舗タンナー、ホーウィン社。その代表作であるシェルコードバンが、スタンフォードで採用されています。
DSC07476

最大の特徴は、バツグンの輝きと存在感。奥行きのある透明感と、濃淡があいまったルックスは、高級感のカタマリです。世界には様々な名革がありますが、コードバンは一線を画する存在。革のダイヤモンド、革の王と呼ばれるのには理由があるんですね。
DSC07467

指のカタチだけでなく、その色まで映し出しているのが伝わるでしょうか。まるで鏡のように景色を映すスムースな表情のなせる業です。
DSC07320

本作スタンフォードの一番の魅力は、そのシェルコードバンが内装にも使われているということです。(一般的に販売されているコードバン財布の90%は、「コードバン以外の革」で内装が仕立てられています。内装までコードバンで仕立てられている財布はほとんどありません)
DSC07359

財布を使っているときでさえ、バツグンの輝きを堪能できるのです。DSC07461

スタンフォードのような長財布の場合、(二つ折りなどの小さな財布と比べて)たくさんの革が必要になります。そのため、内装までコードバンで仕立てると、とても高価になってしまいます。ですから、ビジネス的にも、総コードバン仕立てのアイテムは、量産が難しいはずです(購入する人は限られるためですね)。

事実、スタンフォードはココマイスターの定番アイテムの1つですが、基本的には売り切れています(私も販売開始時間に、すぐに購入したのですが、10分ほどで売り切れていました)。コードバンの希少性から量産できないのも理由かもしれません。

さて、ホーウィン社のコードバンについて、少し見てみましょう。

ホーウィン社のコードバンを一口で言い表すなら、「荒々しいコードバン」といったところでしょうか。ホーウィン社は、自然の風合いを大切にしているようで、「磨き」でさえもハンドメイドです。そのため、表面はとても自然な仕上がりとなっています。

例えば、私が購入したスタンフォードには、ピンホールと呼ばれる毛穴などもあります。
DSC07418

また、表情の色合いは、均一感のある仕上げではなく、わずかに濃淡が見てとれます。
DSC07475

こういった少しラフな仕上がりは、シェルコードバンの特性です(ココマイスターに限りません)。個体やロットによっても差があるのですが、自然の風合いを活かした仕上げなのです。
コードバンの正体は、馬のお尻の皮の中間に位置する、「コードバン層」を削り出したものです。馬の個体によって、その厚みが異なるうえ、染料を染み込ませることでカラーリングをほどこしているため、色ムラが生まれやすいんですね。

このラフさが、迫力のある表情を生み出しているのです。「威風堂々」といったところでしょうか。
DSC07355

コードバンは使い続けることで、線維が寝ていき、よりスムースさが増していくのです。また、たっぷりと含んだオイルによって、光沢のあるツヤが生まれてきます。美しさと迫力が増す、育つ革なのです。

クリームやオイルを追加するといったケアも基本的には必要ありません。一番のケアは毎日使ってあげること。手のオイルが自然と財布に移るので、潤った状態になります。(自動車の革ハンドルにクリームを塗ったりしませんよね?これも「毎日触ること」でケアをしているからです)。

逆に言うと、しばらく使わない期間があるなら、たまに引っ張り出して乾拭きしてあげましょう。オイルが循環して表面に浮き出てくるため、乾燥から守ってくれます。

ジャパンメイドの丁寧な仕立て

ココマイスターの財布は、日本の熟練職人によるハンドメイド。日本の財布のつくりは世界一だと思っているのですが、本作もまた、とても丁寧に仕立てられています。

ここでは、スタンフォードの代表的な意匠を見ていきましょう。

コバ

財布は落としたり、ものとこすれたりすることが多いアイテム。だからこそ、財布本体にダメージがいかないように、コバの仕上げがとても大切になります。

スタンフォードのコバは、コードバンのカラーとマッチするように同色で仕上げられています。
DSC07345

丁寧に磨かれたコバが生み出すのは、美しさだけではありません。ツルリと手触りが良いため、使っていて気持ちいいのです。
DSC07364

スタンフォードのこだわりは、そのエッジにも見てとれます。
一般的に、長財布からはソリッドな印象を受けるのですが、スタンフォードはどこかやわからかで上品な印象を受けます。この理由は、エッジにあります。
わずかにラウンドしているのが伝わるでしょうか。
DSC07343

