Crevaleathco ブリランテ L字ジップ長財布のレビュー

革工房Crevaleathco(クレバレスコ)の『ブリランテ L字ジップ長財布』をご紹介しましょう。

特徴は以下のとおり。

  • L字ファスナー長財布
  • お札、コイン、カードを収納できる
  • お札、カードが使いやすい
  • イタリアレザー、ブリランテを贅沢に使用

本ページではCrevaleathcoの使い勝手、特徴、メリット・デメリットについて分かりやすく解説します。

スペック

ブランドCrevaleathco
商品名ブリランテ L字ジップ長財布
用途メイン
収納力★★★★☆
お札入れの数2
お札の枚数40
コインの枚数15
カードの枚数12
寸法W190 × H94 × D22mm
重量-
素材ブリランテ

ブリランテ L字ジップ長財布を取扱いサイトで見る

カタチ、構造

本作は「L字ファスナー長財布」にカテゴライズされる財布です。

素材はイタリアのオイルレザー、ブリランテ(詳細は後述)。

ハリのある素材と相まって、すこし大きく感じる。

1枚の革を折り曲げて仕立てた財布だから、革の手触りを堪能できます。

ファスナーの引き手は使い勝手を左右する大切なパーツ。トップクラスに美しい引手はCrevaleathcoの定番です。本作でも丁寧な仕立ては健在です。掴みやすく操作しやすい。極めて優れたパーツです。

芯材を組み込んだ引手は立体的でカッチリと硬い。開け締めを繰り返すため負担がかかるパーツだけど、丈夫で耐久性も高いでしょう。

ファスナーはエクセラ。ひとつひとつの歯が美しい光沢を見せてくれる、YKKの最高峰ファスナーです。

ファスナーを開くと、特定の場所で止まる。

これ、内側のポケットがファスナーの位置ギリギリの高さまであって、ポケットのフチがファスナーのスライダーと干渉するからです。力を込めて引けば、開くかもしれないけど、スライダーが革に当たっているため、革が擦れてしまう。心配です。

ポケットにぶつけずに開くには、ファスナーを斜め上に引っ張るようにスライドさせる必要があります(ファスナーテープが引っ張られてポケットで引っかからない)。ただ、この方法はファスナーに負担がかかるし、なめらかに開かない。もしくは、いったん引っかかったところで引く力を弱くする。スライダーの角度が浅くなるため引っかからない。

なお、収納量によっても引っかかりやすさが変わります。たとえば、カード12枚、お札を40枚入れると、両端から圧迫されて中央のコインポケットが上に傾きがちになる。結果、引っかかりやすくなる。

カード12枚、お札30枚、コイン12枚くらいだと引っかかららないですね。エイジングによって革のコシも柔らぐでしょう。スムーズに開閉できるようになるかもしれません。

さて、中はこんな感じ。一般的なL字ファスナー長財布と同じです。

中央にコインポケット。

左右にお札を収納し、側面にカードが入ります。オーソドックスなL字ファスナー長財布と言えます。

使い勝手

カード、お札、コインの使い勝手を解説しましょう。

カード

6つのポケット。それぞれに1枚収納できます。これが両サイドにあるから合わせて12枚のカードが収納できる。十分な収納力です。

カードポケットはかなり使いやすい。まず、マチが広いからガバっと開くんですよ。L字ファスナー長財布って、奥の下段のカードが出し入れしにくいものあるんですが、本作ではストレスがない。ガッと開いて、スッと取り出せるからです。

お札が入ると、カードが少し隠れるけど、

仕切りが可動するから、カードは見やすく、取り出しやすい。

ここまで開くL字ファスナー長財布はあまりない。iPhoneがスッキリと収まるほどです。

スポンサーリンク

お札

ガバっと開くから、お札も使いやすい。オーソドックスなカタチのL字ファスナー長財布はいくつも使ってきたのだけど、本作はかなり優秀です。10枚のお札をまとめて入れるときも、引っかかることなくサッと収納できる。

余裕のある収納スペースです。

十分なスペースがあるから、お札をパラパラと数えやすい。千円札と1万円札が混在していても、特定のお札を見つけてカンタン取り出せる。

札入れが2つあるので、色々と使い分けができるのもいいですね。

  • 千円札と1万円札
  • レシートとお札
  • 商品券とお札

両方にお札を入れるなら、お札40枚は入ります。

コイン

中央のポケットがコインのスペース。財布を開いたときに、すぐにコインが使えるのがいい(コインポケットにファスナーがあると、ファスナーを2回開けなくちゃいけない)。ポケットが大きいから大量のコインもまとめて収納できる。使いやすい。

ポケットは財布の底近くまであるので、結構深い。深いポケットはコインが見にくく取り出しにくいのだけど、本作では心配無用。

ポケットがガバっと開くから見やすくて取り出しやすいです。

18枚入れてみました。まだまだ入るけど、入れるほど財布が重く、膨らんでしまう。スタイリッシュなフォルムを保つなら、15枚程度が良いでしょう。

特徴

スポンサーリンク

イタリアのオイルレザー、ブリランテを使用

素材は、ブリランテ。Crevaleathcoの定番レザーです。

微細なシボは見えますが、サラリとしたスムースレザーです。

ハリがあって、カッチリと硬い革。

トラがはっきりと見える。ショルダーレザーかな。トラがあるのは上質なレザーの証。染料仕上げだから、本来の表情・風合いを隠すことはできない。隠さなくても商品化できる上質な革です。

スポンサーリンク

育つ革

染料仕上げ、かつタンニンなめしの革ですから、色・ツヤの変化するエイジングを楽しむことができます。

スポンサーリンク

革を美しく見せるためのデザイン

ファスナーの止め部は、丸みのあるカタチにカットされています。

財布の端までファスナーを開いたときに、スライダーが革にぶつからないように設計されているんですよ。コバの仕上げも大変になるため、技術も必要です。

内装も、すべて「革の表」です。

財布のどこを見ても「革の表面」だけが使われた、贅沢なつくり。

カードの最下段が縫われています。

でも、表面にはステッチがない。

内装のパーツだけを組み立ててから、外装と縫い合わせているんですね。革をなるべく切らず、なるべく縫わない。結果、丈夫になるし、ステッチが無いから革を最大限楽しめる。すごく手間がかかっています。

美しい仕上げ

ステッチ

革と同系色で縫われています。ストレートラインからカーブまで綺麗。手縫いです。

斜めのステッチラインが平行に並んでいます。ステッチをブレなく、均一な糸目が3mmピッチで並ぶ。手縫いだけど「クラフト感がない」のは、緻密かつ丁寧に作られているから。

コバ

厚みのあるコバは、ラウンドしたフォルムに仕上げられています。

つるりとして気持ちいい触り心地。

ポケットは革を折りたたみ、返して仕上げられています。

断裁したままのコバはありません。どこを見ても美しい。

捻引きも美しい。ストレートラインはキチッと。

カーブに沿って捻を引くのは難しい。Crevaleathcoの技術を物語っています

あとがき

細部まで美しく仕立てられた、オーソドックスなL字ファスナー長財布です。

ブリランテ L字ジップ長財布を取扱いサイトで見る

SNS/YouTube

Twitter, Instagram, YouTubeも運営しています。フォロー、アンフォローお気軽に。


func_walletさんをフォロー