ジャミーウォレットのレビュー。小さくて使いやすい、カルトラーレのミニL字ファスナーの紹介

カルトラーレはユニークな革製品を得意とする、日本の革工房です。

2017年11月に、カルトラーレから新作財布「ジャミーウォレット」が発売されました。
早速購入してみましたので、本ページではその特徴・使い勝手に、鋭く迫ります。

まずは特徴をあげてみましょう。

  • 小さなL字ファスナータイプ
  • お金もカードも使いやすい
  • シンプルなルックス
  • 型押し牛革の、エレガントな表情
  • スリムで、どんなポケットにも楽々収納

小さくてスリムで、気軽に持っていける財布をお探しなら、きっと本作を気に入るはずです。ぜひ参考にしてみてください。

スペック

ブランドカルトラーレ
商品名ジャミーウォレット
用途
  • メイン
  • サブ
価格(税込み)16,200円
収納力★★★☆☆
お札入れの数1
お札の枚数10
コインの枚数25
カードの枚数5
寸法W105 x H93 x D18mm
重量60g
素材牛革

ジャミーウォレットを公式サイトで見てみる

使い勝手

ジャミーウォレットは、「ミニL字ファスナー」にカテゴライズされる一品。
その名のとおり「L字」に備えられたファスナーが特徴です。
jammy-wallet-3

サイズの点では、カルトラーレの代表財布「ハンモックウォレットコンパクト」にはかないませんが、一般的な二つ折り財布と比べると、ずっと小さなボディ。男性の手にジャストフィットなサイズです。
jammy-wallet-32

そして、バツグンにスリム。
jammy-wallet-5

コンパクトで薄いことは、持ち歩くときの快適さをバツグンに高めてくれます。たとえば、ケツポケやスーツの内ポケットにも最適ですし、カバンの中に入れても場所を取りません。小さいからこそのメリットです。

1枚革をぐるりと使った、贅沢なつくり。
jammy-wallet-6

高級感がある、だけではありません。折りたたむ部分を縫い合わせていないため、手に納めたときに、気持ち良いんですね。

さて、そのルックスだけ見ると、他社の「ミニL字ファスナー」との違いは、分かりません。
jammy-wallet-2

では、何が違うのか?

ジャミーウォレットは、カルトラーレの得意とする「使いやすさ」がデザインされているのです。

一般的なL字ファスナーは、ポケットが1つしかありません。その中に、お札、カード、コインを収納します。小さなポケットで、すべてのアイテムを扱うため、「使いやすい」とはいえませんでした。

一方、ジャミーウォレットは、まったく異なるデザイン。

ポイントは、ガバッと横に開くこと。ジャミーウォレットの使いやすさのポイントです。
jammy-wallet-8

これまでの「ミニL字ファスナー」の弱点は、「使いにくさ」にありました。ジャミーウォレットは、その不便さを克服した財布なのです。

それでは、使い勝手を見ていきましょう。

お札

お札を使うときは、かぶせ蓋を開きます。ホックで留められていて、普段は閉じられています。

開くとこんな感じ。
jammy-wallet-16

収納スペースが、広く取られていますね。
中央に大きなスリットがあって、スムーズに動くため、お札を入れやすく、取り出しやすいのです。
jammy-wallet-9 jammy-wallet-10

これも、ジャミーウォレットの優秀なポイント。

ほぼすべての「ミニL字ファスナー」は、お札を折ってから入れなくてはいけません。これが一手間でした。1アクションで収納することができず、折ったお札を小さなポケットに詰め込まないと入れられないのです。使うときも、「財布から出して、広げる」必要がありました。

ジャミーウォレットでは、この不便さが解消されています。

受け取ったお札を、そのままスムーズに収納できます。サッといれて、財布を閉じるだけ。一般的な二つ折り財布と同じように、気軽に使えるわけです。
jammy-wallet-12

仕立ての美しさも流石です。内装のすべての面が、革張りされています。

滑りが良くなるため、お札をスムーズに出し入れできます。手触りも良く、高級感があります。使っていて気持ちいいんですね。
jammy-wallet-26

収納できるお札は、10枚ほど。
一般的な二つ折り財布よりも、少し少ないくらいです。

革が馴染めばもう少し入れられると思いますが、あまりオススメしません。お札が多くなると財布が膨らんでしまうからです。スリムに、快適に持ち歩くなら、10枚くらいがベストです。

