ポーター ウォール ウォレットL のレビュー。スーツにも合うスリムなL字ファスナータイプの財布

ウォール ウォレットL

ポーター(吉田カバン)を知らない人はいないでしょう。

知名度はNo1の、カバンや財布のブランドです。
そのポーターのウォール ウォレットLは薄くて機能的。
スーツにも合う長財布です。

ポーターなんて興味ないという方も少しだけお付き合いください。
最初に言うと、あのポーターのロゴはついていませんから大人も使えます。

ウォレットLは薄いのに収納できるというのが最大の特徴。
ラウンドファスナー型の長財布を検討している人にもオススメの一品です。

スポンサーリンク

財布の仕様

ブランドPorter
商品名ウォール・スリムウォレットL
用途メイン
価格(税込み)12,960
収納力★★★☆☆
お札入れの数2
お札の収納枚数14
小銭の収納枚数15
カードの収納枚数6
寸法W195×H90×D15mm
重量120g
素材牛革(イタリア産。ショルダー)、豚

取扱いサイトでポーター ウォール・ウォレットLを見てみる

使い勝手

サイズ感はこんな感じです。 ウォール ウォレットL 手に持つ ウォール ウォレットL サイズ感

ファスナーの持ち手は財布と同じカラーの牛革。
ファスナーの色とも良く合っています。ウォール ウォレットL 持ちて

ファスナーはL字に付いていて、これを全開にしないと財布は開きません。
ファスナータイプの宿命ですね。

ラウンドファスナータイプの財布に比べると、
1アクションで財布がひらけますから圧倒的に楽です。
(ラウンドファスナータイプは3方にファスナーがあります。
開け閉めのたびに、財布または手首の向きを変えないといけません。)

また、L字ファスナーのつくりが、使い勝手を良くしています。

ファスナーを開けると、自然と財布が少し広がるんですね。
親指の腹をスッと差し込むだけで、カンタンに財布が広がります。ウォール ウォレットL 自然に開く

ウォール ウォレットLは中身に特徴があります。

財布の中の仕切りは小銭、カード、紙幣を分けるための3枚の革しかありません。
財布を薄くすることに役立っているんですね。ウォール ウォレットL 中身

カード

ファスナーを手前にして右側にカードポケットがあります。

これは財布を横切る大きなポケットで、ここにカードを入れることになります。

このポケットは柔らかい豚の革で作られいます。
取り出しやすく、カードが重なっても柔軟に収納できるようになっています。

ウォール ウォレットL 収納

カードは、まとめて入れるつくりです。
「見やすさ」といった点では、一般的な段状のカードポケットに一步劣ります。

カードが10枚以上になる人は、かぶせ蓋タイプの長財布、またはラウンドファスナーの長財布を買ったほうが良いでしょう。

本作に限りませんが、L字ファスナーはスリムさを求める人に最適な財布。
たくさんのカードを持ち運ぶために最適なものでは無いんですね。

お札

中央の仕切りの両サイドがお札を入れる部分です。

2つありますから、紙幣やギフトカードを分けて入れることもできて便利です。

お札入れが2層のものは、二つ折りや長財布にもありますね。

L字ファスナーである本作は、お札入れがガバッと開きます。
見やすく取り出しやすいと感じます。

小銭

中央の仕切りがポケット状になっています。
ここがコインケース。更に2つに分かれています。ウォール ウォレットL ポケット

ポケットにはマチがありません。
革でコインを挟みこむ作りですのでコインが多いほど財布は分厚くなります。

手前のポケットには10枚ちょっとでしょうか。
500円玉などの大きな硬貨をたくさん入れると使いにくいです。

奥のポケットもサイズは同じです。
ただ、手前に比べるとコインが取り出しにくいと感じます。
レシートやクーポンなどを入れるポケットと割りきって使った方が良いですね。

ポケットを閉じる仕組みは無いため、小銭が散らばると思うかもしれません。
これも上手くできています。
仕切りの高さが財布の高さ近くまであるのがポイントです。
ファスナーを閉めると仕切りの中でコインが収まるようになっています。
財布がどんな角度になっても、仕切りからコインが飛び出さないんですね。

特徴

ポーターのロゴがない

学生のころ、あんなにもポーターが好きだったのに大人になると敬遠してしまうのは、
有名すぎるロゴのせいだと思うのです。

ウォール ウォレットLには、ポーターのロゴがありません。

あるのは財布の内側の素押しだけです。
とても落ち着いた印象です。
ウォール ウォレットL ロゴ

ブライドルレザーのような質感

ウォール ウォレットL

表面にうっすらと見える白く霞がかったものはロウです。

イタリアの牛ショルダーをなめし、その後ロウ引き仕上げをした革。
そのロウが薄く表面に残っています。

これは使い込むことで革に馴染んでいき、次第にツヤが出てきます。

ウォールに使われている革は、「育つ革」として優秀です。

本作は、植物性タンニンでなめされています。
革の表面のタンニン成分が、空気に触れることで、色味は深く変わっていきます。
いわゆる、エイジングを楽しむことができるわけです。

