一革 ブックカバー ホーウィンシェルコードバンモデルのレビュー。世界最高峰のコードバンを手にして読書体験できる逸品

「一革」はコードバン製品をラインナップする、日本の革工房です。

オーダーした『ブックカバー シェルコードバンモデル』が届きました。
本日は、そのご紹介。

特徴は以下のとおり。

  • はめ込み式のブックカバー
  • 素材はホーウィン社シェルコードバンだけ
  • シェルコードバンの色、糸の色を選べる
  • カスタムオーダーの相談ができる
  • サイズラインナップは文庫本/ 新書 / A5

様々なブックカバーを購入してきましたが、もっとも高級感のある(事実、もっとも高価なのだけど・・・)ブックカバーです。

本ページでは使い勝手や特徴、メリット・デメリットについて分かりやすく解説します。

スポンサーリンク

カタチ、構造

ブックカバーにも様々なタイプがあるのですが、本作はオーソドックスな「差し込み式」。
表表紙と裏表紙を差し込んで使う、シンプルで使いやすいタイプです。

文庫本サイズです。

素材は、ホーウィン社 シェルコードバン。
色は#4(number four)をチョイス(詳細は後述)。

ハリと弾力があるため、裏張りしなくても十分耐久性がある。長く使えそう。

コードバンは裏面もスムースです。
一般的な革の裏面のように毛羽立っていないから、スルリと本を入れやすい。ブックカバーに適した素材です。

使い勝手

装着方法

表紙を差しこむだけ。

差し込みスペースは余裕がなく、ジャストサイズ。ギュッギュと入れていく感じです。ちょっと手間がかかるフィット感ですが、使っているうちに馴染んでいくでしょう。

反対側も同じように。

以上。シンプルですね。

使用感

とにかく弾力がすごい。

ハリが強くて、机に置いても片面が上がってくる。

両サイドに引っ張られて、中央部がカーブを描くほどです。

本作に限らず、「本にピタッとフィットしない」のは「革のブックカバー」の特徴です。

だけど、これは最初だけ。次第に馴染んで、ピタリとスリムになっていくでしょう。

糸は太め。触れると糸目を感じます。

縫い合わせる糸もさまざまな太さがあり、ブランドや作品によって異なります。ここは好みが分かれるところだと思います。力強いホーウィンシェルコードバンだから、太めの糸でもマッチしてるかなと。

スポンサーリンク

対応ページ数

文庫本の厚みは、一般的な小説なら、全く問題ありません。

ただし、410ページある文庫本は収納できませんでした。折りたたむと表紙にシワがよるのです。使い込むことで多少伸びたりする革もあるのだけど、本作の素材はホーウィン社シェルコードバンです。繊維密度が高くほとんど伸びないため、将来的にも難しいかなと思います。

お気に入りの分厚い本はいくつもある。例えば「有限と微小のパン」。独特の世界に没入したいわけですが、本作は使えないんですよね・・。ちょっと残念ですが、仕方ない。本作に限らず、「差し込みタイプ」のブックカバーは「本の厚みの上限」があります。オールマイティなブックカバーには原理的になりえない。標準的なページ数の文庫本に最適化された、ジャストフィットの気持ち良さにデザインされている。そういうブックカバーなのです。

ちなみに、薄い〜厚い本を収納できるオールマイティさを求めるなら、以下のような構造のブックカバーをチョイスする必要があります。

残念ながら、上記のコードバンのブックカバーは、存在しません。柔軟に曲がる革でないと実現できないからです。コードバンはハリが強いから難しいはず。1mm以下に薄くすればいけそうだけど、ハリ・弾力も弱まるし、耐久性が落ちるでしょう。使用面積も1.5倍くらいになるため、かなり高価になるはずです。フルオーダーメイド以外ではありえないかな(オーダー時にも、とても嫌がられそうですが・・・)。

