エムピウの名刺入れ フェルマ マチのレビュー

エムピウは、機能的な革製品を得意とする日本の革工房です。

そのエムピウの名刺入れ(カードケース)、
『フェルマ マチ(FERMA MATI)』を購入してみました。

まずは特徴をピックアップしてみます。

  • 30枚ほど収納できる名刺入れ
  • イタリアのオイルレザーを贅沢に使用
  • エイジングを楽しめる
  • 「他の人と違う」を楽しめるユニークさ

本ページでは、エムピウらしさである、「ちょっと変わった」にフォーカスしながら、ご紹介します。

スポンサーリンク

使い勝手

美しいスムースな表情は、イタリアのオイルレザー、ブッテーロ。
エムピウでは、定番の革ですね。
FERMA_MATI-13

エムピウお得意の「1枚革でぐるりと仕立てる」デザインで仕立てられたボディは、一般的なカードケースと異なるフォルム。

曲線美を堪能できるプロポーションです。エムピウの意匠が、フェルマでも活かされていますね。
FERMA_MATI-2

ラウンドフォルムが、気持ちよく手にフィットします。
まだ新品の状態ですから、丸みがもっとも出た状態です。使い込むことで、スリムになっていくはず。
FERMA_MATI-3

使い方

正面に見える、フラップ。これで本体を留めるデザイン。
FERMA_MATI-4

ラウンドした形状のため、どの角度からでも指を添えやすい。見た目が良くなるだけでなく、使い勝手も考えられています。

フラップを上に持ち上げるようにして、オープンします。
FERMA_MATI-16

ブッテーロはハリのある素材ですから、「元のカタチに戻ろうとする力」が強く働きます。革の剛性・ハリを活かすことで、フラップによってボディが留められるわけです。このデザインは、フェルマだけのもの。フラップでしっかりと抑えられるため、ボタンなどのパーツは必要ありません。

慣れると、片手でオープンできます。

指をそえて。
FERMA_MATI-5

そのままギュッと握るようにすると、フラップが開いていきます。
FERMA_MATI-6

スルリと、フラップから外れます。FERMA_MATI-7

中には、ポケットが2つあります。
FERMA_MATI-14

メインポケットは、折込マチ。名刺が少ないときは、スリムなフォルムを保てます。
FERMA_MATI-15

名刺30枚ほどを重ねて収納できます。
FERMA_MATI-9

もうひとつが、その前面のスリット。
FERMA_MATI-10

こちらはマチがありません。数枚ほど収納できるポケットとお考えください。

一般的な名刺入れとの違い

一般的な名刺入れは、両開きのものがほとんどです。
Crevaleathco-cardcase-8

比べると、フェルマは「しっかりと中身を守る安心感」、「1アクションで開けるカンタンさ」を持ち合わせた名刺入れと言えます。

もちろん、「ユニーク」なことも特徴ですね。

特徴

ブッテーロの一枚革の仕立て

美しいスムースな表情は、エムピウ定番の革。イタリアのオイルレザー、ブッテーロです。100年以上続く、歴史ある銘革です。
FERMA_MATI-12

フェルマには余計な装飾はありません。
美しい素材・美しいフォルムには、必要ないからです。

内装は革張りされていなくて、ブッテーロの裏面(床面)が見えます。
FERMA_MATI-8

もちろん、内装もブッテーロの表面にすることで、高級感がアップします。

では、なぜしなかったか?

フェルマの価格を抑えるために、あえてこうしたのでしょう。面面を貼ると、ブッテーロを多く使わなくてはいけませんし、手間もかかります。価格もあがってしまいます。

裏面は、スムース加工がされているため、サラリとした触り心地です。見た目とは裏腹に、引っかかったりすることはありません。機能的には問題ありませんね。
FERMA_MATI-11

エイジングを楽しめる

ブッテーロはは、タンニンなめしで作られた革ですから、エイジングも楽しめます。新品のときは、サラリとした質感で、マットな表情。少しずつ色が深まり、ツヤを帯びる変化を楽しめます。奥行きのある透明感と、重厚さを身にまとってきます。

サラリとした手触りは、新品のときだけ。オイルが中に閉じ込められた皮革ですから、使っていくうちに、オイルが滲み出てシットリとした質感に変わっていきます。

以下は、ブッテーロを使った『小さい財布abrAsus』。

逆に言うと、「新品のときの表情を、ずっと長く楽しみたい」なら、フェルマは合わないと思います。変化していくからです。

ちなみに、個人的にも大好きな革です。

以下の財布でも、ブッテーロモデルをセレクトしました。

豊富なカラーラインナップ

ferma_mati

フェルマは、カラーラインナップも豊富です。イタリアの皮革はビビッドな色合いが美しいですね。

ブラウンだけは、素材がマレンマ。ブッテーロの2倍のオイルを染み込ませた革ですね。ギラリとした育ちを楽しみたいなら、こちらの方が良いでしょう。

その他のカラーは、ブッテーロ

ちなみに、本ページでご紹介しているカラーは、ブルーです。
ミッレフォッリエでご紹介したものと同じ素材、同じ色。ミッレフォッリエを3年間使った私には、このマットな質感がツヤを帯びてくることが分かっています。何というか、とても凛とした表情に育っていく素材です。

あとがき

フェルマを使ってみて思ったのは、「やはりエムピウ」ということ。
一般的な名刺入れとは違う、プロポーションと使い勝手がデザインされています。

他の人と違う、ユニークな名刺入れをお探しなら、フェルマはイチオシです。

Twitter, Instagram

Twitter, Instagramもやっています。


func_walletさんをフォロー

お問い合わせ

レビューしているアイテムについて、疑問点があれば、お問い合わせください。
具体的に教えていただけるとお返事しやすいです。

  • ご予算
  • 好きな素材、質感
  • どんなカタチの財布が好きか
  • いつも持ち歩くお金やカードはどれくらいか
  • どんなときに使うか(ビジネス、カジュアルなど)

役立つ質問をいただいた場合、サイトに反映させていただくかもしれません。予めご了承ください。もちろん、お名前を公開することはありません。

お名前 (*必須)

メールアドレス (*必須)

題名

メッセージ(*必須)