リュテス mcw-01のレビュー。ミネルバとプエブロを贅沢に使った、マネークリップ型のスリムな財布。使い勝手や特徴に迫る

本日ご紹介するのは、日本の革工房リュテス(LUTÈCE)の一品。
マネークリップ型のお財布、『マネークリップウォレット』(以降、mcw-01と表記)です。

特徴は以下のとおり。

  • マネークリップタイプ
  • コインも収納できる
  • お札がスゴく使いやすい
  • スリムで、携帯しやすい
  • トップクラスの丁寧な仕上げ
  • 美しく変化する、2種類のイタリア革を使用

とてもユニークで、機能的な財布。ただ少しクセがあります。
本ページでは使い勝手や特徴、メリット・デメリットなどを、分かりやすく解説します。

最高品質のお財布です。
上質で、スリムなお財布をお探しなら、ぜひ検討してほしい逸品です。

参考にしてみてください。

動画

使い方、特徴。そして美しい仕立てが伝わるように動画にしてみました。
マネークリップを使ったことが無い方は、ぜひ参考にしてみてください。

スペック

ブランドリュテス
商品名マネークリップウォレット mcw-01
用途メイン
価格(税込み)29.700円
収納力★★★☆☆
お札入れの数1
お札の枚数10
コインの枚数10
カードの枚数5〜6
寸法W120 × H87 × D10mm
重量83g
素材牛革(プエブロ × ミネルバリスシオ)

mcw-01を取扱サイトで見てみる

使い勝手

パタンと折りたたむ、二つ折りタイプ。

一見するとオーソドックスな財布ですが、極めて薄い。
もっとも厚みのある中央でわずか12mmしかありません。

外装の表と裏。異なる革が楽しめます。
表は、プエブロ。色はネイビー。

裏は、ミネルバリスシオ。色は、オルテンシア。

見た目も、質感も違う。手触りが異なるのも新鮮です。ちなみに、いくつかのカラーバリエーションがあって、色の組み合わせも違います。

さて、構造を解説しましょう。
パタンと閉じるだけの「かぶせタイプ」。だから、1アクションで開く。

開くとこんなかんじ。

アイテムの収納など、使い勝手を見ていきましょう。

カード

mcw-01には、2種類のカードポケットが備わっていて、合計5枚のカードが収納できます。薄いカードなら、もう少し入るかな。

段状のポケット

左側には、段状のカードポケット。カードが3枚収納できます。
一段だけ、プエブロ。他はミネルバリスシオ。

ポケットには一枚ずつ入れるようにしましょう。革が馴染むと2枚入れることもできるけど、不格好になるのでおすすめできません。特に本作のように「薄い=カッコいい」財布では、なおさら避けたほうが良いです。

スリットタイプのポケット

スリット構造のフリーポケットにも、カードを収納可能。
ここも1枚がベスト。革は伸縮する特性があるため、2枚入れることもできると思うけど、ボテッと膨らんでしまうためオススメできません。

お札を右側に倒して、カードを出し入れすることになります。

このポケットが使いやすいかというと、No。収納したカードが完全に隠れてしまうし、マチがないからガバっと開かない。出し入れしにくいのです。

右側にも同じ構造のポケットがあります。
こちらの方がポケットが短いため、奥まで差し込んでも完全に隠れません。

右側はクリップそのものが干渉するため、さらに出し入れしにくいです。一時的に入れる小さなアイテム、例えば折りたたんだレシートなどの収納にしたほうがよいかもしれません。

まとめます。
スリットには、「あまり使わないけれど、持ち歩きたいカード」を入れておくと良いでしょう。

左側には免許証、保険証などのたまに使うカード。右側には、Suicaなどのほとんど出し入れしないカードの収納がおすすめです。

お札

中央に位置するクリップで、お札を留めます。

このクリップは真鍮製とのこと。私は真鍮が好きで、さまざまなアイテムで真鍮を選んだりしてきたのだけど、見たことのない光沢。シルバーと黒がミックスされたような、少しニブイ光沢を放っている。極めて美しいクリップです。

ここまで開く。マネークリップの形状は財布によって異なります。本作のはエッジのあるフォルムなので、手当たりはイマイチ。ちょっと食い込む感じがある。もう少し丸みがあると気持ちよく操作できると思うのだけど、ソリッドなルックスを選択したのかもしれません。

クリップの開閉時に音がすることがあります。操作音の感じ方は人によるので、なんとも断言しにくいのだけど、気になる人は気になると思います(私はいくつかマネークリップを持っているので、比べてしまうのかもしれない)。使い込んでいくと馴染んで、音が消えていくかも。後日ご紹介できればと。