札入れには、マチがないことからも、収納力をウリにした財布ではないのです。薄さを優先することで、「気軽に持ち歩ける財布」を目指したのでしょう。

コイン

L字ファスナーを開けると、コインポケット。jammy-wallet-20

これも、他社の「ミニL字ファスナー」と違います。コインが使いやすいように、デザインされています。

少し、他社のものを見てみましょう。

ほとんどの「ミニL字ファスナー」は、ファスナーを開けるとさらにポケットがあり、この中にコインを入れます。小さなポケットでコインを出し入れするため、使いにくいのです。

一方、ジャミーウォレットは、ファスナーを開けて、コインをそのまま入れられます。見やすく、取り出しやすく、そして入れやすいのです。
jammy-wallet-21

仕切りのないシンプルな構造のため、たくさんのコインを収納できます。25枚は余裕。
ただし、スリムに保ちたいなら10枚前後におさえましょう。

コインが見やすいので、キッチリとお会計できます。結果、小銭が増えにくいので、自然とコインは少なくなるはずです。

カード

カードの収納箇所は、2箇所。

ひとつめは、コインケースの内側。厚みのあるカードで3枚ほど収納できます。
jammy-wallet-19

こちらは、ファスナーが近く、カードの出し入れは快適とは言えません。ギザギザが指に当たる感触が、あまり気持ち良くないからです。

ただしこれは、ファスナータイプの財布すべてに言えること。ジャミーウォレットの弱点というより、ファスナーのある財布の弱点ですね。

このポケットには、頻繁に出し入れしないカードを入れるのがオススメ。免許証、保険証、サブのクレジットカードなど、「普段使わないけれども持ち歩きたいカード」に最適なスペースです。

もうひとつは、かぶせポケットの左側。
jammy-wallet-13

カードの取り出しやすさは、こちらの方が優れています。
jammy-wallet-14

私は、メインのクレジットカードを入れています。お会計のときは、こちらから取り出して終了。札入れも使える状態になるため、レシートの収納もスムーズ。実にスマートです。

こちらもスロットは1つだけ。重ねて入れるつくりです。厚みのあるカードなら2枚が限度でしょう。

つまり、ジャミーウォレットは、合計5枚ほどのカードを収納できます。

これで足りないなら、お札入れのスペースに入れましょう。
jammy-wallet-15

あおりポケットになっているため、見やすく取り出しやすいです。


ジャミーウォレットは、独特です。これまでの「ミニL字ファスナー」とは一線を画するデザインと使い勝手。

一般的な財布とは異なる、エッジの効いた財布は、どうしても「慣れ」が必要です。(私はそんな財布が大好きなのですが、これは好き嫌いが分かれるポイントですね)。

そういった中、ジャミーウォレットは、複雑な使い方を覚える必要はありません。手に入れたその日から、カンタンに扱うことができます。

ジャミーウォレットを公式サイトで見てみる

特徴

使い勝手以外のポイントを押さえてみましょう。

美しくて、丈夫。国産エンボスレザーを贅沢に使用

ジャミーウォレットの素材は、国産牛革の型押し(エンボスです)。
jammy-wallet-4

美しい素材

小さな財布は、どうしてもインパクトにかけます。小さなボディサイズでは、革の良さが表現しにくいからです(写真は、エムピウのストラッチョ)。

そういった中、ジャミーウォレットには高級感があります。微細なエンボスが、光を反射するため、コロコロと表情を変えてくれます。見ていて飽きません。
jammy-wallet-32

ジャミーウォレットには、目立たないようにブランドロゴが型押しされています。ロゴ以外の装飾は、ありません。上質な素材を使い、美しく仕立てられた財布は、着飾る必要がないからです。

エンボスの美しい表情を活かした、シンプルなルックスは、ビジネスシーンに添えても違和感なく使えます。

キズに強く、目立たない

凹凸があるため、そもそもキズが付きにくいのです。もちろん、すべてのキズを隠すことはできないでしょうが、小さなキズなら、そもそも見えません。

水、汚れに強い

顔料でコーティングされているため、水染みしにくく、汚れにくい素材です。気を使わずに、ガンガン使える財布です。

新品の美しさが続く

ジャミーウォレットは、エイジングしません。新品の美しい表情を、長く楽しめる素材です。

色やツヤの変化を楽しみたいなら、本作のメンズモデル、レディースモデルは合いません。栃木レザーモデルをセレクトした方が幸せになれるはずです。

※各モデルの特徴は、後述します。

豊富なラインナップ

ジャミーウォレットは、3種類のモデルがラインナップされています。

どれも機能は同じです。違いは、カラーや素材。

それぞれ、特徴を見て見ましょう。

ジャミーウォレット メンズ

カラーラインナップは、5種類。(画像は、公式サイトより引用)

