ベルロイiPhone7/iPhone8ケースのレビュー。ミニマリストに愛されるブランドのiPhoneケース、その真髄に迫る

ベルロイは「道具を効率的に運ぶこと」をコンセプトにする、オーストラリアのブランド。
機能的で、エッジの効いたアイテムをラインナップしています。

さて、本日ご紹介するのは、ベルロイのiPhone7ケース(iPhone8もサポートしています)。

ベルロイは、機能の異なるiPhoneケースをいくつかラインナップしています。、その中でも、本ページでご紹介するのは、もっともシンプルで、スリムなモデル。

特徴はこんな感じ。

  • 蓋のない、カバータイプ
  • シンプルなデザイン
  • タンニンなめしの革で作られている
  • SIMカード、SIMピンを収納できる
  • 1枚のカードを収納できる

シンプルなデザインと機能性とのバランスが絶妙で、大人が持ち歩いて恥ずかしくないiPhoneケースに仕上がっています。ちょっと良いものをお探しなら、きっと本作を気にいるはず。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

動画

300日くらいは使ったはず。
使い勝手を短い動画にまとめてみました。質感なども伝わればいいのですが。

使い勝手

本作は、iPhoneをカチッとはめるだけの、カバータイプのiPhoneケース。
さまざまなカタチのiPhoneケースがありますが、もっとも使いやすく、携帯しやすいタイプです。

本作の素材はレザー。タンニンでなめされた、本革ですから、色ツヤが変化するエイジングを楽しむことができます。微細なシボがあって、サラリとした手触りです。
bellroy-iphone-case-2

エッジと背面で異なる色を使った2トーンデザイン。
bellroy-iphone-case-1

このエッジの部分は、サラリとしたプラスチックの素材でできています。バリはなく、美しい仕上がりです。

装着

iPhoneを収納するスペースがこちら。
bellroy-iphone-case-4

iPhoneの接地面は、ふわりと起毛した素材。美しいiPhoneを優しく包み込み、傷つくことがありません。
bellroy-iphone-case-5

装着はカンタン。カチッと押し込むだけです。
bellroy-iphone-case-7

iPhoneがピタリとはまるフィット感は、apple純正のiPhoneケースと同等以上です。
bellroy-iphone-case-8

エッジもキレイに収まります。bellroy-iphone-case-9

ベルロイはiPhone5の時代から、レザーのiPhoneケースを作り続けている老舗。
iPhoneが世代交代するたびに、ケースもマイナーチェンジをしてきました。そして、このバツグンのフィット感には、ずっと定評があります。

手にしたときに気持ちのよいフォルム

iPhoneのラウンドしたエッジと同じく、本ケースも丸みを帯びたフォルム。
bellroy-iphone-case-3 bellroy-iphone-case-18

このRを描くエッジによって、手当たりが非常に優しいのです。長時間持っていても指が痛くなりません。
bellroy-iphone-case-15

iPhoneを裸のまま持つよりも、ずっと快適です。
bellroy-iphone-case-16

apple純正ケースと比べてみても、エッジのRが手に優しいフォルムとなっています。ベルロイの方がずっと優秀です。

appleはルックスを求め、よりミニマムに見えるようにデザインしたのでしょう。バツグンにスリムな仕上がりです。

一方、ベルロイのコンセプトは、「使いやすくするためのツール」なのです。
ほとんどの人にとって、iPhoneはもっともよく使う道具のはず。一日に、何時間も触れていますよね?

その体験を快適にサポートしてくれるカバーとして、本作以上のものはなかなかありません。大変優れたデザインといえます。

iPhoneの操作

ボタン部はすべてくり抜かれたデザイン。
bellroy-iphone-case-10

しかも、ただ穴が空いているだけでなく、少し段差があるのが伝わるでしょうか。操作性はバツグンに良いです。bellroy-iphone-case-11

マナーモード切り替えは、スライド式のボタンなので爪で切り替えるかんじ。
このボタンも含めて、操作性の良さはNo1ではないでしょうか。
bellroy-iphone-case-12