個人的には、クリップの手当たりや音については、あまり気にしなくて良いと思います。そもそもクリップを上げ下げするシチュエーションが少ないからです。

5〜6枚のお札なら、クリップが閉じたままでもスライドして出し入れできます。10枚でも、ゆっくり入れればキチンと入る。

クリップを上げた方が便利なのは、以下のアクションをするときだけ。つまり、クリップの出番は少ないのです・・・。一万円札をATMからおろしたときくらいですね。

  • 奥の方に差し込む
  • 途中に差し込む

圧は強くて、逆さまにしても抜け落ちたりしません。1枚でも、10枚でも大丈夫。

右側には「かぶせ」があります。素材はプエブロ。ひとつひとつのパーツがとにかく美しい。

かぶせに挟むことで、お札をしっかりと留めることができます。
たくさんのお札を収納するときは使った方が良いかな。ヒラヒラが抑えられるし、丸見え感も控えめになります。

かぶせにお札を入れず、カードも収納可能。カードが大きく出るため、一番取り出しやすい。

革で挟むだけですから、上記で紹介した「段上のカードポケット」よりはフィット感は少なめです。落とす可能性が無いとは言えないので、カードを入れるなら自己責任でお願いします。

お札は15枚くらいまで収納できます。
ただし、薄く携帯したいなら10枚くらいがベストです。

20枚はちょっと無理がある。たくさんのお札を入れたいなら、長財布をセレクトしましょう。

使い勝手は、抜群にいいです。
お札がハッキリと見えるし、パラリとめくりやすい。だから、スムーズに数えられる。

クリップで挟んだまま、スムーズに抜き出すことができる。クリップを上げる必要はありません。マネークリップ特有の、バツグンの使いやすさです。

何より「使っていてカッコいい」。日本ではマネークリップを使っている人が少ないので、目を引きますね。所有欲をくすぐられるアイテムです。

お札の操作感は、なかなか文章では伝わらないかと・・・。マネークリップを使ったことが無い方は、動画の方がイメージしやすいと思います。

スポンサーリンク

コイン

マネークリップなのにコインも収納できる。これもmcw-01の魅力。

裏面がコインポケット。
美しく研磨された立体感のある歯。たぶんエクセラ。美しさ、耐久性に優れるYKKの最高峰ファスナーです。

ファスナートップは小さく、ちょっとつかみにくい。ただストレスは感じません。大きな引き手を付けるとスタイリッシュな見た目が損なわれてしまう。使い勝手とルックスとのバランスを取ったデザインです。

片マチ構造のポケット。マチにプエブロがお目見え。遊びがあるデザインですね。

薄さを優先するための、片マチ構造。ガバっと開くことはできないし、ポケットも小さいから、コインはMax10枚。

10枚入れても、「コインの偏り」を均せば、ここまでフラットになります。

たくさんのコインを入れたい。コインの使いやすさを求めたい。であれば、本作は避けた方が良いでしょう。オーソドックスな二つ折り財布は15枚ほど入るし、ガバっと開いて使いやすいものもある(もちろん、ずっと分厚くなる)。

mcw-01のウリは、薄さやカッコよさであり、収納力ではない。だから、これでいい。これがいいのです。

使い勝手のまとめ

お札10枚。よく使うカードが3枚に抑えられるなら、非常に使いやすい財布です。

たくさんのカード、現金を持ち歩かないライフスタイル、たとえば、カードでの支払いが多いなら、全く問題ありません。そういう人に最適な財布です。

当たり前ですが、長財布と比べてしまうと、カードやコインの収納量は、少なめ。たくさん持ち歩きたいなら、素直に長財布にしましょう。小さくて沢山入る財布は存在しません。ここはトレードオフです。

特徴

スポンサーリンク

美しく育つ、イタリアの高級皮革を使用

今日、「革財布」と広告しながら、革以外の素材(ナイロンなど)を使った財布もあります。これが悪いとは断言できません。軽量化できるし、財布の価格も下げることができる。(キプリスなどの日本有数の工房も、一部シリーズでは革以外を使っています。)

とはいえ、やはりオールレザーだからこその満足感というものがあるわけです。
mcw-01はそれを満たしてくれます。

素材は、ミネルバリスシオとプエブロ。
どちらも、イタリアの名門タンナー、バダラッシカルロ社のオイルレザーです。

「動物の皮」を、何年も使える「革」にする工程を「なめし」といいます。なめしには、さまざまな方法があるのだけど、バダラッシカルロ社は、タンニンなめし、かつ染料で染め上げる伝統的な製法、「ヴァケッタ製法」で革を作り続けています。

