当サイトについて

こんにちは。管理人の財布太郎です。

私は機能的な財布が好きです。
これまで無いエッジの効いた財布が大好きです。

そういった財布を紹介したいと思い、本サイトを立ち上げました。

このページでは、当サイトのコンセプトとお約束をご紹介します。

サイトのコンセプト

機能的な財布が欲しい。既存の財布にない特徴ある財布が知りたい。
こういった要望に応えるために、このサイトを運営します。

ネットの情報は玉石混交で、機能性の高さを売りにした財布の中から、ピタリとハマる1品をセレクトするのは大変なはずです。

当サイトは機能的な財布を探している人が最適な1品を探すことを目指して作っています。
そのため、以下をお約束します。

機能的な財布にこだわります

財布の機能性は千差万別。
人によって求めるものが違います。

ざっと挙げると以下のようなものですね。

  • 収納力があること。カード、コインやお札がたくさん入る
  • 携帯性が高い
  • ちょっとした買物に使える。身軽に出かけることができる
  • カード、お札、小銭が扱いやすく会計がしやすい
  • 片手で持てるサイズ感
  • パンツのポケットに入れてでかけられる気軽さ
  • 修理できて長く愛用できる
  • 個性的なフォルムで使い手や、見た人の気持ちをワクワクさせる
  • 独特な使い方を提案している

当サイトでは上記のような特徴を、財布の持つ機能と考えます。これらに優れた財布のみを紹介します。

これまでに無い。にこだわります

既存の形や使い方を疑い、壊し、財布を新しくデザインする職人がいます。

エッジの効いたアイデアであればあるほど、ビジネスとしては成功が難しいものです。
にも関わらずプロダクトとしてリリースされた、特徴的な財布があります。

そういった財布は、すべての点で既存の財布を超える機能を持つわけではありません。
癖があったり、エッジの効きすぎた財布のため万人には受け入れられないかもしれません。しかし、これまでの財布の課題を解決するために生まれた商品なのです。

このサイトではそういった独自性にこだわった財布を紹介します。

独特な見た目の財布にこだわります

人と違う財布を持ちたい。こだわりのある人なら思うものです。

その違いが最もはっきりと確認できるのは形や構造、色です。

デザイナーは使い方、サイズ、素材を決め、原価という制約の中で財布を仕上げています。だからこそ財布の形はデザイナーの趣向や創意工夫が最も強く表現されいているものであり、他の財布との大きな違いになるのです。

2000年以降、日本の財布に特徴的なデザインの財布が発表され続けています。
当サイトではデザインから垣間見える機能美、造形美にこだわった財布を紹介します。

有名なブランドかどうかは関係ありません

有名なブランドだから。売れているから。

こういったことは財布の機能性とは、いっさい関係ありません。
大切なのは、これまでにない機能を持っているかです。
そのためPRADAやLOUIS VUITTONといった誰もが知るハイブランドを紹介するつもりはありません。
(もっとも、こういったブランドが機能性の高い財布を出していれば紹介しますが。)

ホンネのレビューにこだわります

全てにおいて完璧なものは存在しません。

何かに特化するということは短所もあるということです。
小さな財布を実現するならば、収納量は大きい財布に負けるのです。
(そのかわり、「携帯しやすい」という機能性をもっています)

こういった点は公式サイトや、財布の取扱いサイトでは紹介されないものです。
紹介するのは良い点ばかり。

かっこいい!
使いやすい!
最高の素材!

財布の販売元だけではなく、商品を紹介をする企業も率先して良い点ばかりをアピールするようになりました。まぁ、ビジネスですから仕方ないのですが・・。

いい加減、「ただただ正直であること」を大切にするコンテンツがあってもいいのかなと。
本当に良い財布を知りたい人は、「ホンネの口コミ」、「ホンネのレビュー」が知りたいのかなと思います。

ですから、当サイトでは短所もしっかりと紹介します。

もっとこうなっていたら使いやすいのに。
こういったアドバイスを含めて紹介する。いわば愛のムチです。

言うまでもなく、ステマ記事は一切書きません。

お願い

弊サイトの掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

写真、文章は、私が時間をかけて作り上げたものです。いかなる理由があろうと、盗用、コピーは許諾しません。

写真に大きな透かしを入れていないのは、読み手の体験を損なうからです。
無断利用があると透かしを大きくしなくてはいけなくて、読み手にとって嬉しくない写真になってしまいます。

無断に使われているのを発見した場合、掲載期間などに応じて使用料を頂戴いたします。

どうか、ご配慮のほど、お願い致します。

広告について

当サイトはAmazon.co.jpアソシエイトに参加しています。

スポンサーリンク