シェルコードバン・アーチデュークのレビュー。ココマイスター最高額のラウンドファスナー財布の魅力に鋭く迫る

DSC07370

ホーウィン社のシェルコードバンは、美しさ、迫力、艶やかさ、エイジングといった点で、右に並ぶものはいない、革の王と呼べる素材です。

今回レビューするのは、そのシェルコードバンを内装にまで使った、最高級の1品。ココマイスターのラウンドファスナー財布、「シェルコードバン・アーチデューク」です。

ざっと、アーチデュークの特徴をピックアップしてみましょう。

  • ラウンドファスナータイプの長財布
  • 外装も内装も、ホーウィン社シェルコードバン
  • 日本の職人によるトップクラスの上質な仕立て

本ページでは、アーチデュークの特徴に鋭く迫りたいと思います。
ホーウィン社シェルコードバンを使った、ラウンドファスナー財布をご検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

スペック

アーチデュークを公式サイトで見てみる

使い勝手

アーチデュークの外装はシェルコードバンの一枚革。ぐるりと覆うデザインで、継ぎ目は一切ありません。どこを触っても、どこを見ても、シェルコードバンを楽しむことができます。大きな面いっぱいに、光沢とツヤ、迫力と存在感を味わうことができ、それを邪魔する装飾は一切ありません。
DSC07409

ラウンドファスナーですから、決してコンパクトとは言えません。
一般的なものと比べて、サイズは同じくらいですね。男性の私が手にとるとこんな感じ。
DSC07410

まだ新品の時点では、コードバンのハリがプロポーションに影響していますね。少し丸みを帯びていて、どこか柔らかな印象も受けるルックスに仕上がっています。
DSC07377

アーチデュークの質感は、硬すぎず、柔らかすぎずといったところ。
シェルコードバンはオイルをたっぷりと含んでいるため、手馴染みのよい柔らかさがあります。さらに、徹底的に磨き上げられた表面は、サラリとしたさわり心地。何というか、触れていて気持ちのよい素材なのです。
そもそもコードバンは、厚みのある革では無いため、ブライドルレザーほどカチンとした硬さはありません。とはいえ、ぐにゃりと曲がるほどではなくて、柔らかさとハリがバランスされた質感といったところです。
DSC07431

さて、実際の使い勝手についてご紹介してまいります。

ファスナートップもコードバン。単に平べったい革ではなく、中央が少し膨らんだ肉厚のつくり。そのため、しっかりと握ることができます。
DSC07371

コードバンのカラーと合わせた、ブラックのファスナーテープ。そこに走る、ゴールドのファスナーが目を引きます。ファスナーは日本が誇る、YKKのもの。引っかかりは一切なく、とても滑らかにオープンすることができます。
DSC07417

内装もシェルコードバン。ギラリと開く光沢を財布の中を見ても味わうことができるのです。
DSC07395

中のつくりは、一般的なラウンドファスナーと同じです。
左右対称のシンメトリな美しさは、ラウンドファスナーだけの醍醐味です。
DSC07387

ガバッと開くので、各アイテムが見やすく、取り出しやすいんですね。
DSC07412

カード

カードポケットは、両端に4つずつ配置されています。つまり、アーチデュークでは8枚のカードを分けて収納することができるのです。
DSC07391

一般的な二つ折り財布ですと、段状のカードポケットは3〜4段ほどですから、その2倍のカードを、見やすく、使いやすく管理できます。カードが多い人でも満足できる収納でしょう。
(もっとたくさんのカードを分けて入れたいなら、同じシリーズのスタンフォードがおすすめです。)

さらに最上段は、フリーポケットとなっています。
DSC07393

仕切りの無い、長めのポケットですから、領収書、レシート、チケットなどを折らずに収納できます。ただし、マチはありませんから、たくさんのアイテムを詰め込むのは難しいです。

コイン

中央のファスナー部が、小銭入れとなっています。
DSC07397

ポケットの内装は、コードバンのカラーと合わせたブラック。統一感のある仕上がりです。
DSC07406

ポケットがそこそこ深いので、20枚くらいなら余裕で収納できます。
また、片方がマチ付きになっているので、ガバッと開くことができて、見やすく、取り出しやすいんですね。