ヴァケッタ製法のメリットは、透明感のある色合いや、自然な風合いが活きる表情にできること。また、美しいエイジングを楽しめるからです。

ミネルバリスシオはスムースな表情。サラリとしたマットな質感です。

色は深みを増し、ツヤも現れてくる。いわゆる「エイジング」を楽しむことができます。様々な革を使ってきましたが、バダラッシカルロ社の革は、エイジングによる変化率が世界一だと思います。

本ページで御紹介しているカラー、オルテンシアは凄く好きな色で、昔からずっと愛用しています。こんなに変化する。(別のプロダクトです)
ONESWORKER-bodybagg-1

お時間あれば、Youtubeもご覧ください。ミネルバのツヤ・色の変化のスゴさが分かってもらえるはず。新品のオルテンシアとの比較もしています。

このミネルバリスシオを、ポケットの内装にも使っている。これが凄いところ。ミネルバは高価なため、一般的には内側には使われません。

もうひとつの素材がプエブロ。
ミネルバリスシオを毛羽立たせたものです。

スエードやヴェロアのように、全体的に均一に起毛しているわけではありません。
繊維が表面にはりつく程度の起毛感です。乱舞する繊維が起毛したところです。この表情が均一ではなく、バラつきがあります。サワサワとした、まるで和紙のような手触りです。

プエブロもグングンとエイジングが進む。光沢も現れ、触り心地も変わっていきます。

極めて薄い

財布を薄くするのはカンタンです。革を薄くすればいい。

しかし、本作は革が厚く、カッチリとした堅牢なボディ。なのに、薄い。

コイン8枚。お札10枚。カード5枚を入れて、わずか16mm。
使い込んで馴染むと、もう少し薄くなるかもしれません。

どんなポケットにも収納可能。
モノを入れるのに相応しくない、スーツの内ポケットにさえ最適な一品です。

中央のコバが薄さのヒミツ。

初めて見たとき、どうして外装にコバがあるのか不思議でした。
これは・・・、革を張り合わせてステッチすることで、よりスリムなボディに仕上げることができるからですね。

一般的な二つ折り財布(マネークリップ含む)では、外装を「一枚革」で作ることが多い。一枚革の場合、革のハリによって財布が開いてしまう。革を薄くすることで、「開き」を解決できますが、耐久性や堅牢性が犠牲になってしまう。

mcw-01は独特の構造でスリムさを実現している。しかも、美しく・ハリ、強度もある。モノと持つ喜びがある。だから、所有欲が満たされるのです。

日本トップクラスの仕上げ

リュテスの仕上げは、日本トップクラスです。
「上質さ」を求める人にも、おすすめできます。

コバ

やっぱり目を引くのは、中央のコバ。とにかく美しい。

本作の構造から、このコバでは6枚ほどの革が重なっていることになります。6,7mmはあろう極厚のコバは、ラウンドフォルムで光沢が出るまで磨き上げられています。ささくれが一切なく、つるつるとした手触りが気持ち良い。

革を裁断したままの状態で、コバを磨くと垂直な断面になります。

一方、本作のコバは丸い。つまり、コバを面取りしたうえで磨いている。薄っすらと革の層が見えるのは、塗料で隠さず、染料で磨き上げている証です。見ているだけでワクワクする。

コインポケットの端や、カードの段。あらゆるコバが丁寧に仕上げられています。

コバにはさまざまな仕上げがあって、何をNo1とするかは個人の趣味嗜好によるでしょう。もっとソリッドな佇まいが好みなら、GANZOのコバの方が気にいるかもしれませんね。

しかし、驚嘆です。ここまで美しいコバはほとんどありません。
トップクラスだと思います。

なんとかこの美しさを表現したくて、写真をたくさん撮ったのだけど上手く撮れなかった。天候によって上手く撮れないことがあります。すみません。コバなど仕上げの美しさについては、以下の動画の方が伝わると思います。再生するとコバ紹介から始まります。

スポンサーリンク

ステッチ

斜めに糸がステップしている、立体感のあるステッチワーク。手縫いです。

角度や力を調整しながら、両サイドからハリを交互に通す、手間と技術が必要な製法です。

念引き

キレイに念が引かれています。

ラウンドした部分も。すべてのフチに均等に念が入っています。

表情が締まり、高級感がでる。男性の財布にあしらわることの多いデザインです。

あとがき

とてもおすすめです。

これまでマネークリップを敬遠してきた人も、 mcw-01ならチョイスして満足するでしょう。

上質で、薄くて、カッコいい。さらに美しく変化する革財布をお探しなら、本作を超えるものはほとんど無いと思います。

mcw-01を取扱サイトで見てみる

SNS/YouTube

Twitter, Instagram, YouTubeもやっています。フォロー、アンフォローお気軽に。


func_walletさんをフォロー