エムピウ ブックカバーCLのレビュー。上質でシンプル。そして使い勝手のよい一品

エムピウは、ユニークな革製品をラインナップする、日本の革工房。

本日ご紹介するのは、そのエムピウのブックカバー、「CL」

まずは特徴をピックアップしてみましょう。

  • バッファローレザー
  • しおり機能付き
  • 美しい仕上げ
  • エイジングを楽しめる

長く使える、上質なブックカバーをお探しなら、ぜひ検討してみてください。

スポンサーリンク

使い勝手

ぱっと見、オーソドックなブックカバーです。

本のセット方法も、一般的なものと変わりません。

内側は、こんな感じ。
mpiu-bookcover-CL-4

片方を、スリットに差し込んで。
mpiu-bookcover-CL-6

もう片方は、こちらのベルトに差し込みます。
mpiu-bookcover-CL-7

こんな感じ。
mpiu-bookcover-CL-8

そして、フラップを折り込んで入れます。
mpiu-bookcover-CL-10

フラップには余裕があるため、厚みのある文庫本でも収納できます。本の厚みに合わせて、いつもジャストサイズに調整できるのです。
mpiu-bookcover-CL-11

いたってシンプルですね。
mpiu-bookcover-CL-12

本作のエムピウらしさは、フラップにあしらわれた、この小さな切れ込みのパーツ。mpiu-bookcover-CL-3

mpiu-bookcover-CL-2

これは、「しおり」。

普段は、ベルトに抑えられているため、フラットな状態。
mpiu-bookcover-CL-14

読書をちょと止めるとき、スッと引き出せるデザイン。ちなみに、エムピウのブランドロゴがあるのは、ここだけです。型押しのあしらいで、目立ちません。
mpiu-bookcover-CL-15

指を離すと、自然と内側にたおれていきます。
mpiu-bookcover-CL-17

あとは本を閉じるだけ。
mpiu-bookcover-CL-16

つまり、しおりが必要なくなります。

図書館で借りた本には、しおりが付いていないことがほとんどのはず。わざわざ、自宅でしおりを探し出す必要はないのです。

もちろん、購入した本で使うときも、「しおりを探す」といった所作とは無縁。いつだって同じ場所にしおりがあるので、読みはじめも、終わりも。さっと使えるのです。

特徴

バッファローの繊細な表情

素材はバッファローレザー。
きめ細かな表情の、美しいスムースレザーです。
mpiu-bookcover-CL-22

非常に微細なシボが並んでいます。新品の今は、サラリとした触り心地。
mpiu-bookcover-CL-23

やわらかく、ふっくらとした質感。mpiu-bookcover-CL-20

それでいてハリもあり、手に吸い付くようなきもちよさを味わえます。mpiu-bookcover-CL-21

一枚革の、贅沢な仕立て。つなぎめのない外装は、実にシンプル。ブランドロゴさえありません。
mpiu-bookcover-CL-1

そして、つなぎ目がないからこそ、バッファローレザーの質感を堪能できるわけです。読書をするのが楽しみになるはず。

エイジングを楽しめる素材

新品の今は、マットな表情ですね。
しかしこれは最初だけ。
mpiu-bookcover-CL-22

CLの革は、タンニンなめし、かつ、染料仕上げ。

つまり、「育つ革」です。色は深みを増し、光沢が生まれる変化を味わえます。

この変化もまた、CLの魅力。エイジングのために、もっとさくさんの本を読もうとするかもしれません。(読書の目的にそぐわない気がしますが、私のような革オタクはそう思ってしまうのです。)

(使ってみての、実際のエイジングは、後日アップしたいと思います。)

逆にいうと、新品のときの表情や色をずっとたのしみたいなら、エムピウのブックカバーはおすすめできません。クロムなめし、かつ、顔料仕上げのブックカバーをセレクトした方が幸せになれるはずです。

参考;ブックカバーの選び方

上質な仕立て

本作は、日本製。

細部に丁寧な仕立てを見ることができます。

差し込み部には、「念引き」。キリッとした印象に仕上がっています。

mpiu-bookcover-CL-5

ステッチは、均等かつ。まっすぐ。糸の色は、革と同色にすることで、バッファローレザーの風合いを邪魔しないようにデザインされています。
mpiu-bookcover-CL-18

エムピウのブックカバーのラインナップ。違いについて

エムピウは2種類のブックカバーをラインナップしています。

(※画像は、エムピウ公式サイトから引用。)

ひとつは、本ページで紹介した、「CL」。
カラーは、moca(本ページで紹介しているもの)、choco。
bookcover_cl

もうひとつは、「BASIC」です。
こちらは3色。beige、choco、brown。
bookcover_bsc

両者の違いは、素材だけ
サイズ、重さ、機能(しおりつき)は、どちらも同じです。

では、素材が違うと、なにが違うのか?

その答えは、エイジングにあります。

CLは、たっぷりとエイジングします。

対して、BASICのエイジングは、控えめ。

CLASSICは、「コンビネーションなめし」の革。クロムとタンニン、両方を使った作られた皮革なのです。BASICと比べて、エイジングの度合いは、控えめです。

値段の違いは数百円。何年も使えるブックカバーですから、気に入った方をセレクトすれば良いでしょう。

私がCLを選んだ理由

私がCLを選んだ理由もエイジングです。

エムピウ店舗でエイジングサンプルを見て、「より色が変化する」のがCLだとわかったからです。(BASICよりも、色の深まり、ツヤの出が顕著でした)

あとがき

革のブックカバーは、さまざまなブランドがラインナップしています。

では、あえて、エムピウのCLを選ぶ理由は何でしょうか?

本作だけの特徴をあげてみましょう。

  • エイジングを楽しめる、バッファローレザー
  • シンプルなデザイン
  • 使いやすい、しおり機能

これらを備えた、ブックカバーは、エムピウのCLしかありません。

お問い合わせ

レビューしているアイテムについて、疑問点があれば、お問い合わせください。
ご相談であれば、具体的に教えていただけるとお返事しやすいです。

  • ご予算
  • 好きな素材、質感
  • どんなカタチの財布が好きか
  • いつも持ち歩くお金やカードはどれくらいか
  • どんなときに使うか(ビジネス、カジュアルなど)

他の人にも役立つ質問をいただいた場合、サイトに反映させていただくかもしれません。予めご了承ください。もちろん、お名前を公開することはありません。

お名前 (*必須)

メールアドレス (*必須)

題名

メッセージ(*必須)