jammy-mens-024

左上から順に、

  • ブラック
  • ダークブラウン
  • ネイビー
  • ダークグリーン
  • キャメル

カラーによって、印象がかなり異なります。

ブラック、ダークブラウン、ネイビーは、キリッと引き締まった印象。こちらはビジネスシーンにも最適です。

キャメルは本ページで紹介しているもので、もっともエレガンスな印象。女性にもオススメのカラーです。

メンズモデルを公式サイトで見てみる

ジャミーウォレット レディース

jammy-ladies-015

素材は、国産牛型押し。メンズと同じです。パステルカラーで、メンズモデルよりも光沢のある表情に仕上がっています。jammy-wallet-37

中のカラーリングも独特です。キラリと光る表情を楽しめます。
jammy-wallet-35

レディースモデルを公式サイトで見てみる

ジャミーウォレット 栃木レザー

国産牛革のもラインナップされています。

少しハリのある質感ですから、革好きならこちらの方が気に入るはず。
jammy-tochigi-002

栃木レザーは、タンニンでなめされた、染料仕上げの革。
使うほどに、色は深みを増し、ツヤも現れます。エイジングを楽しみたいなら、栃木レザーモデルをチョイスしましょう。

栃木レザーモデルを公式サイトで見てみる

どのモデルがオススメか

ビジネスシーンでも使うなら、メンズモデル。
高級感のあるルックスは、オンオフ問わず活躍します。

女性なら、レディースモデル。またはメンズモデルのキャメルカラーがおすすめ。優しい印象です。

革のエイジングを楽しみたいなら、栃木レザーモデルがおすすめです。

美しいデザイン

直線と流線が組み合わさった、デザインもジャミーウォレットの特徴。
jammy-wallet-28

ストレートラインの製品は、どうしてもキチッとしすぎる印象になりがち。ラウンドしたパーツがあると、少し柔らかな仕上がりになりますね。

ジャミーウォレットに、余計な装飾はありません。必要ないからです。
美しいフォルム、素材を楽しむのに、ゴテゴテとしたデザインは必要ないのです。

made in Tokyoの丁寧な仕立て

カルトラーレのアイテムは、すべて東京下町の工房で作られています。
どのプロダクトにも、ひっそりとロゴがあしらわれていて、「made in Tokyo」の文字を見ることができます。

均等で、真っ直ぐ、カーブにそった美しいステッチ。ラウンドエッジの、菊寄せ。
jammy-wallet-29

ファスナートップにもボディと同素材を使う、コダワリ。
jammy-wallet-27

どの技術も、made in japanの革製品に見られる、職人の技です。

ジャミーウォレットは、どこで買えるか

公式サイトでは送料無料。楽天かAmazonのメンバーなら、会員登録も必要ありません。
ラッピングも無料ですから、プレゼントにも最適です。

東京にお住まいなら、東中野にあるカルトラーレのギャラリーに行ってみるのも良いでしょう。ジャミーウォレットだけでなく、カルトラーレのユニークな財布がすべて揃っています。
jammy-wallet-33

あとがき

これまでのミニL字ファスナーとは一線を画す使い勝手。さすがはカルトラーレといったところです。

コンパクトで、美しく、それでいて使いやすい財布をお探しなら、きっとジャミーウォレットを気に入るはず。ぜひ手にとって見てください。

ジャミーウォレットを公式サイトで見てみる

お問い合わせ

レビューしているアイテムについて、疑問点があれば、お問い合わせください。
ご相談であれば、具体的に教えていただけるとお返事しやすいです。

  • ご予算
  • 好きな素材、質感
  • どんなカタチの財布が好きか
  • いつも持ち歩くお金やカードはどれくらいか
  • どんなときに使うか(ビジネス、カジュアルなど)

他の人にも役立つ質問をいただいた場合、サイトに反映させていただくかもしれません。予めご了承ください。もちろん、お名前を公開することはありません。

お名前 (*必須)

メールアドレス (*必須)

題名

メッセージ(*必須)