レーデルオガワ社のコードバンとは何か。特徴、メリット・デメリットを解説する

コードバンはもっとも好きな皮革。レーデルオガワ社のコードバンもその一つです。

本ページでは、40以上のコードバン製品を使ってきたコードバンマニアの目線で、レーデルオガワコードバンの特徴、メリット・デメリットについて分かりやすく解説します。

スポンサーリンク

レーデルオガワ社


レーデルオガワ社は千葉県にある「コードバンの仕上げ屋さん」です。
コードバンの原皮に油分を加え、コードバン層を削り出し、染色をする「コードバンを専門」とする唯一無二の企業です。

参考:レーデルオガワ公式サイト

さまざまなブランドが「国産コードバン」の製品を販売していますね。新喜皮革社またはレーデルオガワ社のコードバンが使われていることが多いかな。特に高島屋などの高級デパートで取り扱いのある革財布は、ほとんどが新喜皮革かレーデルオガワです。

レーデルオガワは「アニリン染」という特殊な染色を得意としています。

表情

コードバン特有の光沢がある。光のベールをまとった表情が魅力のひとつ。奥行きのある透明感が楽しめる。

サラリとした手触りとあいまって、均整な美しさを感じる皮革です。

ホーウィンのコードバンは、濃淡があるし、新品のときから薄っすらとキズも付いていることもある。レーデルオガワのコードバンはキズも少なく、整った美しさです。

小さな製品でさえ上質さを隠しきれない。暗い空間でも、わずかな光をうけてコードバンの特徴である光沢を見せてくれます。コードバン以外の革とは格段にルックスが違う。

明るい空間だと濃淡が見える。これもいいんですよ。

一般的な「革」とは異なり、銀面でも床面でもない。皮と肉の中間にあるシェル層を削り出し、スムースに加工し、アニリン仕上げを施した表情は、バツグンの光沢を放ちます。

鏡面のように外界を映し出すほどになめからな肌。

指のカタチ・色までハッキリと分かる。コードバンの楽しみのひとつです。

レーデルオガワの得意とする「アニリン染」とは、水に溶ける染料を利用した染色技法です。透明感とコードバンの風合い(濃淡、ムラ感など)を同時に楽しめるのは、コードバンの内部に染料を浸透させているからではないかと思います(コードバンの表面に色を乗せるというよりは、繊維に浸透しているイメージ)。

革の風合いを残しつつ、毛穴(ピンホール)がほとんど見当たらないのはレーデルオガワの技術力の高さを物語っています。

触り心地

ホーウィン社よりオイル感は控えめ。サラッとしたさわり心地です。ここは好みが分かれるかな。オイルレザーっぽさが好きなら、ホーウィン社が気にいるかもしれません。

質感

硬い。ハリ・コシが強い。

油分を含んだ革とはいえ、ぎゅっと握ったり圧をかけると染料が移動する(プルアップ現象が起きる)のですが、マレンマやミネルバほど色の変化が顕著ではない。また、オイルが浮き出るような変化も感じられません。

レーデルオガワのコードバンは、概ね2mm以下です(数十枚、触らせてもらいましたが2mmを超えるものはなかった)。

部位によって1.2〜1.8mmと厚みが異なります。お尻と腰のどちらに近いかによって、コードバン層の厚みが違うのでしょう。コードバンは副産物。天然の素材なのです。

厚みが異なれば、ハリ感も変わる。1.8mmくらいある部位は曲げることも困難です。この厚みのまま使われることはほとんどありません。最適な厚みにスライスされます。

レーデルオガワは、他社のコードバンより硬い印象。ハリ・コシを重視するなら、レーデルオガワをセレクトしたほうが良いかもしれません。ただ、「コードバンだけで作られる製品」はほとんどありませんので気にしすぎることは無いかな(three2fourやLASTCROPSのように「1枚革のコードバン」で仕立てるブランドは珍しい)。(写真はthree2fourのPOCKET)

コードバン×他の革の組み合わせによって、作られることがほとんど。硬い革と組み合わせた製品が、もっともハリ・コシを楽しめるでしょう。ブランドでいうと、WILDSWANSなどが硬めの革(イングリッシュブライドル、ブッテーロなど)を使っています。

カラーバリエーション

10色以上あります。新喜皮革同様、多くの色がある。いくつかご紹介しましょう。

ここまで紹介してきた色です。レーデルオガワの青は鮮やかです。

このコードバンのブルーもたくさん見せてもらいましたが、一枚ずつ色味が微妙に異なるし、一枚の中でも濃淡がある。このページを見ているパソコン(スマホ)によっても色味が違って見えるはず。でも、どの個体も、品のある鮮やかな青なんですよ。薄い青、濃い青が上品に集まっている。

ホーウィン社シェルコードバンの青系統だとネイビーがあります。レーデルオガワの方が、ずっと淡く、透明感がありますね。

赤系

赤茶というのかな。ホーウィン社コードバンの#8よりも淡い。深みのあるワイン。これもいい。大好きな色です。 

明るい空間では淡い色合いを楽しめる。

濃淡があっても繊細な印象を受けるのは、表面のきめ細やかさのおかげでしょう。

あと、緑も綺麗です。こちらもホーウィン社のシェルコードバンよりも、ずっと鮮やかなグリーン。

Crevaleathcothree2fourで使っているのを見たことがありますが、極めて珍しい。

香り

独特の香りがします。

ホーウィン コードバンの香ばしい香りではないです。

イタリアのミネルバやブッテーロのようなツンとする匂いではない。苦手に感じる人はいないでしょう。香りは強くなく、鼻を近づけないと分からないほどです。

この点では、革の香りマニア(いるのかな?)には物足りないかもしれない。

耐性

シミになりやすいです。

キズ

傷つきやすいです。

ケア方法

硬いブラシでガシガシこすると、薄っすらとキズが付きます。私の場合、いつものコロニルのブラシ(馬の毛)で払う程度。

油分を含んでいるため、特にオイル追加とかはいらないですね。むしろハリ・コシが落ちるので避けたほうがよいと思います。

エイジング

色・ツヤの変化はします。タンニン革ですし、染料が使われていますからね。いわゆる「エイジング」が好きな人は楽しめるでしょう。

なお、どのように変化するのかは利用方法によるのかもしれません。色が抜けたような変化も見たことがあります(元がビビッドで深みのある色なので、余計に色抜けを感じたのかもしれません)。

言い換えると、新品のときの美しいルックスはずっと続くわけではありません。キズ付き、シミもできるでしょう。使う人の、使ったなりに変化する。そんな皮革です。

カタチも変化します。たとえば、アイテムを入れたとき。

カードによって膨らんだ部位がぷっくりとする。フラットだったコードバンが立体的なカタチが作られ、そこにもレーデルオガワコードバンの光沢が生まれるのです。傾斜する部位に生まれる光沢は、やはり美しいですね。

あとがき

レーデルオガワのコードバンは特別です。さまざまなコードバンのなかでもとりわけ整った色目、肌目。色むらがすくなく、均一なコードバンがお好きなら、レーデルオガワのコードバンが気に入ると思います。

SNS/YouTube

Twitter, Instagram, YouTubeも運営しています。フォロー、アンフォローお気軽に。


func_walletさんをフォロー

スポンサーリンク