上質ながま口財布が得意。 petticaの紹介

top

上質な素材をPOPに楽しむことをコンセプトとしたpettica(ペチカ)。

岡山県出身、愛媛県松山市の工房で革小物作家として活躍されています。
なんとその作品は日本のショップのみならず、オーストラリアのメルボルンでも販売されており、世界中に愛用者がいます。

大阪、倉敷、松山で個展も開催している、今注目のブランドです。

スポンサーリンク

ブランド紹介

デザイナー-
創業-
価格帯2,160円~19,980円

公式サイトはこちら。

がま口財布の紹介

トライアングル ロングウォレット

traiangle

出典:http://www.creema.jp/exhibits/show/id/1515075

こちらのお財布、なんと通帳がすっぽり入ってしまいます。

銀行のATMの前でカバンに入れた通帳を探して、財布を探してカードを探して…なんて後ろから咳払いが聞こえてきそうなシチュエーションから解放されそうですよね。

大きさにもよりますが、スマホが入るとの声も。
身の回り品を詰めてちょっとそこまでお出かけ、がこれ一つでできる嬉しい一品です。

traiangle2
本体にカードポケット自体は少ないですが、カードポケットのマチが広くとってあるので、たくさんのカードを一度に入れることが可能です。

あまりにたくさん入れすぎると、留め金が少し緩むこともあるそうなので、沢山入るからと詰め込むよりはほどほどにした方がいいかもしれません。

traiangle3
オプションのカード仕切りケース(2,160円)を使えば、
よく使うカードだけを入れておくこともできます。

財布内の間仕切りにもなるので、もっと便利になります。

色は、ブラック、ナチュラル、ホワイト、ターコイズの4色展開。
なお色によって使用する革が違うので、ターコイズのみ価格差があります。

wave がまぐち

gama1

出典:https://www.iichi.com/listing/item/646108

コインやカードを入れることができるがまぐち財布です。

小銭だけが入るSサイズもあるので、用途に応じて使い分けも可能です。
Mサイズでも手の中に納まる大きさなので、身軽に出かけたいときにピッタリです。

gama2
単色にすると上品な雰囲気に、
ツートンカラーにするとカジュアルな雰囲気になります。
場面場面に応じて楽しむのも素敵ですよね。

配色のオーダーも可能なので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

大人が持つのも素敵ですが、
本物志向の方は、お子様の初めての財布として持たせるもの素敵だと思います。

まとめ

petticaは、がまぐちが定番のブランドです。

がまぐちの良いところは、なんといってものその収納力。
がばっと開いて、中になんでも入れることができるので、あれもこれも持ちたい方に最適の形です。
口が大きく開くので、一目で何がどこにあるかわかるのも便利ですよね。
Petticaでは色や形などの相談もできるそうなので、理想のがまぐちを求めている方はぜひ相談してみては。

iichi、creemaといったハンドメイドサイトで購入可能です。

スポンサーリンク