カメラ部もキレイにくり抜かれています。レンズもフラッシュも干渉しないため、いつも通り写真が撮れます。
bellroy-iphone-case-13

カードの収納

背面にカードスロットを設けています。これもベルロイのiPhoneケースの特徴。
bellroy-iphone-case-19

下部がスリットになっていて、1枚だけカードを差し込むことができます。
bellroy-iphone-case-20
bellroy-iphone-case-21

完全に差し込むと、こんな感じ。少しだけカードが顔を覗かせます。
bellroy-iphone-case-26

取り出すときは、こちらから少し押してあげればOK。
bellroy-iphone-case-22

これも、すごく良くできています。

わずかに、傾斜のついた窓になっていて、指を添えやすく、押し出しやすいのです。
bellroy-iphone-case-23

カードの出口は、「返し」が付いているため、カードが滑り落ちることはありません。
bellroy-iphone-case-25

ベルロイは、3枚のカードを収納できるiPhoneケースもラインナップしています(後述)。
比べてみると、本作はカード枚数で負けているわけですが、それがイケてないか?というと、そんなことはありません。

iPhone7以降は、iPhone本体がモバイルSuicaをサポートしています。つまり、財布としての役割だけなら、カードスロットにSuicaを入れる必要はありません。

では、何を入れるのがベストか

たとえば、クレジットカードを入れておけば、財布代わりとしてとても便利。1枚のカードしか取り扱えないからこそ、「たくさんのカードから選び出す」こととは無縁。支払いもスマートです。

また、iPhoneのモバイルSuicaに定期を入れることができるのは、JRユーザだけ。たとえば、京急京王線ユーザは、対応する定期(PASMO)を入れておくのも良いでしょう。

結局のところ、「何枚のカードをiPhoneと一緒にしたいか」によって、使い勝手は異なります。たくさんのカードをひとまとめにするメリット、カードを使い分けるシチュエーションがなければ、1枚しか持ち歩けない機能は、必要十分なんですね。

海外でも活躍

SIMカードと、SIMピンを収納するスペースが設けられています。
(iPhone5から続いているベルロイの代表的な意匠です。)
bellroy-iphone-case-6

これ、日本でだけ使うのであれば、あまり意味はありません。

一方、海外に行くなら、バツグンに便利。
私は、海外ではSIMを購入して、入れ替えて使っています。
(日本のキャリアの回線のまま、海外でiPhoneを使うと、とてつもない請求額になるからです。海外の空港やコンビニでゲットできる、ツーリスト用のSIMなら、一日100円ほどで使えるので愛用しています。)

で、SIMカード交換のときの問題は、交換したSIMカードやピンを入れておく場所がないこと。あまりにも小さいので、てきとうにカバンにしまうと、無くしてしまうかもしれません。

ベルロイのiPhoneケースに仕舞っておけば、無くす心配がありません。

ベルロイのiPhoneケースラインナップ

1枚タイプ

本記事で紹介したもの。カードが1枚だからこそ、本作がもっともコンパクトでスリムです。

3枚タイプ

2475ac0e6a83782749a9962b1d3527ec3454273ce20ebfca55a45f09233dd5fd

カードの収納枚数を増やしたもの。
1枚では足りない場合、本作を検討してみると良いでしょう。

iPhoneを横にして、立てかける使い方もできます。
5618aeac2e380259d8c692ada9b4cb9938e9be9142400be3cccd9a9c9b1f9c93

手帳型

9e5c8e30168f01217746afa48224f772770a68567785c4cca9987e7f45ac809f

ディスプレイもカバーするタイプ。
カバーを開く手間がありますが、これが面倒でないなら検討の価値はあるでしょう。
落としても割れないガード力は、No1です。

あとがき

ユニークなアイテムを作るベルロイは、大好きなブランドの1つです。

丸みを帯びたデザインのシンプルな革のiPhoneケースをお探しなら、apple純正かベルロイかといったところです。

純正だと、あまりにもオーソドックスだし、カードやSIMスロットなどの機能もイマイチ。
やはりベルロイのiPhoneケースはおすすめです。

使いやすさ、シンプルで装飾のない美しいデザイン、そして丁寧な仕上げとリーズナブルなプライス。これらを満たすiPhoneケースをお探しなら、ベルロイをきっと気に入るはずです。

Twitter, Instagram

Twitter, Instagramもやっています。


func_walletさんをフォロー