アロー22の2019モデル。旧モデルとの違いを解説する

アロー22は、10年以上発売が続くアークテリクスの定番バックパックです。

参考:6年愛用しているアロー22のレビュー。使い勝手と特徴に迫る

2019年。ついに、アロー22がモデルチェンジされました。実に20年ぶりとのこと。

では、これまでと何が変わったのか?

アークテリクスの店舗で変更点を見聞きしてきましたので、本ページではアロー22の旧モデルと2019年モデルとの違いを、わかりやすく解説します。

スポンサーリンク

概要

変更あり

素材、メインコンパートメント内の構造、ファスナーパーツなど。

スポンサーリンク

変更なし

サイズ、防水性など。

変更点の解説

以下、変更内容です。

フロントポケットの素材

フロントパネルの素材が変わっていました。以下は旧モデル。
arro22-68

これまでは白く汚れやすかった素材。「汚れにくく」改善されたとのこと。旧モデルでも水で洗えばすぐにキレイになるのだけど、嬉しいポイントです。
arro22-70

見た目と質感はわずかな変化。気にならなかったです。

スポンサーリンク

サイドポケットが、荒くて硬いメッシュから、細やかで伸びる素材になった

旧モデルでのここ。
arro22-8

あるていど荒いメッシュのため、中に何が入っているか分かりやすかった。
arro22-9

新モデルではメッシュがより緻密になっています。ギュッと凝縮され、柔軟に伸び縮みする素材でした。編み込みが細かくなるため、中に何が入っているかほぼ分からないです。つまり、「透けて見える」機能性はダウン。ここをメリットと感じるかどうかは人によるでしょう。

また、耐久性は旧モデルの方が高いと感じました。(私は6年ほど使っているのだけど、千切れてないし、伸びてもいない)。

スポンサーリンク

メインコンパートメントに仕切りがついた

旧モデルでは仕切りがない、大きなスペースでした。
arro22-76

ここに、ふたつ仕切りができました。15インチまでのノートPCが収まるサイズにしているとのこと。これも好みが分かれるかな。仕分けはしやすいのだけど、旧モデルだってバックインバックで代用できましたからね。仕切りを取り外すことはできないため、使わないなら仕切りの厚み分、スペースを占有させるわけです。

スポンサーリンク

引き手

形も素材も変わっていました。旧モデルは、ゴムのような素材。
arro22-15

この引き手、「割れる」ことがあるようです。修理のお問い合わせがあり、アークテリクスも把握していたとのこと。それで、より壊れにくい引き手に変更したのでしょう。

肝心の「引き心地」ですが、私は旧モデルの方が良かった。
質感が硬くなったので、

あとがき

車でいうとことのフルモデルチェンジに近く、様々なアップデートが施されています。
数年かけてデザインした結果ですから、新モデルの方が機能的には上ですね。ただ、旧モデルからの愛用者からすると、好みが分かれる変更もあるような感じ。

2019年時点では、旧モデルも併売されています。お好きな方をチョイスできます。
ただし、今後は旧モデルは無くなり2019年モデルに置き換わっていくとのこと(旧モデルは廃盤)。旧モデルが欲しい方は早めに購入した方が良いかもしれません。

SNS/YouTube

Twitter, Instagram, YouTubeもやっています。フォロー、アンフォローお気軽に。


func_walletさんをフォロー