この流麗なプロポーションは、エッジを削り、磨く作業を繰り返すことで作り出される、手間のかかった技の結晶です。(こういった仕上げがなされた長財布は、ほとんどありません。)。

ステッチ

ステッチは真っ直ぐで、美しい仕上がりです。
DSC07349

ステッチカラーは、コードバンと合う、ブラック。
糸1つ見ても、コードバンの美しさを堪能できるデザインに仕上げられています。


スタンフォードは、世界最高峰のコードバンを使うだけでなく、日本の職人によって1つ1つ仕立てられています。細部にまで、美しい仕上げがなされた、まさに贅沢の極みといえる長財布です。

ココマイスターのロゴがあしらわれているは、内装の端っこ。素材そのものがスタンフォードの真髄ですから、余計な装飾は必要ないのです。コードバンの質と、仕立ての良さで勝負できる、その自信の現れでしょう。
DSC07342

カラーリング

シェルコードバンを使ったシリーズの、カラーラインナップは2色のみ。
スクリーンショット 2017-06-03 11.03.39

ブラックとボルドーワインです。

ここまでご紹介したスタンフォードは、ブラック。

ボルドーワインは、恐らくホーウィン社が「ダークバーガンディ」としてラインナップしているシェルコードバン(いわゆる「No.8」)でしょう。キツイ、華やかな赤ではなく、落ち着いた深みのある色合いです。

どちらをセレクトしても、ビジネスシーンはもちろん、あらゆる空間に映えるカラーです。

スタンフォードはどういった人に合う財布なのか

ココマイスターがラインナップするコードバン財布は、たくさんあります。その中からどれを選べば正解なのか、なかなか難しいのではないでしょうか。

ここでは、スタンフォードを選んで幸せになれるのは、どういう人か紹介してみます。
高価な財布だからこそ、「あなたにハマる財布かどうか」、押さえてみましょう。

合う人

スーツやジャケットなど着る方、もしくはカバンで財布を持ち歩くなら、スタンフォードは最適です。
(ヒップポケットに入れて持ち歩きたいなら、二つ折り財布をセレクトした方が満足度が高いと思います。)

長財布にはさまざまなカタチがありますが、個人的にはこのタイプが一番使い勝手が良いと思います。収納力と携帯性のバランスが良く、あらゆるシーンで使える、汎用性の高い財布です。

二つ折り財布や、ラウンドファスナー長財布よりもスリムなボディですから、スーツの内ポケットへの収まりは、あらゆる財布の中でNo1です。取り出す所作もカッコイイですし、ジャケットスタイルに映える財布として優秀です。

また、1アクションで開くことができるので、お金やカードの出し入れも楽です。
DSC07359

まとめます。
スタンフォードは、携帯性、収納力、使いやすさのバランスが取れた、オールラウンドの財布です。長財布の中で迷ったらスタンフォードをセレクトしておけば、間違いありません。

合わない人

スタンフォードは長財布ですから、手ぶらにこだわるなら、止めておきましょう。
コンパクト持ち歩きたいなら、二つ折り財布の方が良いでしょう。

長財布が良いけど、ファスナーで留めるタイプがお好きなら、ラウンドファスナー型のアーチデュークがおすすめです。

あとがき

すべてシェルコードバンで仕立てた、オーソドックスな長財布。さらに、ジャパンメイドの上質な仕立てを求めるなら、スタンフォード以上のものはまず無いように思います。

カードの収納枚数など、バツグンの使い勝手も含め、コードバン財布の中では最高峰の1品です。そういった意味では、1つのゴールだと思います。

多くの人が、10万円近い財布を買うなら、ボッテガ・ヴェネタなどのハイブランドをセレクトしています。そのため、スタンフォードをセレクトして人と被ることはまずないでしょう。違うものを持ちたいという方にも、とてもおすすめできる1品です。

値段に見合う価値は十分にある、とても満足感の高い財布です。

公式サイトでシェルコードバン スタンフォードを見てみる