コバの仕上げ

擦れることが多い財布の端。
しっかりとコバ仕上げされています。 ウォール ウォレットL ファスナー

ポーターの革財布の素晴らしいところが、このコバの仕上げです。

しっかりと磨き上げられたコバは、美しい光沢をまとっています。

財布の寿命を決めるキモとなるコバが、丁寧に処理されています。

本作に限らず、財布を選ぶときは、このコバをチェックしましょう。
長く使える財布の条件が、キレイなコバ処理です。

L字ファスナーで実現した薄さと快適さ

長財布で人気が高いのがラウンドファスナータイプ。

収納力を重視した財布が多く、ある程度物を入れても形が変わらないのが長所です。

ただ、財布の大きさ、特に分厚さが手ぶらで出かける人にとっては困ったものでした。

特に私が受け入れられなかったのは、長財布なのに胸ポケットへ収納できないことです。
お尻ポケットでもキツイですから、カバンを持つことが必須になるわけで、手ぶらで出かけることができないんですね。

ウォール ウォレットLはこういった問題を解決した財布です。

その名が示す通りL字ファスナー(ロングウォレットのLかもしれませんが・・・)を採用することで、驚くほどのスリムな仕上がりになっています。

財布の端を縫い合わせた、方マチのつくりがポイント。
一般的なL字ファスナー財布に比べて、スリムなんですね。
ウォール ウォレットL コバ

長財布が薄くなることで、胸ポケットに入れても邪魔にならず快適です。

マチが無い方を下にして入れることでスッとストレス無く収納できます。ウォール ウォレットL スーツのポケット

実際この財布の厚みは15mm。

一般的なラウンドファスナー財布は25mm以上はあるわけです。
比べてみると、とても薄いことが分かりますね。

この10mmもの違いによって快適になるのは、内ポケットだけではありません。
カバンの中のあらゆるスペースにスッと収まります。

豊富なカラーパターン

10002851_s 10002835_s 10002831_s 10002814_s 10002812_s 10002801_s

カラーパターンは全6色。
暗色のものは、スーツを着るビジネスシーンでも違和感無く利用できます。

また、そのカラーに合わせて箱の色も違います。

こういった点も嬉しいポイントです。ウォール ウォレットL 箱高級感のある箱。
サラサラとした触り心地の素材です。

気にいった商品を買ったとき、箱から開ける瞬間にワクワクするものです。
ウォレットシリーズは、こういった体験を少し高めてくれます。

もちろん、メイドインジャパンです。
ウォール ウォレットL タグ

参考:ポーター ウォールシリーズ

今回購入したウォールは、ウォレットL。

実はこの他にも3つの財布がラインナップされています。

カンタンに紹介します。

ウォレットS

ポーター ウォール ウォレットS

コンパクトなL字ファスナー。
財布のベーシックといえます。

同じカタチの財布を、土屋鞄などの革工房がリリースしていますね。

お札は折ってから入れるタイプ。
小さなサイズですから、使い勝手は大きな財布に及びません。

もちろん、イタリア製レザーが使われていますから、
ソリッドでスタイリッシュな印象の財布となっています。

人と違うコンパクトな財布を求める方におすすめです。

ウォレット(3つ折りタイプ)

ポーター ウォール ウォレット三つ折り

ジーンズのヒップポケットにもジャストサイズ、コンパクトな財布です。

3つ折りのつくりによって、「お札を折らずに収納できる」特徴があります。

お札を出すときも、入れるときも1アクションでできますから、快適に使えます。

ウォレット(かぶせ蓋タイプ長財布)

ポーター ウォール ウォレット長財布

一見、ありきたりな長財布に見えますが、中身が特徴的です。

ファスナー付きの小銭入れが2つ付いているんですね。
ポーター ウォール ウォレット長財布
大切なチケットやレシートなどを、分けて管理することも可能。

カードも11枚以上収納できます。

使い勝手が良く、大容量の財布。
カードもお札もたくさん持ち歩きたい人におすすめです。
(スリムな財布が良いなら、当ページで紹介している、ウォレットLがおすすめ)

上質な一枚革を贅沢に使った、縫い目がない仕立て。
見た目の高級感も手触りも最高です。

あとがき

ポーターの革財布は、かなり評判が良いです。
実際、お店で手にとって見るとステッチの美しさやコバの丁寧な仕上げがよく分かります。

ポーターの財布を買ったのは10年ぶりぐらいでしょうか。
敬遠してきた理由は、ロゴと、学生が使うものという思い込みからでした。

ところが今回のウオールウォレットLはとても大人ぽくシックな財布です。
とてもシンプルな外観ですが、洗練された装いを感じる一品に仕上がっています。

薄く、シンプルなL字ファスナーをお探しの方にオススメの財布です。

お値段もお手軽なのが嬉しいですね。

参考リンク

ウォール ウォレットL以外にもスーツに合う財布を紹介しています。