BAHARIのiPhoneケースのレビュー。小さなボディにガルーシャの美しさは宿るのか

bahari-iphonecase-1

BAHARIはガルーシャ(エイの革)を使ったアイテムを得意とする、日本の革工房。

今回手に入れたのはiPhoneケース。本ページでは、その使い勝手や特徴について紹介します。

ガルーシャとはエキゾチックレザーにカテゴライズされる皮革。
メジャーな皮革ではありませんから、「ガルーシャのiPhoneケース」といわれてもなかなかイメージを浮かべにくいかもしれませんね。

まず最初に、BAHRIのiPhoneケースの特徴をピックアップしてみると、こんな感じです。

  • ガルーシャの美しいルックス
  • 水・汚れ・キズにつよく、美しい表情が長持ちする
  • シンプルなカバータイプ

人とかぶらないiPhoneケースをお探しなら、本作は検討の価値ある1品。ぜひ参考にしてみてください。

BAHARIのiPhoneケースを公式サイトで見てみる

スポンサーリンク

使い勝手

内装は、とてもサラサラとした気持ちの良い素材。
マットで高級感のある装い。iPhoneをはめたあとは、触れることがないのが残念です。少しハリのある質感で、iPhoneの美しいアルミボディを傷つけることなく、やさしく包んでくれます。
bahari-iphonecase-3

本作はカバータイプ。取り付けはカンタンで、カチリとはめるだけ。一般的なiPhoneカバーと同じですね。
bahari-iphonecase-15

さて、使い勝手について紐解いてみましょう。

電源ボタン

BAHARIのiPhoneケースは、ボタンの部分がすべてくり抜かれたデザインとなっています。iPhoneのボタンを、カバーの上から操作するタイプですね。
bahari-iphonecase-14

本作に限ず、素のままのiPhoneと比べるてボタンが押しにくいです。これはカバーの宿命ですね。「裸のiPhoneの使いやすさ」とのトレードオフになります。

音量ボタン&サイレント切り替え

音量調整の大小ボタンは、連結した穴。
bahari-iphonecase-13

カメラレンズ

レンズとフラッシュの部分が、くり抜かれています。
iPhoneの飛び出たレンズをカバーしてくれるのも、ケースの醍醐味ですね。
bahari-iphonecase-6

BAHARIのiPhoneケースを公式サイトで見てみる

特徴

美しい表情

ガルーシャの魅力の1つは、その美しい表情にあります。
bahari-iphonecase-17

わずかに凹凸があるため、光を受ける角度によってコロコロと表情を変え、異なる姿を見せてくれます。

光量が少ないときは、引き締まった表情を。
bahari-iphonecase-10

光を受けたときは、艶やかな装いを楽しむことができます。bahari-iphonecase-9

iPhoneの流麗なフォルムを活かした、エッジのRは素晴らしい仕上がり。端まで、ガルーシャの整然としたビーズが美しく散りばめられています。
bahari-iphonecase-11

目を引くのは、中央にある大きめのビーズ。
bahari-iphonecase-2

これはエイの背にある「スターマーク」と呼ばれるもので、1匹につき1つしか採れない貴重なパーツです。つまり、本作は1匹のエイから1つしか作ることができない、贅沢なiPhoneケースなのです(ちなみにiPhoneケースに限らず、BAHARIのアイテムはこのスターマークを活かすデザインで仕立てられています)。

このスターマークの部位は、わずかに隆起しています。
bahari-iphonecase-18

そのため、テーブルにiphoneを置くと、ピタリと背面がくっつくわけではなくて、エッジが少し浮いた状態になります。

正直、これは、好みが分かれるポイントでしょう。
エッジが浮いているため、持ち上げやすいというメリットがあります。一方で、グラグラするため、ピタッと止まる安定感が犠牲になっています。

つるりとした質感

一般的なスムースレザーと比べてみると、「手に馴染むシットリ感」は少なくて、「ツルリとした質感」が勝る皮革といえます。牛革が表現する「ツヤ」とは違った、陶器のような光沢感があります。
bahari-iphonecase-16

牛革のような、やわらかさは無くて、どちらかというとカッチリとした鉱物に近い質感。
とはいえ、アルミやチタンのようにヒヤリとした冷たさがないのが面白いところ。やはり、皮革なのです。
bahari-iphonecase-7

ガルーシャの原皮は、もっと凹凸が顕著でトゲトゲとした皮なのですが、BAHARIのiPhoneケースでは、ポリッシュ(磨かれた)することで、なめらかに仕上げているとのこと。ツルツルすべすべとした質感も、BAHARIのガルーシャの魅力ですね。
bahari-iphonecase-4

新品の美しさを、ずっと楽しめる

一般的な皮革、たとえば牛、馬、羊などと比べて、ガルーシャはとても丈夫です。

ガルーシャの質感はツルツルとしていて、それでいてカッチリとしています。指ではじくと、「カツン」と音がするほど堅牢です。

傷つきにくいのも特徴です。
iPhoneはポケットに突っ込みますし、机の上に置いてスライドさせたりもするもの。そのため一般的な皮革では、どうしてもキズや凹みが付いてしまいます。
bahari-iphonecase-8

一方、ガルーシャはそのカッチリした硬さと、微細な凹凸によって、そもそもキズが付きません。乱暴に扱ってしまいがちなiPhone、その本体を守るだけでなく、ケースそのものも新品の美しさをずっと保つことができるのです。

これも好みが分かれるポイントかもしれません。
革に求めることは人それぞれだと思うのですが、傷付き、凹み、色が変化する、いわゆるエイジングを楽しむのには向いていないからです(厳密には、ガルーシャもエイジングしていくとのことですが、一般的な皮革とくらべると、時間がかかるようです)。

繰り返しますが、ガルーシャのメリットは、その妖艶な美しさが、ずっと楽しめることにあるのです。
強靱かつ、美しい表情は、海の中で生き抜いてきたエイが、外敵から身を守るために進化させたもの。自然の産物であり、ガルーシャでしか味わうことができません。

あとがき

日本に流通するスマートフォンのうち、50%ほどがiPhoneだそう。そのため、iPhoneケースの市場はとても大きくて、各社からさまざまなものらラインナップされています。

山のようにあるiPhoneケースの中で、本作は一際エッジの効いたケースだといえます。
ガルーシャの美しさを身にまとうことができるのは、本作だけの醍醐味です。

大変珍しい皮革ですから、まず人と被ることもないでしょう。ちょっと変わった、それでいて上質なiPhoneケースをお探しなら、ぜひ本作を検討してみてください。

BAHARIのiPhoneケースを公式サイトで見てみる

=>ガルーシャの美しいラウンドファスナー財布。BAHRIの長財布のレビュー
=>コンパクトなコインケース。BAHARIのコインケースのレビュー