ただし、コインを入れすぎるとポケットが膨らみ、重くなります。その分、お札も入らなくなります(ようは、バランスです)。

個人的には、たくさんのコインはオススメできません。コインでパンパンの状態は、財布に負担がかかるため、型崩れの原因になるからです。

アーチデュークに限らず、財布を軽く、スリムするコツは、モノを詰め込みすぎないことです。使う人の気遣いで、財布の寿命や、持ち歩くときの快適さが決まるんですね。

アーチデュークをおすすめする理由の1つは、内装のレザーが、濃い色なこと。コインポケットがずっとキレイなままだからです。

コインポケットは、どうしても汚れてしまいます。これはコインが擦れ合うことで生じる金属粉が、革の線維に入り込んでしまうからです。ヌメ革のように「明るい革」は、黒ずんだように汚れが見えてしまうんですね。

しかし、内装がブラックなどの「濃い色」なら、そもそも汚れが目立たないのです。キレイに、長く使いたいなら、内装が濃い色のものをセレクトした方が、気持ちよく使い続けることができます。コインポケットまでクリーニングするなんて、面倒でやっていられないですよね。

お札

札入れはコインポケットの両サイド。
DSC07407

2層に分かれていますから、

  • 一万円札
  • 千円札
  • 外貨
  • 商品券

など、分けて収納することができます。

1層につき、20枚ほどは入ります。
それほどお札を持ち歩かないなら、カードを収納しておくこともできます。

ガバッと開いたときに、マチが広がるため、お札がパラリと広がります。見やすく、数えやすく、出し入れしやすいのです。
DSC07408

あらゆる財布のなかで、ラウンドファスナーは「お札がもっとも使いやすい」財布です。
たくさんのお札を持ち歩くなら、アーチデュークは最適な一品だと思います。

アーチデュークを公式サイトで見てみる

特徴

ホーウィン社シェルコードバンを使った、贅沢なつくり

アーチデュークの一番の特徴は、やはりその素材にあります。
外装だけでなく、内装にもホーウィン社のシェルコードバンが惜しみなく使われているのです。美しい光沢と、迫力の相まる表情を、表でも裏でも楽しむことができるラウンドファスナーなのです。

DSC07438

カードが、映り込んでいるのが伝わるでしょうか。DSC07443

コードバンは、ツルツルとしていて、スムースなイメージがあるかと思います。では、本作はどうか(というか、ホーウィン社のコードバンはどうか)、見てみましょう。

まず、とてもサラリとした質感です。スムースレザーの中には、ミネルバのように手に吸いつくような質感のものもあるのですが、シェルコードバンは、サラリとした質感です。
DSC07432

次にその表情ですが、1mmに満たない、小さなキズのようなものが見えることがあります。私が手に入れたアーチデュークにもあるのですが、これは「ピンホール」と呼ばれる毛穴や、血管の後です。
DSC07418

自然な風合いをできるだけ活かしているのが、ホーウィン社の特徴です。
キズを塗料で固めれば、無くなります。けれど、ホーウィン社はそれをしません。革の風合いと、奥行きのある透明感が無くなるからです。

正直なところ、これは気にしなくて良いです。というのも、普通に使うことで、次第に目立たなくなっていくから。(コラーゲンの線維が寝ていくので、新品のときよりもスムースになります。)

さらに、シェルコードバンにはたっぷりのオイルが含まれているので、オイルが循環し、その表情にギラリとした光沢が生まれてきます。

まとめます。
ホーウィン社シェルコードバンは、世界最高峰の素材として採用され続けるだけあって、非常に魅力的です。ただし、最初からバツグンの光沢があるわけではなくて、少しラフともいえる仕上がり。使い込むことによって次第に完成していく皮革なのです。

美しい表情と、そのエイジングを、表でも裏でも楽しめるのが、アーチデュークの醍醐味なのです。

日本の職人による、美しい仕上げ

ココマイスターに限らず、日本の革工房の財布は、世界一だと思うのです。アーチデュークもまた、その美しい仕上げを細部に見て取れます。

コバ

ラウンドするエッジもキレイに仕上げられています。

DSC07416

ファスナートップでさえ、こんな感じ。
DSC07427

ステッチ

コードバンと同色の糸で、ステッチされています。
当然、真っ直ぐかつ、均等。
DSC07448

あとがき

ホーウィン社のシェルコードバンを使ったラウンドファスナーは、わずかですが存在します。

ところが、内装もすべてシェルコードバンで仕立てたものは、アーチデュークしかありません。

あらゆる財布の中でトップクラスの価格ですから、なかなか手が出しにくい1品かもしれません。
実際、ココマイスターの財布の中でも、本作はもっとも高価な1品です。(だからこそ、人と被らないという嬉しい効果もあります)。

コードバンのラウンドファスナーを検討されているなら、本作がNo1でしょう。これ以上に満足できる1品はありません。

アーチデュークを公式サイトで見てみる