WILDSWANS パーム ホーウィン社シェルコードバングリーン ✕ ブッテーロのレビュー。

WILDSWANSのコンパクト財布、パームを購入しました。

外装にホーウィンシェルコードバン、内装にブッテーロを使ったモデルを解説します。

動画

ホーウィン社のシェルコードバン グリーンは独特の色です。表情は動画のほうがわかりやすいと思います。

濃色のシェルコードバン(ブラック、ネイビー、グリーン)を比較した動画です。

使い勝手

定番のパームと、サイズ、機能は同じです。本ページでは「使い勝手」は解説しません。

以下のレビューをご参照ください。

参考:WILDSWANS パームのレビュー

カタチ・構造

いつものパーム。手への収まりがいい。

外装の素材はシェルコードバン。カラーはグリーンです(詳細は後述)。

パームの流麗なフォルムは、コードバンとよく合います。

さて、構造です。

カード収納ポケット。パームの使いやすさを実感できる、優秀なポケット。財布を開かずに、クレジットカードを取り出して決済できるのが良い。ちなみに、WILDSWANSの製品だとタングもバックポケットが備わっています。

内部の構造は、定番パームと一緒。素材はブッテーロ。カラーはブラックです(後述)。

ロゴ変更後しばらく経ちました。最初は違和感があったけれど、慣れてきますね。主張しないロゴが好きなら、気に入るんじゃないでしょうか。ブッテーロのサラリとした表情にもマッチします。ロゴは銀箔や金箔が押されていることもあるのですが、今回は素押し。

ステッチはベージュ。相変わらず丁寧に作られています。

ホックはシルバー。ホックの色はゴールドのときもある。好みが分かれるところかな。ブラックにはシルバーもゴールドも両方合います。

特徴

ホーウィン社シェルコードバン バーボン

素材はシェルコードバン。アメリカのタンナー、ホーウィン社の代表作。もっともメジャー、もっとも人気のあるコードバンですね。

カラーはグリーン。とても魅力的な色です。光量、調光によっても色味が違って見える。ネイビーにも見えますが、ネイビーと並べると違う。比べてみるとグリーンなんです。

艶やかな表情が美しく、触れるとつるりとした感触。見ても触れても楽しめる、最高級の革です。

指の色まで映し出す表情は、コードバンだからこそ。

#8やブラックよりは淡い色合いで、透明感と濃淡が楽しめます。

淡色のコードバンは角度によって表情が変わるのがいい。

ちなみに、毛穴や小キズだってあります。ホーウィンでは避けられません。

端正・均整な表情が好みならホーウィンは合わないでしょう。新喜皮革やレーデルオガワのコードバンのほうが気に入るかもしれません。

内装はブッテーロ

内側にはイタリア、ワルピエ社のオイルレザー、ブッテーロが採用されています。ハリ・コシの強い革ですからWILDSWANSのコンセプトに合っている気がしますが、なぜかオーダーメイドでしか使われていません。

グリーン✕ブラックは組み合わせとしてどうかなとも思ったのですが、コードバンのグリーンがかなり濃い色なのでコントラストは控えめ。意外と合いますね。落ち着いた感じ。

ちなみに、ブッテーロのグリーンはもっと鮮やかなグリーン。内装にブッテーロのグリーンを使ったほうがコントラストが生まれるでしょう。

サラリとしたスムースな肌です。型押しされていないため、使っているうちにシワがでてくるはずです。

ゆっくりとエイジングを楽しめる革です。

あとがき

シェルコードバンのグリーンは一応、限定品。ですが、オーダーで受けてくれます。オーダーだと内装の革もある程度自由に選べますので、検討してみてはいかがでしょうか。

SNS/YouTube

Twitter, Instagram, YouTubeも運営しています。フォロー、アンフォローお気軽に。


func_walletさんをフォロー