特徴

ホーウィン シェルコードバンだけで作られたブックカバー

本作の特徴はやはり素材。世界最高級のスムースレザー、ホーウィンシェルコードバンを使っていることにあります。

外装はシェルコードバンの一枚革。シェルコードバンの手触りを堪能できる、贅沢なつくり。

モッチリとした弾力をダイレクトに味わえます。

本個体は、最初からバツグンのツヤがありました。

毛穴もある。「ラフな表情」もまたホーウィンシェルコードバンの特徴です。

表紙を挟む裏面もコードバン。コードバンだけで作られた、唯一のブックカバーです。

色は#4でオーダーしました。

#8より明るい。赤と茶が混じったような色合い。

ホーウィンシェルコードバンは、色ツヤの個体差がある革です。
#4同士を比べても微妙に色合いが違う。本作は、より茶色が強く、赤みは控えめです。

やはり大きな製品ほどコードバンの美しさが堪能できる。贅沢ですね。

ホーウィンシェルコードバンの床面は、染料がバチャッとかかったようなものが多い印象です。これはこれで、マニア向けで好き。

一方、本作はかなりキレイでした。血筋があるくらい。

裏面も個体差があります。二度と同じものは手に入らないのです。

エイジングを楽しめるブックカバー

表情に透明感があり、濃淡もある。染料仕上げの証です。
つまり、色ツヤが変化するエイジングを楽しめる革なのです。

美しい姿がずっと続くわけではありません。曇ったりもする。触れるたびに変わる素材です。

カバンの中で擦れ、手で長時間触れ、汗も付着するプロダクト。どのように変化するのか。これも本作の楽しみです。

新品の今はフラット。シェルコードバンをそのまま切り出したようなブックカバー。

つまり、カタチの変化も楽しめる。折りたたまれ、開け締めを繰り返されることで中央に「クセ」が付き、スリムになり、パタンと閉じるように変化してく。これもまたエイジングのひとつです。

スポンサーリンク

ハンドメイド、総手縫い

断裁から縫いまで、すべて手作業。職人さんによるオールハンドメイドです。

力強さを感じるステッチは、2つの針を交互に通す平縫い。糸が切れてもほつれてこない。

コバは染料で磨かれているのかな。断層が見えるから、染料も使っていないのかもしれない。3mm弱のコバも丸みを帯びるように仕上げられています。美しい。

スポンサーリンク

オーダーでできること

本作は「カスタムオーダー」可能。

カスタムオーダーとは、製品のカタチは決まっていて、素材や糸などを変更するオーダーです。フルオーダーと比べると手が出やすいオーダー。

本作では価格変更なく、以下をカスタムオーダーができます。

  • シェルコードバンの色を変更
  • 糸の色を変更

シェルコードバンの色

シェルコードバンのカラーラインナップは、7色。

  • ブラック
  • #8
  • バーボン
  • コニャック

ここまでは定番ですね。

さらに、以下のカラーもチョイスできます。日本の革工房ではあまり採用されていないレアカラーですね。

  • #4
  • グリーン
  • ネイビー

糸の色

糸のカラーバリエーションは12色。

悩ましくもあります。「糸の色をコードバンと合わせたときにどんな感じになるか?」イメージできないかもしれません。写真で雰囲気を見せてもらえると助かるのですが、コードバンの色×糸の色で100弱の写真が必要になる。大変だからでしょうか、掲載されていません・・・。

ただ、心配無用。イメージがあるなら、購入時に「備考」に入力してお伝えしたら良い感じの糸をチョイスしてもらえます。私は「シェルコードバンだけを堪能したい。#4の色を際立たせたい」イメージがあったので、「ステッチワークが目立たず、コードバンの表情を際立たせたい」とお伝えして、オーダーしました。結果、糸の色はマロンになりました。満足です。

その他のカスタムオーダー

その他、大幅な変更でなければ、相談できます。

  • 厚みを抑えるために、薄くする
  • 裏ポケットの幅を狭くする

「コードバンの面積を大きくする」場合は、当然ながら価格はプラスになるでしょう。

完成までの期間

ブックカバーはオーダーによる受注生産です。

本作はオーダーしてから到着まで1ヶ月ほど。

スポンサーリンク

シェルコードバンのリバース仕立て

シェルコードバンにはホーウィン社のスタンプが押されています。このスタンプは基本的に1枚に1つ(押されていないものも見たことがあります。厳密には決まっていないのかも)。貴重な部位です。

さて、今回は運良くスタンプが取れたので、「スタンプをどう見せるのか」を相談させていただきました。

  • 大きめに裁断して、ブックカバー表面にリバースで使う。
  • ブックカバー裏面の中央に覗かせる。
  • 裏ポケットにリバースでスタンプを出す。

今回は、裏ポケットにスタンプを配置する裁断で、オーダーしました。

読書中にもチラリとスタンプが見える。満足です。

ラインナップ

サイズは以下の3つ。

新書はビジネス書などで多く使われるタイプ。文庫本より少し背が高いため、より多くのコードバンが必要になります。

A5はハードカバーのサイズ。こちらが欲しかったのだけど、高価なので見送りました・・・。

あとがき

シェルコードバンのブックカバーは、一革だけがラインナップしています。

オーダー時、いろいろと相談に乗ってもらったので満足のいくブックカバーになりました。

どのように変化していくのか、楽しみな一品。大切にします。

一革 ブックカバー シェルコードバンモデルを見てみる

SNS/YouTube

Twitter, Instagram, YouTubeもやっています。フォロー、アンフォローお気軽に。


func_walletさんをフォロー