apple純正 iPhone7ケースの6ヶ月使用レビュー。シンプルなケースはiphoneの美しいデザインを活かせるのか

iphone-case-5

apple純正のiPhone7ケースを使っていて、だいたい半年ほど経ちました。

本ページではその使い勝手と特徴について、鋭くせまってみたいと思います。

流麗なプロポーション

個人的にはiPhoneって裸のままが一番カッコイイと思います。にも関わらず、私がケースを付けるのは、落としたときに壊したくないから。これに尽きます。iPhone6を落として画面を割った、あの残念な気持ちをもう二度と味わいたくないからです。

さて、iPhoneの魅力の1つは、そのプロポーションの美しさにあります。特に惚れぼれするのは、エッジのフォルム。
mpiu-rotoro-13

切り落とされたデザインではなく、Rを描くエッジは、アルミという金属でできているにも関わらず、どこから見てもやわらかく、どこにふれても優しいのです。mpiu-rotoro-14

で、純正ケースの魅力は、この丸みのあるエッジを楽しめるように仕上げてきたこと。
iphone-case-2

革の風合いと相まって、とても上質な仕上がりとなっています。
iphone-case-6

使い勝手

画面On/Off

右側に、ボタンがあしらわれています。
触った感じ、おそらくプラスチック。しかし、メタリックな風合いに仕上げられているため、安っぽさはありません。
iphone-case-7

ケースなしのときと比べても、違和感なく操作できます。流石は純正。バツグンの操作感です。

音量ボタン

こちらもボタンが付いています。
操作感も申し分ありません。
iphone-case-9

マナーモード切り替え

こちらはくり抜かれたつくり。
iphone-case-15

ハッキリいうと操作しにくいです。ただ、個人的には切り替えることがあまりありません。月に1,2回ほどでしょうか。そのため、まったく気になりません。

iPhoneを傷つけないつくり

画面

iPhoneのディスプレイは、通称「ゴリラガラス」と呼ばれる、キズに強い素材です。また、美しい発色をそのまま楽しみたいので、私はフィルムは張りません。

で、本作の考えられているところは、ディスプレイより少しだけ高くカバーされること。
iphone-case-1

このため、画面を下に向けて机に置いたときも、ディスプレイと机が直接触れることがないのです。つまり、傷つきにくいんですね。

ただ、これは好き嫌いが分かれるかもしれません。というのも、ギリギリのラインのスワイプがしにくいのです。画面端の操作感はどうしてもダウンしてしまいます。
iphone-case-10

カメラ

iphone-case-3

カメラの出っ張りは、iPhone6からですね。個人的に、まったくイケてないと思うのですが、ケースを付けるとその出っ張りが無くなります。
iphone-case-16

机に置いたときにフラットになって、安定感があります。
iphone-case-17

カメラの凸が、何かに引っかかることもなくなるため、キズから守る効果もあるでしょう。

革の風合い

天然素材だらこその、やわらかく、味わい深い表情は、革製品の醍醐味です。

約半年使った様子がこちら。
顔料で仕上げられたものではないため、色が禿げたり、塗料が削れたりといったこともありません。量産品でしょうから、決して高価な皮革が使われているわけではないのでしょうが、ツヤも出てきました。
iphone-case-11

ぶつけたり、ツメで引っ掻いたりしているため、小さなキズはどうしても付いてしまいます。それでも「安っぽい」と思わないのは、タンニンでなめされた本当の革だからですね。

エッジには凹みがあったりするのですが、それだけiPhoneをガードしてくれた証拠です。
iphone-case-12

スポンサーリンク

あとがき

iPhoneのケースは、山のようにあるので、なかなか選ぶのが大変だと思います。
そういった中で、安くて、革製で、そこそこちゃんとしたものをセレクトするなら、apple純正のiPhoneケースは一考の価値ある1品です。

奇をてらっていないデザインは面白みにかけるように思いますが、シンプルだからこそ長く愛用できるはずです。

公式サイトでapple純正 iPhoneケースを見てみる